ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆
積んであるマンガが多くていかんのです。

IMG_20180118_104408


もうちょっと前のことなのですが『劇場版 マジンガーZ / INFINITY』を見ました。
これがバツグンに面白かったし熱かったです。
旧作を知らない人でも見ればなんとかなるので、お近くの劇場でまだ上映していたらぜひ大スクリーンで。

マジンガーZは小さい頃テレビの再放送で見たくらいなので話も覚えていないし実はそんなに思い入れもないです。
でも主題歌や必殺技にはどうしてもたぎってしまうんです!
そう、男の子ならね!

自分は2回みましたがそれぞれとても楽しみました。

【1回目】
最初は渋谷TOEIにて。
ビックカメラの上にある劇場です。
最近のシネコンに比べればちょっとレトロな雰囲気。
でもかつての「東映まんがまつり」と関連がないとは言えない今作。
それを東映の劇場で見るのはちょっと気分がいいですね。
あとこの劇場は前の席との間隔が広くて快適でした。
最近の映画館は席の前後を詰めすぎだと思いました。
(限られたスペースに座席数を確保しなきゃいけないのはわかりますけど)
それとは別に同伴した友人が超マジンガー好きだったのが最高でした。
鑑賞後は感想を言う・・・というよりも「講義」を受ける形に。
IMG_20180118_153158

パンフレットには敵のメカ(機械獣)の一覧が掲載されているのですが、自分が名前あてクイズを出題。
だがしかし、なんと全問正解。
その豊富な知識量には驚かされました。
IMG_20180118_153213
IMG_20180118_153440

自分はとりあえずサンタクロースみたいなのは「サタングロースP10」っていうのは覚えました(覚えさせられた)
その他、オリジナルの声優が今作でも登場していたことや、細部の解説、お持ちの超合金の話とかで盛り上がりました。


【2回目】
2回目は川崎のチネチッタで鑑賞。
こちらは音が大きくて迫力がありました。
同伴は比較的若い世代と。
マジンガーZはアニメよりもむしろスーパーロボット大戦でといった感じです。
何十年もたっても作品が認知されているのはこういうゲームのおかげでもあるのだと実感。
2回目の鑑賞では「サタングロースP10」が登場しているのをはっきり確認できたし、作品のテーマについても考えながら見ることができました。
今作のテーマはなかなか深いんですよねえ。


そのほか作品について思ったことは予告編の後で。
ネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

予告をみた瞬間「お、おもしろそう!えっ?これ2作目?じゃあ1作目見なくっちゃ!」
・・・と慌てて1作目『キングスマン』を見てから見に行きました。
『キングスマン:ゴールデン・サークル』

1作目を凌駕する悪ノリ感!
ド派手なアクション!
大満足でした!
そして今回もかなり効いてましたね、隠し味が。


予告編の後はネタバレにご注意を。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

マナーが、紳士を、作るんだ!

シリーズ2作目である『キングスマン ゴールデンサークル』のためにまだ見たことのなかった1作目『キングスマン』を慌ててみました。

結果「あー!なんでこれを映画館で見なかったんだー!!」といういつもの後悔を味わいましたが、間髪入れずに2作目を見に行くことができるのでよかったとも言えましょう。

スパイモノ、シークレットエージェントモノの新境地だと思います、キングスマン。
映画としてとっても楽しめるものになってますが、実は楽しいだけじゃないですよ・・・って感じです。

予告編の後はネタバレにご注意を。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

爆ぜろリアル! 弾けろシナプス!
Van! shment Th!s World!


2018年の映画館一発目はこちら!

IMG_20180106_212015


『映画 中二病でも恋がしたい! -Take On Me-』

京都アニメーション製作の人気テレビアニメシーズの完結(?)編です。

ざっくりとした感想ですが、とってもよい!
特に少女の繊細でフラジールな心を描く様には息を呑みます。
そしてアニメ映画としてとっても楽しい!

とても残念なのはこの映画単品では楽しめない間口の狭さ。
テレビシーズ第1期と2期(それぞれ全12話+TV未放送1話)を見ているのが前提だし、アニメっていうだけで見ない人もいるし、独特のキャラとか設定が嫌っていう人もいるだろうし。
これを見ないなんてもったいないと思うんだけど新規の人に薦めるには重すぎます。
(前回やった映画はいちおう総集編なのかな??)

だがしかし、それ故にシリーズのファンにとっては最高のボーナストラック的な楽しみと感動。
二人の恋の逃避行を見届けるのはもうまるで親心って感じです。
「なんと気持ちのいい連中だろう」と劇場を後にしました。

気になった方はとりあえずテレビシーズ1期の全12話だけでも見て映画館へ!

またこの映画、冒頭に「フォトセッション」なるコーナーがあって携帯端末で画面の撮影が許可されるところがあります。
上映前のマナー案内で「携帯の電源はOFF」と促されますがこの映画ではあえてONで。
フォトセッションコーナーが始まってからでは端末を起動しても間に合わないこともありますからね。
そしてコーナーが終わったら携帯の電源はちゃんとOFFにしましょう。
映画館で観客みんなが携帯で撮影している様子は不思議で異様で愉快な感覚です。
こういうちょっとしたアトラクション感というかライブ感は歓迎。
映画館で見る価値にプラスワンがあっていいと思います。


IMG_20180106_211753
IMG_20180106_211801

劇場にはキャストのサイン入りポスターが飾ってありました。


予告編の後はネタバレにご注意を。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

知り合いと映画の話をしていたら超オススメされた『リトルトウキョー殺人課』。
TSUTAYAにいったらなくてAmazonビデオで見ました。

リトルトウキョー殺人課 (字幕版)
(2013-11-26)
売り上げランキング: 3,124


レンタルだと199円なので実際安い!
字幕版しかないのが残念ですがこの映画はカタコトの日本語と間違った日本描写を楽しむものなので問題ありません。
そしてその日本描写とかがあまりにもアレなので地上波放送はおそらく困難。
テレビ東京の午後のロードショーやサタシネのスタッフさんも「これはちょっと・・・」と苦笑いしながら放映は断念したんじゃないかと想像してしまいます。
『ニンジャスレイヤー』が好きな方は楽しめること間違い無し!
(むしろ原典ともいえるのかも)

監督はなんとあの『コマンドー』のマーク・L・レスター。
『コマンドー』の3作目くらい後の作品になります。
あとこの監督『炎の少女チャーリー』もやってたんですね。
かつての日曜洋画劇場では何度か放映してたけど今改めて見てみようかな。

予告編の後はネタバレにご注意を。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ