ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

あのひよクレさんのブログがついに登場!
マンガ・アニメ・映画・ゲームの感想がメインです

2010年05月

B0038OCDUKドラマCD「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」
フロンティアワークス 2010-04-21

by G-Tools


「真・女神転生 STRANGE JOURNEY」といえば我が人生におけるゲームランキングダントツナンバーワンに輝くスーパープラチナタイトルですが、当然のように買ったドラマCDが手元に。
実はいまだに最後まで聴けていないという始末。
そりゃあ寝る前に再生していては・・・ねえ。
先日の7度目くらいのアタックの時にはやっぱり途中で寝てしまい、気がついたら最後に収録されているキャストの挨拶のところだっという大失態。
次回こそは完走したいものであります(つ∀-)
このエントリーをはてなブックマークに追加

4478012032もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら
ダイヤモンド社 2009-12-04

by G-Tools


「もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『マネジメント』を読んだら」を読み始めました。
すごい、強烈なタイトルです。
本屋に行くたびに平積みのこの本と(っていうか表紙の女子マネージャーと)いつも目があって、この前テレビでオススメですなんてやってたのでエイ、と購入。

確かに読みやすくておもしろいです。
一見難しそうなことを面白そうに伝えるのは難しいですが、高校野球部の女子マネージャーがなにをどうするんだろう、と興味をもってグイグイ読めます。
記載量に関しては専門書にはかなわないだろうけど、事の本質をだいたい掴むには十分であろうと思われます。

マネジメントに関しては今まで漠然とというか五里霧中っていうかなんとなく遂行っていうかちゃんと勉強とか考えたことはほとんどなかったので、読んでいて「ハッ!」と気づかされることも。
「知識は荷物になりません。あなたを守る懐刀」ということで(つ∀-)
このエントリーをはてなブックマークに追加

先日のA氏と餃子の会で映画を見ようということになって、じゃあ何見ようかというときにピックアップされたのが3Dタイトル。
(それか「ゼブラーマン〜ゼブラシティの逆襲〜」という選択肢もあったかもしれない・・・)
今やってるのはアリスかタイタンか・・・。
次回上映までの待ち時間の都合が良かったのがタイタンの戦いでしたので。
というわけで初の3D映画鑑賞となります、タイタンの戦い、果たしてどんな戦いが俺たちを待っているのか!?
PRでセイントセイヤの車田正美先生がイメージ画を描いたのがニュースになってましたね。

「タイタンの戦い」×車田正美 コラボレーションポスター一挙公開
http://animeanime.jp/news/archives/2010/04/post_1187.html

特に期待はしていなかったけどそれなりに意気高揚しつつ劇場へ向かいます!
悪いけどオラ、久々にけっこうワクワクしてんだぞ!!

*以下物語の核心に触れる部分が多々ありますのでこれからタイタンの戦いを見る予定の方はご注意ください。

まずは予告編から!




有楽町3Dメガネ

↑入場時に配布されるこのメガネをかけて3D鑑賞となります。
ふつうにかけると緑っぽい風景に見えて不安ですが、本編が始まるとちゃんとした色に見えるので安心。
眉間の黒いところがなんかを感知しているらしくここを押さえたり隠れたりすると3Dにならないらしいです。前髪の長い方はご用心。
あと、予告編の後に劇場からの案内でスクリーンに「それでは3Dメガネをおかけください」って出るんだけど、いかにもワープロ打ちのしょっぼいテロップはいかがなものでしょう。
スクリーン黒地に白字でですよ。
このへんは今後盗撮防止CMに負けないくらいの粋な案内をお願いしたいものです。

さて、いよいよ上映開始ですがまあ話の流れは上の予告編通りと言うことです。
でも、なんかまあ観ていて特に盛り上がらず終わってしまったという感じ。
神話だからおおまかなストーリーはすでに決まっているようなものですが、それを映画にするときにどこをテーマにして見せてやろうか、っていうのがイマイチ伝わってこなかったような気がします。
まあ、それなら「いい画」で観ている間は夢を見せてくれればいいのですが、各セクションごとにどうも興が冷めるとこが織り込まれていて、話は盛り上がっていってるはずなのに観ている方のテンションがだんだんさがっていってしまうという始末。

序盤は大宇宙の幻想的な風景とかでてきたり、主人公の成長がいい感じに描かれていてこれからの展開に期待させてくれます。
そんな主人公に転機が訪れ、神と戦うことに。

冥界の王ハデスの秘蔵っ子、クラーケンを倒すっていうのに特別部隊が結成されたのですが面子が、主人公(神と人間のハーフ)+騎士団+傭兵っぽいの+美人妖精。
勇者+ナイト数名+戦士数名+狩人2+主人公の守護者たる妖精って感じですかね。
まあ行けるかなと思ってたのですが砂漠でのサソリと戦うところでRPGにおける「こいつら明らかにレベル足りてねえ!」状態になるわけですよ。
巨大サソリを死人を数人出しながらもようやく撃破!
でもその直後さらにサソリ数匹に囲まれていたり。
あれー?必死に倒したのなんだったんだよ!みたいな。
(まあそれは通りすがりの砂漠の民が助けてくれるんだけど)
んでそのサソリが敵から一転乗り物になるんだけど、それがもっそりと遅っそいのです。歩いた方が速くね?

なんかこの辺で星がひとつ落っこちます ★★★★☆

実はその前の場面で神が主人公に向けて聖剣をプレゼントするっていうシーンがあるんだけど、こともあろうか主人公は聖剣使用を拒否!
「俺はこの剣は使わん!信念ですから!!」と言い放つんです。
まあ父である神が気にくわんのはわかるが、チカラを持っていながら使わず旅の仲間が死んじゃうっていうのは、どうなのか。
神は気に入らない、仲間の人間はまあ死んじゃって、すまん・・・ってんじゃ、ちょっとねえ。
人間側に立つというのなら努力!友情!ファイト一発!な心意気をもっと見せて貰わないと。
もし自分がこのパーティに参加していたら「すいません、ちょっと急用を思い出したんで」と言って、抜けます!(笑)

この辺でも星がひとつ落っこちます ★★★☆☆

で、クラーケンを倒すにはメドゥーサの首を取って石化させるしかねえ、ってんでメドゥーサ討伐ミッションが発令。
このメドゥーサ戦はなかなかいい雰囲気なんですよ。
なんせ目を見ちゃったら石になっちゃうわけですから、普通の戦い方じゃダメだし。
メドゥーサの動きも素早くてどこから襲ってくるか分からない。
気配を探りながら剣を振り回します。
でもけっこういいキャラしてた仲間も次々と石化しちゃっててやられていくわけですよ。
いよいよ主人公と対決かってときにメドゥーサの全身がバーッっと画面に出てくるのですが、そこで驚愕!
メドゥーサがとってつけたような黒いヌーブラをしとるわけですよ!
いや別におっぱいを見たい・・・ゲフン、ゴフン、無理に見せろとはいいませんが、それならもっとそれらしい衣装を着けるとかやりようがあるでしょう。

ここでも確実に星がひとつ落っこちます! ★★☆☆☆

むしろおっぱいが3Dでバーン!チクビ3Dバーン!だったら「ワオ!これこそ3Dおっぱい!!ようやった!」と場内拍手が沸き起こるかもしれなかったところだけに、どうしてこうなった感が隠せません。
メドゥーサのCG造形はなかなか妖艶で良かっただけに本当に残念でなりません。
(注・今改めてメドゥーサ画像を見ると鎧ブラみたいなのを装備しているように見えますが、劇場ではやっぱりヌーブラに見えたんですYO!w)

そんなわけで観ている方が星(テンション)を落としまくっているとこでクライマックスのクラーケン戦。
もうどうにも盛り上がりに欠けます。
もう、首でやっつけてよ、みたいな。
しかも、なんか結果オーライで父ゼウスと息子の主人公が和解しちゃってるし。

で、ほぼラストシーンで主人公がペガサスに乗って海岸を格好良く走っているシーン。
パカラッパカラッと走ってスーッと飛び立つと思うじゃないですか?
ここでまさかのカット割り。
海岸走っていて、パッっと画面が切り替わったらもう飛んでたとか!
オイ!ここはスムーズにテイクオフさせなくてどうする!!
暴れん坊将軍なら走ってるだけでいいんだけど、ペガサスなら飛ばさなきゃ!ね。

・・・と、まさかの終盤で星落とし。★☆☆☆☆

「この映画アレだったけど最後のペガサスが飛んでいくシーンは優雅で壮大でよかったねえ!!」とかくらい言わせて欲しかったものです。

ツッコミどころ満載なタイタンの戦いですが、じゃあ2000円だか払って映画館で観て損したかというと決してそうではありません。
今でも覚えているシーンはあるし、「神々の間」とか幻想的で綺麗な画だったし、なによりゼウスとかハデスとか神話っていうのにちょっと興味が出てきます。
より深く題材について考えるならば神に逆らえるのは人間だけなのだろうかとか、造物主とはいえあまりにも身勝手な神の振る舞いにはあきれたりとか。
人間には愚かながらも底知れぬパワーが宿っているものなのか、とか。
3Dに関しては序盤はオドロキこそあれ、慣れてくるとよっぽどでないと感動は薄く。
でも飛び出るのは面白いので今後の3D映画に期待です。
あと主人公の守護者っていうか妖精の今作ヒロインですが、敵に吹っ飛ばされるたびに「キャー!」とかいいながら過剰に脚をはだけつつお色気を振りまいてくれますので、美脚フェチの方にもオススメです!(つ∀-)

オマケ
ギリシャ神話ということで

うーむ、やっぱりいろいろとすごいなあ

オマケ2
PS2版のOP再現度がパネェ!
このエントリーをはてなブックマークに追加

26日発売なのですが25日に到着しました。
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 ブルーレイ。
AmazonでOK!

B002HK3HWEヱヴァンゲリヲン新劇場版:破 EVANGELION:2.22 YOU CAN (NOT) ADVANCE.【初回限定版】 [Blu-ray]
キングレコード 2010-05-26

by G-Tools


さて、気になる特典フィルムですが。
IMG_0972[1]

仮設五号機が使徒のコアをギュッっと圧壊させようというところ。
・・・なんかやっぱりニンゲンのキャラクターがでているところがよかったなぁ。

さっそく1回目をみてみたのですが、追加シーンやら修正箇所を探すのに夢中で慌ただしく終わってしまいました。
ようし、2回目は感情に身をゆだねてみてみるぞ〜(つ∀-)

そうだ!餃子を食べたい!
・・・とテレビの人気餃子店ランキングを観ながら激烈に思ってしまったので、A氏に「餃子を食べたいのです!」と伝えたら餃子になりました。
というわけですっかり恒例のお食事会は餃子を食べることになりました、グヘヘ。

今回は有楽町の紅虎餃子房へ!
店舗入り口に入るとそこには虎が待ち構えていたのだった!
有楽町紅虎


まあ月並みに「虎だ!お前は虎になるのだ!」などと真っ昼間から叫びながら入場です。

ランチタイムだったので「大餃子ランチ」と、余りの辛さ故に誰も頼むものがいないという「激辛麻婆豆腐ランチ」と、追加単品で鉄鍋棒餃子をプラス。
有楽町餃子

↑棒餃子(画像右側)はパリっとしていておいしかったゾ!
大餃子は大きくてボリュームがありそうにみえたけどモグモグとすごい勢いで食べちゃったんだゾ!

有楽町麻婆豆腐

↑そんなに辛くはなかったけど、最近理由は特にさっぱり明確にはよくわからないのですがなぜか麻婆豆腐が無性に食べたかった自分はとても満足でした。天使もウットリのお味です。

この日はあいにくの雨だったのですが、有楽町にくるときはなぜか雨が多いです。
でもなんか雨の有楽町ってのは、嫌いじゃないんだぜ!
A氏が折りたたみ傘を探していたので東急ハンズへ行きました。
氏が求めていたちょうどいい傘は見つからなかったのですが、いろいろとステキアイテムを見て楽しみました。
Joseph Joseph スパゲッティメジャー ホワイト・グリーン 092950
Joseph Joseph スパゲッティメジャー ホワイト・グリーン 092950

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

↑パスタを計量する道具なのですが、これはまるで007のアレだ!!

というわけで自分がコレを覗きながら中央の穴に歩くA氏をとらえて「ボンド!ボンドがおるで〜!!」というときっちり完璧にボンドな立ち居振る舞いをしてくれる彼がステキでした。

その後、戦いの舞台は映画「タイタンの戦い」へと移ったのだった。
そこで我々を待ち受けていたものとは!?
〜つづく〜

追伸
秋葉原でCPS2基板2枚を買って持って帰ってきたら翌日背中がバキバキに筋肉痛に(つ∀-)なにげに重かったし

↑このページのトップヘ