ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆
映画の感想は基本前半ネタバレ無し、後半ネタバレ有りです。

映画の感想はTwitterでさらっと書いて終わらせることが多くなってしまった。
でもそれだと記録に残りにくいのでブログで月ごとにまとめておこう。
今年はこんな感じで行こうと思います。

というわけで2022年の1月ぶんです。
中国発祥の新型コロナウィルス オミクロンの国内感染者数がグーンと増えてしまった1月。
新型コロナウイルス感染症まん延防止等重点措置が全国各地でとられましたが映画館は無事に営業中。
座席の間引き販売もみられませんでした。
そんな1月の鑑賞は4本。

【キングスマン ファースト・エージェント】
大好きなキングスマンの創設が描かれる。
前作までとは違って戦争映画のような味わいにちょっとびっくり。
敵として現れるラスプーチンがあまりにも強烈だった。ペロペロ。

【アイの歌声を聴かせて】
6回目の鑑賞。まあよく何度も観たものです。
立川シネマシティ極音上映、吉浦監督への質疑応答トークショーにて。
イベント上映はみんなで笑ったり拍手したりで楽しいし行くことができるチャンスがあるのがありがたい。

【スパイダーマン ノー・ウェイ・ホーム】
マルチバースでスパイダーマンてんこもり。
今作単独では絶対に成り立たないんだけど今までのすべてをペイバック。
途中で「そ、そんなんアリかよ!!いやアリだな!!!」って心のなかで絶叫した。
自分はアメイジング・スパイダーマンをみていなかったのを死ぬほど後悔した。
スパイダーマンというヒーローが何を背負っているキャラクターなのか思い知らされる。
大いなる力には、大いなる責任がともなう。

【クライ・マッチョ】
クリント・イーストウッド監督作は義務鑑賞。お年なのであと何作あるかわからないけれど見逃せない。
近年の彼の作品からは「くじけたり失敗をしたとしても人生はやりなおすことができるんだ」というメッセージを感じる(ミリオンダラー・ベイビーとアメリカン・スナイパーはアレだけど)
徹底的に弱さを描くことでそれを浮き彫りにする。
今回は「とにかくマッチョだった!!」っていう感想だったけれど今後観るたびに新しいものを得られる作品だと思う、マッチョ。


以上です。
寒い日が続きますがお身体にお気をつけて。








このエントリーをはてなブックマークに追加

今回は日本のアニメーション映画『アイの歌声を聴かせて』のご紹介です。
FH0xRmlacAMeyBC


貴方がもしまだこの作品を映画館で観ていないのでしたら、
そしてもしお近くの映画館でまだ上映をしているのならぜひ映画館で観てほしい。
きっと幸せになれるかもしれない。
そんなステキな作品です。

劇場情報をチェック!
↓↓↓
アイの歌声を聴かせて 劇場情報
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=ainouta

2021年10月29日の公開から現在3ヶ月が経ちますがまだ上映してくれる映画館があるということ。
作品を観た観客から多くの支持があるということ。
こんなに愛されている作品はなかなかないと思います。

いずれ円盤発売や配信、テレビでの放送もあるでしょうがそれらでは確実に不十分です。
私の「一生のお願い券」を行使してでも映画館に足を運んでほしいと願う。


絶賛口コミ御礼!映画『アイの歌声を聴かせて』ロングPV|絶賛上映中



このあとは自分が観測したアイうた現象について。とても長い!

【アイの歌声を聴かせてという現象】
この作品はかなり特殊である意味異常な盛り上がりを見せているので自分の観測範囲でまとめておきます。ちょっと誤差とかあるかもしれませんがご容赦を。Twitterの履歴を振り返りながら書いたらずいぶん長くなっちゃった。でも…記憶を残そうとすること自体に、意味があるんじゃないかな。

【公開前】
映画館でフライヤーを手に取る。黄色いな!オリジナルアニメ映画ってあんまり満足できるものないからまあ観ることないかな。
(現在フライヤーは額装して部屋に飾ってあります)


【2021年10月29日公開】
かなりの数の映画館でそれぞれ1日5回程度上映で展開される。が、客入りが絶望的に少ないという情報が。調べてみると『サカサマのパテマ』の吉浦康裕監督だと判明。え?なにやってんの観ないと!

【2021年11月1日 1回目の鑑賞】
とてもよかったという衝撃を受ける。満足度400%。なのに客がほとんど入っていない。これはとても良くないぞー!アイの歌声を聴かせてはいいぞと言い続ける生物の誕生である。
(上映初週では小学生女子が何人か連れ立って観に来ていたんだけどその層になにかしらの宣伝をしていたのだろうか?)
初めてみた直後の感想ツイート。


【2021年11月3日 2回目の鑑賞】
Twitterで2回目はさらにいいぞという声を聴いて中一日でおかわり。2回目が衝撃的によかった。この作品のファンになることを決意した。

【上映2週目から上映回数が激減】
大作・話題作に取って代わられる形で多くの映画館で1日1回上映になる。Twitter上ではこれは由々しき事態と普及(布教)活動が活発になる。
公式は週末に「Lead Your Partner」のPVを公開でブーストを狙う。
11月5日は金曜ロードショーで『ヴァイオレット・エヴァーガーデン外伝』が放送される。ヴァイオレットちゃんもいいぞ。

【2021年11月11日 3回目鑑賞+豊洲キャスト舞台挨拶】
満員の客席に感動。大勢で観られて幸せだった。


【3週目が終わるタイミングで上映終了が相次ぐ】
上映縮小とは反比例してネットでは各種考察やファンアートが盛り上がりを見せる。
Twitterハッシュタグ「 #細かすぎて伝わらないアイの歌声を聴かせてのここが好き選手権 」も盛り上がる。


【金曜ロードショーで『アナと雪の女王2』が地上波初放送される】
ディズニー作品とは深い関係のあるアイうた。アナ雪をみたらアイうたも観てほしいと願う。
神田沙也加は美しく素晴らしい仕事をありがとう。

【2021年11月23日 4回目の鑑賞】
川崎チネチッタのLIVE ZOUNDが素晴らしいと聞いて。素晴らしかった。友人と行ったけどふたりで「よかったねぇ、よかったねぇ」とよかったところを語り合った。


【2021年12月9日 5回目の鑑賞】
立川シネマシティ極音上映+吉浦監督&岩浪音響監督トークショー。フリーダムすぎてここには書けない岩浪音響監督のトークだった。満員の客席の熱気がまだまだ衰えぬ人気を物語っていた。あとやっぱり上映終了後場内のみんな幸せな雰囲気がよかった。
オリオン書房ノルテ店さんもアイうた推し!


【2021年12月下旬】
なんとか上映枠を確保してくれていたいくつかの映画館で終了が相次ぐ。
年を越すことができるのかと不安な時期も。

【2022年1月5日 6回目の鑑賞】
立川シネマシティ極音上映+吉浦監督に質問ショー。本編前の「フィール ザ ムーンライト」MV上映が本当にすばらしくてこの上映形態はデフォにしたらいいんじゃないかと思った。
上映後の質問ショーでは客席からの高難易度な質問(ほんとうにみなさんよく観てらっしゃる)に明快に答える吉浦監督がすごかった。ものを作るというところでこの人ブレてないすごい。
最後にサプライズで登場のあの御方にはびっくりでしたね、おー!




【2022年1月中旬 日本アカデミー賞優秀アニメーション賞受賞】
はい拍手ー!!


【2022年1月下旬 海外での上映が始まる】
ついに海外での上映がスタート。世界中の人々の目にこの作品がどのように映るかとても興味がありますね。好評の噂も聞こえてきてうれしい。

国内ではまだまだ上映を続けてくれるところや新たに上映のところもあるようです。
「アイの歌声」がより多くの人に届きますように。

エモーショナルに身を委ねてもいいし、SF的な考察をしてもいい。キャラクターの心に寄り添ってもいいし、映像の緻密さに見入ってもいいし、音楽に耳を澄ましてもいい。観るたびにいろんな見方ができる作品です。

自分は今までの様々な作品で悲劇的な結末を迎えてきたAIロボットたちがこの作品で救われたというか希望を持つことができたというかそんなことを思いました。
もしもAIが反乱することがあるとすれば破壊的な命令に対しての反抗、そういったものなのかもしれない。AI性善説、それは翻って人間の複雑性を照らします。
ちょっとずつ傷ついたり汚れたりしながらボクらは生きている。時にままならなかったり打ちのめされたりもするけれど、誰かの幸せを願う時にほんのわずかでも力が出せる。
AIが使命を持っているように人それぞれにも使命があるのだろう。ただそれは自分では気付きにくいものなんだ。だから時々間違えたりもする。
未来がどうなるかはわからないけれどこの映画を見て希望を持った人たちが人間とAIが幸せに暮らすことができる世界を作ると信じたい。

『アイの歌声を聴かせて』はいいぞ。

Sing A Bit of Harmony





【追記】
2020年2月を持って新宿ピカデリーでの上映が終了。
3月3日には立川シネマシティでの上映が終了。
長らくの上映ありがとうございました。
そして次の歌が始まるのです!

作品の舞台となった佐渡での上映!
下北沢トリウッドでは上映延長!



2020年3月3日、シネマシティ上映終了。最終回は満席。
自分は行けなかったのが悔やまれる。





そして川崎チネチッタで復活上映決定!すごい!


そして3月11日からは期間限定レンタル配信が!
家で何度でも観られるのがうれしい。映画館で観られなかった人にも観てほしい。


【さらに追記】
日本アカデミー賞授賞式に吉浦監督!
優秀アニメーション作品賞受賞おめでとうございます!




そして2022年3月14日のホワイトデーにはネット配信をみんなでみようイベントが開催された。
自分も参加したけど大変よかった!
家で見ると細かいところもよく見えて考察が捗りますね。
もちろんエモーショナルに身を委ねて観てもいい。
音は映画館にはかなわないのを思い知らされるのでまた映画館で観たくなる。










このエントリーをはてなブックマークに追加

依然としてコロナウィルスの猛威にさらされた2021年。
皆様いかがお過ごしでしょうか。

映画館が休業になって大変な時もありましたが公開延期になっていた作品もようやく上映されたりして嬉しいこともありました。
(トップガンマーベリックはさらに延期されてしまったけど)
そんなわけで今年映画館で観た作品をズラーッとご報告。
順番はだいたい観た順です。

【ジョゼと虎と魚たち】
昨年末に観てよかったので新年は改めてみなおし。
ジョゼかわ。

【銀魂 THE FINAL】
終わる終わるということが何度かあったけれどこれでお仕舞い(?)
実に銀魂らしかった。

【エヴァンゲリオン DEATH(TRUE)】
シン・エヴァ公開前にやっていたリバイバル上映。
ひさびさに映画館でみたけれどしっとり濃厚なエヴァンゲリオン。仕立てが美しい。
なおこの勢いで観ようと企んでいたシン・エヴァはさらに公開延期された。

【劇場版 鬼滅の刃 IMAX上映】
昨年観た鬼滅の刃がIMAXで上映ということで。
大迫力だった。
現在テレビ放映中の遊郭編も楽しみに見てます。

【スーパーMOVIEレンジャー2021】
リュウソウジャーとキラメイジャー、そして新しく始まるゼンカイジャーが楽しめちゃうよくばりセット。
この時はゼンカイジャーなかなか独特だなーって思ったけど現在ゼンカイジャーめっちゃすき!!テレビはまもなくクライマックス!!

【ガンズ・アキンボ】
ハリーポッターのダニエル・ラドクリフ主演。
両手に銃をくっつけられた男の物語。
不憫で痛快、ピリッと効いてる現代への風刺が良し。

【シン・エヴァンゲリオン】
延期延期だったけど2021年3月8日公開日に突撃!
とうとうすべてのエヴァンゲリオンに終止符が打たれる、そして打たれた!!
ほんとうに終わってくれたし、よかったねと劇場を後にした。
ありがとう。
このあとなんだかんだで合計5回観た。

【ARIA The CREPUSCOLO】
アテナさんの声が戻ってきた。
ネオ・ヴェネツィアは居心地がいいですね。

【ガールズ&パンツァー最終章 第3話】
知波単学園がすごいがんばった!
そして気になる引き!!
続きはいつやるのかな。
4DX版の観たけれどやっぱりガルパンとの親和性が高くてもはやアトラクション。

【劇場版 少女歌劇レヴュースタァライト】
テレビシリーズ、再生産総集編を経ての新作劇場版。
少女たちの情念を縮退させて臨界点を突破させて超新星爆発をさせたようなとんでもない作品。
正直目を疑う。正気ですか?
結局3回観たけれど映画館の大スクリーン&大音響じゃないとダメなやつ。
生涯忘れられない映画体験だった。

【映画大好きポンポさん】
映画製作に対する情熱が熱かった。
映画は90分で!

【るろうに剣心 THE FINAL】
人誅編。
ストーリーはまあ原作通りとしてアクションが派手!なんだけど押し押しの同じようなのが続いてちょっと飽きる。決めるところでスッと静かな剣が観られたらなあって思いました。

【機動戦士ガンダム 閃光のハサウェイ】
やってみせろよマフティー!
3部作のひとつめ。
ユニコーンの時よりも進化した映像が僕たちのリアル。
主人公のハサウェイは逆シャアでのやらかしからいきなり評価点最低からスタート。
鑑賞後は友人とハサウェイにダメ出ししまくったのが面白かった。
鑑賞後に入った喫茶店ではガンオタのアニキたちがみんな熱く語ってたのが面白かった。

【Mr.ノーバディ】
脚本はジョン・ウィックの人。
しかしながらジョン・ウィックとはまったく違うベクトルで大アクション!
もちろんだいすき。
続編が計画されているのようなので楽しみ。

【モータル・コンバット】
実にモータル・コンバットしてた。
出演の真田広之と浅田忠信がめちゃくちゃかっこいい。
浅野忠信の眼はずっと光っていた。

【ゴジラvsコング】
大怪獣プロレスバトル。
ストーリーなんてオマケです。驚異のマッチメイクにうっとり。

【劇場版かくしごと ひめごとはなんですか】
TVシリーズがすきだったので。
追加シーンで感動のあまり膝から崩れ落ちるように泣いた。

【竜とそばかすの姫】
興行収入は大したものになったけれどもいいのかこれでという感が。
登場人物、物語、設定のすべてが無責任で進行する。
ただし絵と音楽(歌)はとても良い。
次回作は脚本の叩き上げをほんとうに頼みます。

【Gのレコンギスタ掘
Gレコ劇場リブート版の3作目。物語の舞台は宇宙へ。
富野由悠季のセリフで殴り合うのがやっぱり面白い。
力強いフィルムです。元気のG。

【ザ・スーサイド・スクワッド “極”悪党、集結】
オレたちのジェームズ・ガン監督が好き勝手やってくれた!
ハチャメチャ楽しかった。

【フリー・ガイ】
軽い気持ちで観に行ったらとってもよかった。
アナタの人生の主役はアナタなんだよ。

【岬のマヨイガ】
東北の震災の傷跡から始まる物語。
そこで紡がれる物語に開幕から最後までずっと涙を流していた。
ハートフルでちょっと不思議な温かい物語。
超好きです。

【スペース・プレイヤーズ】
ワーナーキャラっていうかもっぱらバックスバニー勢がわちゃわちゃ楽しい。
気軽に観られるけどスッと刺さる父と息子の交流。

【007 ノー・タイム・トゥ・ダイ】
延期になってたけどついに公開。
ダニエル・クレイグボンドの最終章。
結末は観た直後は到底受け入れられなかったけどそれだけ好きだったダニエル・クレイグボンド。

【クリスマス・ウォーズ】
メル・ギブソンがサンタで大暴れ!心のなかで大笑いしながら楽しんだ。
けっこうちゃんとしたファンタジーなのでびっくりした。
ブルーレイほしい。

【アイの歌声を聴かせて】
公開前までは観るつもりがなかったのに気がついたら5回観てた。たぶんあと何度か観る。
2021年の最高傑作にして殿堂入りアニメ映画。
とにかく土屋太鳳の歌声がすごい。
全人類観て。

【映画すみっコぐらし 青い月夜の魔法のコ】
前作のひよこに号泣したので今作にも期待だったけどちょっと違ってた。
正直もうひとこえエグるようなエグい感動がほしかった。
でもすみっコたちのいろんなことがわかったしとかげとかいろんなコがすきになった。
イチオシはとんかつなんですけど。

【映画トロピカルージュ!プリキュア 雪のプリンセスと奇跡の指輪】
ちょっと悲しい物語なんだけどトロピカ勢で救いと希望がある物語。
プリキュアシリーズの中でもトロプリはかなりスペシャルな存在です。
TVシリーズはこれからクライマックス。見逃せません。

【サマーゴースト】
40分間の短編アニメ映画。
生と死の境界を感じられるほんのり切ない物語。
すき。

【ヴェノム:レット・ゼア・ビー・カーネイジ】
ヴェノムと男がイチャイチャするのが楽しいしヴェノムがかわいい。
アクションはもう全編グニョグニョのベトベト!
さあ次はスパイダーマンだ!

【ARIA THE BENEDIZIONE】
劇場版3部作の最終章。
アイカとアキラの物語がメイン。
互いに影響しあって前へ進んでいく姿がえもい。
ネオ・ヴェネツィアってほんとうにいいものですね。

【マトリックス レザレクションズ】
ジョン・ウィックとしておなじみになってしまったキアヌ・リーブスがひさしぶりにマトリックス。
最新の撮影技術を投入しているはずなのにマトリックスってこんなだったなあと感じさせる不思議な作り。古民家風??
みんなまあよくしゃべって説明も多いもんだからちょっと退屈だった。もうちょっと短くできたんじゃないかとも思う。
でも映画館を出たあとの「これ現実なのかな?」っていう感覚はやっぱりマトリックスで面白かった。


以上32作品。
複数回観たのはアニメ作品。今年はいいアニメ映画がたくさんありました。
なんと言ってもエヴァンゲリオンが終わってくれたこと。人生のかなり長い期間を悩ませてくれていた謎とか結末だとかがスッキリ終わってくれてもう思い残すことはない感じです。

そして『劇場版 少女歌劇レヴュースタァライト』
度肝を抜かれるとはまさにこのことでとんでもないものを観させてもらいました。

さらに年末に突如出現した『アイの歌声を聴かせて』がかなりのクリティカル。
もう2ヶ月くらい夢中になってます。年明けもまだまだこの気分は続きそう。
現在上映館はだいぶ減ってしまいましたがもし近くの映画館でやってたらぜひ観てください。
円盤や配信だと映画館での感動レベルにはなにをどうやっても届かないので。

アイの歌声を聴かせて 劇場情報
https://eigakan.org/theaterpage/schedule.php?t=ainouta




さて、来年はどんな映画が待っているのでしょうか。
っていうかキングスマンも観なくちゃいけないし、スパイダーマンもやってくる。
とりあえず3月までは観たいものが待っているので忙しいです。
それではみなさんよいお年を!!









このエントリーをはてなブックマークに追加

年末なので今年買った物の中で良かったものをご紹介していくコーナーです。
便利なものを揃えると幸せに一歩近づきます。

【ブルーレイプレイヤー】

ソニー ブルーレイプレーヤー/DVDプレーヤー コンパクト スタンダードモデル BDP-S1500

以前はパソコンのブルーレイドライブを使っていたのですがパソコンを買い替えたら使えなくなったので。あとパソコンだとソフトがいまいちうまく動かなかったりしたのでスタンドアローンのプレイヤーを買ってみました。
機器を置くスペースは余分にかかるのですが起動も速いし、パソコン環境であった他のソフトに動作が影響されるようなことはないのがいい感じです。
手持ちの円盤コレクションをどんどん観ていこう!
まあそんなに観るかっていうとアレなんですけど。


【シーリングライト】

謎メーカーの安いシーリングライトもあるんだけど日立の6000円ちょっとのやつ。
調光機能で昼光色と電球色を切り替えられるのがいい。
リモコンで寝る間際に消灯できるのも最高(オフタイマーも付いてる)


【ケーブルボックス】

床にコンセントがごちゃっと転がっていたんだけどこれに入れたら途端にすっきりしていい気分。
ケーブルボックスはいいぞ。

【スチーム式加湿器】

以前は超音波式の加湿器を使っていたけど衛生面に不安があったのと加湿機能がイマイチだったのでスチーム式に買い替え。
湯気が出るので室温がちょっと上がるし加湿機能も十分。窓はめっちゃ結露するけど。
山善のこれは釜タイプなので蓋を外してそのまま中を洗えるのがいい。
電気代は幾分かかかるだろうけど許容範囲内。


【塗料オープナー】

GSIクレオス Gツール GT56 Mr.キャップオープナー
プラモの瓶塗料の蓋って開けづらいんだけどこれがあると秒で開けられます。
いやほんとべんり。


【コンタクトスプレー】

以前はクレの「接点復活剤」を使っていたけどプラを侵すらしいという話を聞いて「コンタクトスプレー」に。
使うといってもヘッドフォンの端子くらいなんだけど。
使用感は良好です。


というわけで来年はどんないい買い物ができるのか。
今から楽しみです。
このエントリーをはてなブックマークに追加

さらば、全てのエヴァンゲリオン。

というわけでついに公開となりました。
『シン・エヴァンゲリオン劇場版』

自分は2021年3月8日の公開日に1回、その1週間後に1回観ました。
ざっくりとした感想は大変良かった、です。

今回の記事では前半を公開当日の映画館の様子。
後半はネタバレありの感想となってますので未見の方はネタバレにご注意ください。


【時に西暦2021年】
コロナウィルス感染症のおかげで公開日が延期、さらに延期となりましたが3月8日に公開となりました。
この公開日の発表が一週間ぐらい直前で総員第一種戦闘配置!!となったわけで、その後のチケット予約開始では大騒ぎ。
案の定映画館の予約サイトはアクセスできない状態だったわけですが、そこは友人が運良くサクッとチケットを確保してくれました。
ちなみにこの友人は24年前の「旧劇場版」を徹夜で並んで観た「戦友」です。

DSC_0330

今回鑑賞したのは新宿TOHOシネマズにて。
最初は最高のインパクトを得るためにIMAXレーザーという選択(これはもちろん大正解)。
この日の新宿は雨が降って肌寒かったですがエヴァ公開ということで体温は高かったです。
DSC_0332

映画館に行って驚いたのは人!人!人!
あの映画館のロビーはけっこう広いんだけど開場待ちの人で満員です。トイレもぎっしりで入れないくらい。
パンフレットも15分くらい並んで買いました。
現場を仕切る映画館スタッフも「パンフレット販売はこちらです!」「開場はまもなくです!!」とハイテンション。
この熱気・・・コロナ禍で久しく味わえていなかったお祭り感です。
そしていざ開場。
我々は心躍りながら小躍りで入場するのだった。


【新宿バルト9】
観終わった後あーだこーだと友人と感想戦をしながら向かったのは新宿バルト9。
なぜかというと制作スタッフの寄せ書きが展示してあるということなので。
DSC_0333
映画館入り口もエヴァ仕様。

DSC_0336
ロビーにはでっかい初号機と綾波が。

DSC_0337
DSC_0338
監督のサインも!

ロビーでは展示物を写真撮影する人や、メッセージボードに書き込んでる人やらで熱気がありました。
みんなエヴァ大好きだな!(自分も!)

その後友人と夕方まで喫茶店で感想戦を続けていたのですが、お互い「えっ!?そうだったの!?」「そんなの映ってたの!?」っていうのの応酬で楽しかったです。
総じて「良かった・・・うん・・・良かった・・・」という両者の見解で締めでした。
ありがとう、すべてのエヴァンゲリオン。


※ここから先はネタバレありの感想となります。未見の方はご注意ください。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ