ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆
映画の感想は基本前半ネタバレ無し、後半ネタバレ有りです。

装甲騎兵ボトムズといえば1980年代のTVアニメ。
むせるようなミリタリー描写とハードな世界観が魅力でした。

そのボトムズの前日譚に当たるのがOVAペールゼン・ファイルズ。
そのペールゼン・ファイルズが劇場版として公開されたのが2009年。
そしてそのペールゼン・ファイルズが4DXとして2020年に公開!
そりゃあもう観に行くしかないでしょ!というわけで観てきました。
池袋グランドシネマサンシャインにて一週間限定上映です。

劇場ロビーで「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 4DXの入場を開始します」っていうアナウンスを令和という世に聞くえもさ。


以前OVAシリーズを観たことはあるのですが劇場版は初めて。
そしていい感じに内容を忘れているので新鮮に観ることができました。
そしてなんといっても4DXによるかつてないボトムズ体験!
以下4DX各機能についてざっと感想を。
※文中の「AT(エーティー)」は本作に登場するロボット「アーマード・トルーパー」。

【振動】
座面や背もたれ部に仕込まれている「叩き」機構。
まずいきなり冒頭のペールゼン閣下が歩を進めるたびにドシンドシンでアガる!

【揺れ】
ATがチュイーンと走行するのに合わせて上下左右にシートが揺れてライド感が味わえます。
もはやアトラクション。

【水】
時々ミストが降り注ぎます。
メガネが濡れてちょっと嫌。

【フラッシュ】
スクリーン左右の壁面が射撃や爆発に合わせてビガビガ光ります。

【エア噴射】
ヘッドレスト部耳の後ろあたりに仕込まれたエア噴射口からATの射撃などに合わせてプシュっと!
射撃シーンの多い本作ではもうプシュプシュしまくりで戦場に放り込まれたかのような!

【熱風】
背もたれの首の後あたりに仕込まれた熱風噴射装置。
これがまずどこで炸裂するかというと序盤の上陸作戦中に大破したATから漏れ出したポリマーリンゲル液が発火した時!
「うおっ熱っ!」ってびっくりしました。
以降爆発シーンとかでもしばしば熱風が。
けっこう熱い。

こんなのが2時間くらい続く。むせる。


【ペールゼン・ファイルズ】
最初はペールゼンの回顧録だと思ってみてたんだけど事態は現在進行形。
そしてすべてはペールゼンの描いた絵だったという畏怖。
これにはロッチナも華麗に寝返りを打たざるを得ない。

異能生存体という設定も大変興味深いんだけど、現実世界に照らし合わせれば今こうして生きてる自分も生存確率けっこう高い。
過去階段から転落しかけたりトラックに轢かれかけたりもしたけど今こうして生きている不思議。
まあそのうち死ぬんだけど今はなにかに生かされているのかな?なんて思ったりします。
劇場に映画を観に来ていたボトムズ野郎のみなさんもそれぞれピンチがあっただろうけど生きて映画館に来ていたわけで。
生きていることを考えさせられる作品だと思います。

エンドロールで流れる曲はTVアニメオープニング「炎のさだめ」(ご丁寧に曲に合わせて背もたれの「モミ玉」がビートを刻んでくれる)
続いてエンディングの「いつも あなたが」インストバージョンが流れて締め。

友人と「ボトムズ、やっぱりいいね!」と劇場を後にしました。



まあ言うまでもないのですが銀河万丈の予告ナレーション最高ですよね。

ロッチナとは (ロッチナとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
キリコヲタ、ロッチナ。








このエントリーをはてなブックマークに追加

俺が思うに、

人生ってのはクソだ。
気がつけばいつもどん底のクソッタレだ。
何も叶いやしないのさ。


でもそんなクソッタレな人生を真横からドロップキックで蹴っ飛ばしてくれる。
クエンティン・タランティーノの映画っていつもそうじゃないか?


というわけで『ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド』です。
公開当時劇場で観てとてもよかったのですが、レンタル開始ということでさっそく借りてきてまた観ました。
やっぱりよかったです。
吹替版もとてもよかったです。

ちょっと嫌なことがあって気分が落ち込んだ時、
なんとなく死にたくなった時、
生きてるってなんだろうとか考え始めてしまった暇な時、
そんな時におすすめです。
(『デス・プルーフ in グラインドハウス』や『キル・ビル』もおすすめ)




予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

時に西暦2020年。

新年あけましておめでとうございます。
今年もよろしくおねがいします。

今年はオリンピック・・・というよりも『シン・エヴァンゲリオン』がついに6月劇場公開!
間違いなく今年のクライマックスのひとつ。



数十年つきあわされたエヴァについに決着(?)がつく!
超気合い入れて観に行きます。

その他世の中や世界がどうなるかわかりませんが、今年も映画鑑賞を軸に。
観られるだけ観てやろうと思います。
そんな感じで。




このエントリーをはてなブックマークに追加

平成から令和になったり消費税が10%になったりした2019年でしたがみなさまいかがお過ごしでしたでしょうか。
今年も映画をいろいろ観ましたが観たいのをだいたい観られて満足でした。
というわけで振り返り。
だいたい観た順に。


・劇場版総集編メイドインアビス【前編】旅立ちの夜明け
・劇場版総集編メイドインアビス【後編】放浪する黄昏
・劇場版 Fate/stay night [Heaven's Feel] II.lost butterfly
・緊急検証!THE MOVIE ネッシーvsノストラダムスvsユリ・ゲラー
・クリード炎の宿敵
・劇場版幼女戦記
・PSYCHO-PASS サイコパス Sinners of the System Case.1 罪と罰
・コードギアス 復活のルルーシュ
・劇場版シティーハンター 新宿プライベート・アイズ
・アクアマン
・ファーストマン
・映画ドラえもん のび太の月面探査記
・運び屋
・大脱出2
・新宿タイガー
・キャプテン・マーベル
・グリザイア:ファントムトリガー
・キングダム
・グリーンブック
・劇場版響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜(5回)
・バイス
・アベンジャーズ エンドゲーム
・ゴジラ キングオブモンスターズ
・海獣の子供
・青春ブタ野郎はゆめみる少女の夢を見ない
・天気の子(3回)
・スパイダーマン ファーフロムホーム
・ガールズ&パンツァー 最終章 第2話
・アルキメデスの大戦
・劇場版 仮面ライダージオウ Over Quartzer / 騎士竜戦隊リュウソウジャー THE MOVIE タイムスリップ!恐竜パニック!!
・リズと青い鳥(EJアニメシアター新宿リバイバル)
・この素晴らしい世界に祝福を!紅伝説
・ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド
・機動戦士ガンダム 逆襲のシャア 4DX
・僕のワンダフルジャーニー
・HELLO WORLD
・ジョン・ウィック パラベラム(2回)
・ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 MX4D
・ジョーカー
・アド・アストラ
・T-34 レジェンドオブウォー(立川シネマシティ極上爆音上映)
・ターミネーター ニューフェイト
・映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて
・ゾンビランド ダブルタップ(吹替版)
・フラグタイム
・アナと雪の女王2(吹替版)
・ジュマンジ ネクストレベル
・ドクター・スリープ
・スター・ウォーズ スカイウォーカーの夜明け
・この世界の(さらにいくつもの)片隅に


というわけで映画館に約56回(重複含む)。
映画の中で宇宙や異世界や昔とかいろいろな場所に行って大忙し。
響け!ユーフォニアム誓いのフィナーレの5回はほんとに夢中でした(京アニの事件のことはもう言うまい)
今年は(今年も?)アニメ作品が多かったですね。
あと全体的に続編が多い。
それはそれで楽しんだけどそればっかりだと先細りになるのでよくないなと。
そんな中単発でドカンと刺さったのはT-34やバイスや運び屋。
変わり種としては緊急検証や新宿タイガー、どちらもとてもおもしろかったです。
ひとりで観に行くことが多かったけど何人かで観に行くこともあり、特にジョーカーを観た後はみんなで笑いながら踊ったのがいい思い出です。
あと逆襲のシャア4DX、あれはすでにアトラクションだった(内容も今なおめちゃくちゃ面白い)。
スター・ウォーズ完結は感無量でした。
うん、大満足。



【ひよクレ映画大賞2019】
さてそれではひよクレ映画大賞2019の発表です。

【ベストキャラクター部門】
今年もっとも輝いていた映画キャラクターは、
ジョン・ウィック!
戦う生き様に言葉ではない熱いなにかが伝わってきました。
次回作にも期待です。

【ベストセリフ部門】
響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜 より大前久美子
「いつだって頭を過るよ。 やってもダメかもって。 叶わないかもって。 こんなに練習して 結果が出なかったらどうしようって。 でも、私は頑張れば何かがあるって信じてる。」

【ベスト小道具部門】
ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッドより
ディカプリオが持っていた火炎放射器

おめでとうございます。


【そして2020年へ】
文化的でなければ生きている価値がないと思っているので来年もたくさん観ます。
ビジュアルと音楽と物語をもっとも一度に楽しめるのは映画ですから。
そのために時間とお金を投資します。
来年一番の山場になるのはシン・エヴァンゲリオン!
我々はどれだけ待ったのか、果たして完結となるのか?
超楽しみだし絶対公開日に観に行こう。

それではみなさん、良いお年を。









このエントリーをはてなブックマークに追加

『シャイニング』の正統なる続編!
『ドクター・スリープ』観ました。

個人的には大好き!
スクリーンから溢れ出る・・・っていうかダダ漏れのシャニング愛にうっとりしながら劇場を後にしました。


予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ