ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆
映画の感想は基本前半ネタバレ無し、後半ネタバレ有りです。

祝!『天気の子』円盤発売!

du0rud

自分は特典とかはそんなにでもないので最もシンプルなブルーレイのスタンダード・エディションを選択。
『へんたつ』のブルーレイもいっしょに届いて嬉しさ倍増でした。


-1mhysq

封入特典の線画クリアシールがかわいい。


劇場で公開されたのは2019年7月19日。
それから台風がすごかったりでこの作品の予見性とシンクロニシティに驚嘆したのですが、現在新型コロナウィルスにより地球上全世界の形が決定的に変わってしまってまたまたびっくりです。
とはいえ変わってしまったなんていっても今生きている子供たちにとっては変わったも何もそんなのわからないよって言われてしまうかもしれない。
そういった視点も考えさせられる映画です。

劇場で見た時の体験は素敵だったけど家で見ても美麗なビジュアルには目を奪われます。
さまざまな雨のシーンでは雨の匂いが鼻の奥に湧いてくるんですよね。
これからも時々観ていこうと思います。


【過去の感想】
映画感想『天気の子』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画感想『天気の子』(劇場にて 3回目) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?










このエントリーをはてなブックマークに追加




なんとなく観るつもりだったけどかなりのものでした。
午後のロードショーでやってた『ユナイテッド93』。

アメリカでの9.11同時多発テロ事件では4機の旅客機がハイジャックされてうち3機はワールドトレードセンターやペンタゴンに突撃。
ユナイテッド93便は合衆国議事堂やホワイトハウスが目標だったらしいが・・・というお話。
事件当時はテレビを観ながら「えらいこっちゃ・・・」と震えていた記憶があります。

同時多発に発生するハイジャックに対応する航空管制センターでのやりとりの緊張感が半端なかったです。
「いったいなにがおこっているんだ!」
「どの機がハイジャックされたんだ!?」
錯綜する情報と前代未聞の事件に対応するオペレータ達の緊迫した表情が刺さります。

また当時の状況を無線通信や機内からの電話で再現したであろうテロリストたちと乗員乗客のやりとりも凄まじかったです。
極めつけは極限状態の機内でテロリストと乗客がそれぞれ神に祈っていたところ。
破壊と救済の祈りが凝縮された空間は神ってなんなんだと問いかけずにはいられないシーンでした。

もし自分があの機内に居たら何かできたのだろうか。
想像するとゾッとして体温が下がる思いでした。
これもし映画館で観たら青ざめた顔で劇場を後にしたことでしょう。







このエントリーをはてなブックマークに追加

以前『1』を観て以来こわいのやだな〜って逃げ回るように避けていた『ムカデ人間2』観ました。
す、すごかったです。

なぜ観ようと思ったかというと映画秘宝の哀悼ディーター・ラーザー特集を読んだからです。




ディーター・ラーザー氏は1作目の博士を演じた方で先日逝去。
北村博昭氏は1作目でムカデ人間の「先頭」を演られた方ですね。
当時の製作事情なども語られたこの記事が本当に胸にグッと来たので今このタイミングで観るしか無い!
今観なかったらきっともう一生観ることないだろうよ!
・・・というわけでアマゾンプライムビデオでレンタルで観ました。
明け方に、ひとりで。


予告編のあとはネタバレにご注意。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

4月、5月と続いていた緊急事態宣言が解除となりました。
特に強制力のない仕様で日本はよくまあやったものだと思いますが、第2波が心配です。

報道だと数字だけでしか伝わらないけど新コロで死亡した人がたくさんいたのは事実だし、休業のあおりをうけて失業した人や店を畳んだ人もたくさんいる。
現状は惨状です。

自分は感染しておっ死んでしまうのではないかと思ってたけどまだ生きています。
もうすぐ仕事も再開だけど正直働ける自信がないし家でずーっとダラダラしていたい気分ですね。
でもまた映画館に言ったりラーメン食べたりしたいな、うん。

今までは「消費しろ!レジャーしろ!季節の折々のイベントをやれ!」って刷り込まれてきたけれどそういったコントロールのベールが剥がれたような気がします。
最大公約数的な幸福がいかに幻想だったことか。
自分が何を求めているか、なぜ今ここにいるのかというのをより深く発見していく時代になるのではないでしょうか。


以前スピリチュアルに興味があった時に読んでいた『聖なる予言』という本があるのですが、今まさに本に書かれているようなことが起こっていて驚いています。
新しい考え方と、人々がよりシンクロニシティに交流する時代。
これからもっと変化が訪れます。
テレビやネットでいろいろな情報が飛び交いますが「チカラ」に引き込もうとするものもあります。
時には面と向かってそういうことをする人もいるかもしれません。
いいですか、注意深く、ですよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

金曜ロードショーでやってた『名探偵ピカチュウ』観ました。
いや、これいい映画じゃないの。

映画館で観たらピカチュウの毛並みがもっとよくみえただろうなあと後悔。
いい感じにリアル寄りな各種ポケモンの造形もよかったですね。
自分はポケモンあまり詳しくないのですが楽しめました。


父と息子の映画っていうのはいろいろありますが、今作はランキング上位に食い込みそうな名作です。

なんとなく心に残っている父と息子映画といえば・・・
『フィールド・オブ・ドリームス』
『オーロラの彼方へ』
『リアル・スティール』
『パパはわるものチャンピオン』
あと『ロッキー』『クリード』シリーズにもそういう要素ありますね。
自分なんかは父親とやれなかったことやわかりあえなかったことを思い出して心に刺さります。
いやまあまだ存命中なのでこれからやれることを考えるべきなんですけど。







このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ