ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆
積んであるマンガが多くていかんのです。

IMG_3663


TVアニメも好評放送中!
『恋は雨上がりのように』9巻です。
アニメ放送開始前に発売されていた巻の感想を今書くという遅さ。
(後半はマンガのネタバレがあるのでご注意を)



TVアニメはキラキラとした感じがとてもよくて予想以上の出来栄え。
放送の残りもあと2回ほどということで結末がどうなるか楽しみです。


そして実写映画の方は2018年5月25日公開。
こちらも良さそうな予感がして楽しみです。
キャスティングや画の雰囲気は文句ない感じ。



そして肝心の原作マンガのほうはどうかというと・・・


連載がなんとまもなく最終回!
そして単行本は次に出る10巻が最終巻となります。
「話の進みが遅い」「ひきのばしか?」という声も多かったですが泣いても笑っても終わってしまう。
以上を踏まえて9巻を読んでみると止まっていた時間が動き出すのがわかります。

店長は小説を書くことに向かい合う。
ユイちゃん失恋から復帰のバイト辞め。
カセくんもお姉さんと変化がありそう。
そしてあきらは走ることに挑戦するのか?

いつまでも同じことがずっと続くことはない。
何かが新しく動き出すときとか変化するときにつきまとう寂しさ(置いていかれるような?)みたいなものを感じました。
次の一冊で終りを迎えるこの物語を見届けなければなりません。

9巻で一番ハッとさせられたページはユイちゃん。
IMG_3662

彼女の強さが伝わってきてジーンとしました。

IMG_3661

応援したくなるキャラクターです。
(彼女はもう物語の舞台を降りたことになるのかな)


恋はどうなるのか?
雨上がりのようになってしまうのか?
次回10巻でまたお会いしましょう。

『恋は雨上がりのように』関連の記事まとめはこちら





恋は雨上がりのように(9) (ビッグコミックス)
小学館 (2017-11-10)
売り上げランキング: 781


恋は雨上がりのように 眉月じゅんイラスト集&アニメメイキングブック (BIG SPIRITS COMICS SPECIAL)
眉月 じゅん アニメ「恋雨」製作委員会
小学館
売り上げランキング: 3,936




このエントリーをはてなブックマークに追加

最近午後のロードショーはご無沙汰だったのですが急に「見なきゃ!」という予感がして見ました。
『白鯨との闘い』



劇場公開当時は「クジラの映画・・・ねえ・・・」という感じでスルーしたのですが、シンプルながらも壮絶な人間ドラマにすっかり引き込まれました。
けっして明るい話ではないのですがハレーション的で黄色い光線が印象的な画が不自然なほど綺麗で見とれてしまいました。
人間、死にかけたときはあんなふうに世界が視えるのかもしれません。
映画館で見たら衝撃もマシマシだったかと思うと・・・映画館でみればよかったと後悔。

石油が発見される以前は鯨を狩って油を得ていた、そんな時代があったということを教えてくれる。
鯨ハンターたちは海へ繰り出し銛を手に鯨と闘う。
得るものは金と名声か、それとも死。
今となっては物語の中の世界だけど、時代が変われば生き方も変わる、変わらないものもある。
そんないろいろなものを噛み締めました。
とても好きな映画です。

白鯨との闘い [Blu-ray]
白鯨との闘い [Blu-ray]
posted with amazlet at 18.03.16
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-11-16)
売り上げランキング: 2,554

このエントリーをはてなブックマークに追加

夢が踊りだす。

いい夢が見られるんじゃないかなという予感とともに見ました『グレイテスト・ショーマン』。
ヒュー・ジャックマンいいなあ・・・なんてポーッとしているうちに映画が終わってしまった感じです。
『ローガン』の時も良かったけどこんなに奥ゆかしい演じ方もできるものだと感心してしまいました。

この「ショー」を最大限に楽しむにはぜひ劇場で。



予告編の後はネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

感想を書くのが遅くなりましたが『スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット』見ました。
2週間限定公開、吹替のみ、上映館は僅少!
しかしよく訓練されたトゥルーパーズならば見に行くのは義務、っていうか兵役だ!!

まあ自分は1のDVDをブルーレイに買い換える程度の好きですけど。
なぜこれほどまでにこのシリーズが好きなのかもうよくわからないんだけど好きなものは好きだからしょうがない。

いちおう今までのシリーズがどうだったかというと・・・
スターシップ・トゥルーパーズ1=ポール・バーホーベン監督の最高傑作!
スターシップ・トゥルーパーズ2=超低予算!
スターシップ・トゥルーパーズ3=今日は死に日和!
スターシップ・トゥルーパーズ・クロニクルズ=CGアニメTVシリーズ。これは見てない。
スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン=ほぼ日本製、CGアニメ作品。

そして今作『レッドプラネット』は『インベイジョン』の流れをくむCGアニメ作品。
シリーズの主役であるジョニー・リコが登場ということで古参のファンは歓喜。
そしてその声を演じるのは小山力也!
これはもう最高な予感しかありません。

劇場での公開は終了してしまいましたがPS videoで配信されているようなのでまだ見ていない方はぜひ。




スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット 限定版 [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2018-05-25)
売り上げランキング: 457

円盤の方は2018年5月25日発売!
家で存分にトゥルーパーズを堪能できるぞ!



予告編の後はネタバレにご注意を。






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

1を見てないけどいいや見ちゃえ!
というわけで勢いで『パディントン2』を吹替で見ました。
(感想書くのを怠けててもうだいぶ前のことになりますが)

吹替はとてもよかったし、1を見てなくてもだいたいわかる親切な作りでした。
これから1を見るっていう楽しみもできましたし。

家族で楽しめるのはもちろん、自分のようなちょっとひねくれた映画ファンにも楽しめる作品でした。
忘れてしまっていた大切なものを思い出させてくれます。

みたあとは (*´ω`*) ←こんな顔になることまちがいなし。


予告編の後はネタバレにご注意を。







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ