ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい(*´﹃`*)

暑いですね!!(;´∀`)
映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆

「けものフレンズ 日めくり まいにちフレンズ!」を買いました。

IMG_3621
マンガと大きさを比較してみました。
思ってたより大きいです。

IMG_3622
すみずみまでたーのしー感じになってます。

IMG_3623
とりあえず底の方を折って自立型に。
壁にかけられるようにもなっています。

「日めくり」で年や月は入ってないので人類の文明が存在する限り半永久的に使うことが出来ます。
お馴染みのシーンとセリフが毎日を彩ってくれることでしょう。
めくるめく!



このエントリーをはてなブックマークに追加




1,100円は実際安い!
夏の映画に向けて何枚か買っておこうかな。
ムビチケのオンライン(前売り)券を買うためのギフトカードなのでご利用は計画的に。


TOP | ムビチケ
ジョンウィック2、メアリと魔女の花、銀魂(実写)、カーズクロスロードあたりを見たい。



【追記】
IMG_3624
とりあえず「1400」のを5枚買ってきました。
(購入額は1100円×5)
・TSUTAYA会員じゃないと買えないからか店頭に展示している気配がなく店員さんに聞いたらでてきた。
・購入は現金決済のみ。
・お一人様合計10枚まで買える、が1会計なのか累計なのかは不明。
・有効期限は購入日から半年。
・現在公開中の作品には使えないとすごく念を押される。
・願わくばずーっとこの値段で売って欲しい。




このエントリーをはてなブックマークに追加

回すだけなのに地味に楽しいハンドスピナーですが、ついに究極のスピナーを手に入れてしまいました。
けっこう高かったんだけど究極の無駄遣いだと覚悟して購入。
今回は秋葉原のスピンギアで買いました。
Amazonだと安い値段で出てるけど中国業者で信用できませんので。

IMG_20170627_195112
9個の歯車とベアリング!

IMG_20170627_195450
歯車の抵抗があるので回転時間はそれほどでもないです。
ゆっくり回してギアの動く様子を眺めるのが楽しいです。




小さい頃は自転車のペダルを手で回してチェーンとギアが動くのを眺めるのが好きだったのですがそれに似ているような感覚かもしれません。

ハンドスピナーの何が面白いのか未だによくわからないのですが、いろいろ回してみるとベアリングの精度の違いに興味がわきます。
インダストリアルな人はけっこうハマっちゃうと思います。


ヨーヨーショップスピンギア
秋葉原店ではハンドスピナーのほかにヨーヨーやけん玉なんかも並んでて楽しい。
けん玉ぜんぜんできないけど挑戦してみようかな?

このエントリーをはてなブックマークに追加

過去何度か引っ越しをしてその都度マンガを処分してきましたが絶対に捨てられないタイトルがいくつかあります。
そのひとつが鬼頭莫宏の『なるたる』全12巻。
自分のバイブル的なマンガです。
(アニメ版は見ていない)

そんな『なるたる』が新装版で登場。
オリジナルを持っていても買ってきました。
IMG_3617

毎月2冊ずつ刊行で全8巻。
IMG_3619
全巻買うと特製収納BOXがもらえるだなんて!

せっかくなのでオリジナルと新装版を並べてみました。
IMG_3618
IMG_3620

新装版の表紙は描き下ろしだそうです。
新装版っていうからカラーページがカラーで収録されるかと期待したのですが元からカラーページなんてものはなかったので本編はモノクロです。
並べてみると新装版は大きいです。
大判で読むと新しい発見があるかもしれませんね。
受ける印象も変わるかもしれないです。

じゃあもうオリジナルはいらないのかっていうとそうじゃなくて、初期デザイン案が収録されていたり裏表紙折り返しの作者コメント(ナナメから世界を見ている感じがとても魅力的)があるので手放せません。
ま、どうせ死ぬまで持っていくマンガですからね。

今回は内容については触れませんが、まだ読んだことがないという方はこの機会に(自己責任で)いかがでしょうか。

そしてここまできたら完全アニメ化・・・なんてのもいいんじゃないかな?
なんて思ってしまいますが内容的に大丈夫なのかとも。
見てみたいようなそうじゃないような。

新装版 なるたる(1) (KCデラックス アフタヌーン)
鬼頭 莫宏
講談社 (2017-06-23)
売り上げランキング: 4,095


新装版 なるたる(2) (KCデラックス アフタヌーン)
鬼頭 莫宏
講談社 (2017-06-23)
売り上げランキング: 3,617


このエントリーをはてなブックマークに追加

自分の好きなメル・ギブソンが監督なので観るのは決めてましたが、公開日直前まで沖縄が舞台だなんて知りませんでした。
「こりゃえらいこっちゃ!」ってな感じで『ハクソーリッジ』公開日に見てきました。

ハクソーリッジ=沖縄・浦添市の「前田高地」

ここで気がつくのは自分が沖縄戦についてあまりにも知らないということ。
「アメリカ軍が火炎放射器でビャーってやって勝った」くらいのイメージしか浮かばない。
でも実際はアメリカも日本も激しい戦闘によりとても多くの命が失われた。
大切なのは戦場で何が起こっていたのか知ることだと思います。
戦争の是非?
そんなもん戦争していいわけないじゃん。

「ハクソーリッジ」でどんな戦闘が行われたか。
それを知る切っ掛けにこの映画は適していると思います。
(完全な真実を知ることはできないし調べてもどこか嘘は混じる。想像して考えることが未来につながるんじゃないかと)

まあいろいろ戦争について考えてしまう映画でした。

頭上を銃弾がかすめるような音響は映画館ならでは。
戦闘シーンでは考えるよりも先に身体がこわばってしまいました。
地獄の片鱗を味わうにはぜひ劇場で。



沖縄戦を描く映画が日本公開、しかし宣伝文句に「沖縄」の言葉はゼロ…なぜ? (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース
まあ宣伝にはいろいろ事情があるということで。
自分はてっきりノルマンディー的ななにかかと思ってました。



浦添市役所さんのツイートがとても参考になったのでご覧になってみてはいかがでしょうか。









予告編の後はネタバレにご注意を。
うまくまとまらずとりとめがありませんが。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ