ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい(*´﹃`*)

2013年04月

IMG_1575


劇場版 シュタインズ・ゲート 負荷領域のデジャヴ 観てきました。
とてもおもしろかったです。
パンフ買ってきたのであとでじっくり読む予定。
予告編の後はネタバレご注意。



うお!
本編見た後だとこの予告、かなり熱いな!!

この作品は映画ですが単独では成立しません。
最低でもテレビ版をひととおり見ておかないといけません。
シュタゲファンへのボーナス・トラック的なものかと予想していたけどなかなか踏み込んだ作りになっていたんじゃないかなあと思います。

オカリンの痛みを追体験するクリスがけなげでした。

「世界の観測者」というテーマにはいろいろ考えさせられました。
自分はどこまでこの世界を観測できているのか?
周囲にいる人をちゃんと観測できているのか?
他人には自分はどのように観測されているのか?
観測することによって存在が証明されるというこの世界のあやふやな定理に悩まされます。
・・・最近一人でいると自分がほんとうにこの世に存在しているのか不安なんですよねえ。なんだか消えてしまいそうで。

あなたがいるからわたしがいる。
シュタインズ・ゲート、オススメです(つ∀-)

STEINS;GATE Blu-ray BOX
STEINS;GATE Blu-ray BOX
メディアファクトリー 2013-03-27
売り上げランキング : 140


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


STEINS;GATE
STEINS;GATE
5pb. 2012-05-24
売り上げランキング : 136


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション
シュタインズ・ゲート Xbox360 プラチナコレクション
5pb. 2011-06-16
売り上げランキング : 900


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:QのBlu-rayが届いたので鑑賞!!
IMG_1573
「パターン青!」っていうくらい綺麗な青いパッケージ。

劇場にて公開日に見た感想
http://hiyoko.livedoor.biz/archives/52106931.html

劇場で2回目の感想
http://hiyoko.livedoor.biz/archives/52108373.html

今回のBlu-ray版をもって3回目の鑑賞となります。
いざ見るとなると、アレを家でみることができるのかとテンションが上ります。
「アレ」というのは公開日の劇場のあの雰囲気が忘れられないということで。
(場内満員、総員大興奮からの人類ポカン計画、総員ため息で退場)

テレビで見るとこれまたえらく精彩&精細だなあと。
まあスクリーン前提での製作なので当然なのですが、メカなどの描写は密度が高いと再認識。
簡単に言うと、カッコイイということだ!
あと「3.33」ということでずいぶんBGMが追加されてるような気がして、雰囲気がちょっと違う(ような気がする)
より盛り上がるようになってるんじゃないかなあ・・・とおもいます(気のせいだったらごめんなさい)

あと名台詞の「エヴァにだけは乗らんといてくださいよ」が
「エヴァにだけは乗らんでくださいよ」に変更されてました。
これによりセリフのインパクトがダウンしたのは残念!(笑)
まあ「乗れ」「乗るな」のリフレインのシーンで「乗らんといてくださいよ」だけが異様に目立っていたからナイスな修正だと思います。

あと冒頭の奪還作戦のとこでマリが退場間際に何言ってるのか何度聞いてもわからなかったんだけど字幕で確認できたのがスッキリ。
IMG_1574
「あとはセルフサービスで よろPく〜っ」

ストーリーに関しては、わからないことを納得の上で見れば逆になんか見えてくるものもあるということで、今後繰り返して見ればなんかわかるかもしれないという感じで。
(わかんないものはわかんないけど次が公開されるまでそうでもするしかないじゃないですか!)
フィルムとしてはやっぱりとてもエヴァっぽい雰囲気が堪能できるので個人的には満足です。
あと毎度のことなのですがシンジ役の緒方恵美の演技が身を切るようで観ていて切なくなっちゃうっていうか心配しちゃいます。凄まじいです。お見事です。

最後は桜流しでちょっと物寂しい気分に。
賛否両論あるこの作品ですが1回みて愛想が尽きた方ももう一度見てみればけっこういけるかもしれない!
見れば見るほどもうこの展開しかない!ありえないだろ!ありえないわ!という
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q オススメです。
それでも肌にあわなかった方はエヴァだけはもう見んといてくださいよ(つ∀-)


ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [Blu-ray]
キングレコード 2013-04-24
売り上げランキング : 1


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]
ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q EVANGELION:3.33 YOU CAN (NOT) REDO.(初回限定版)(オリジナル・サウンドトラック付き) [DVD]
キングレコード 2013-04-24
売り上げランキング : 3


Amazonで詳しく見る
by G-Tools

IMG_1570
祝!ファイブスター物語 連載再開!


【漫画】連載再開した「ファイブスター物語」がエライことになってる
http://subcultureblog.blog114.fc2.com/blog-entry-10691.html


エライことになってました。
びっくり度合いで例えるならヱヴァンゲリヲン新劇場版:Qなんかがかわいく思えるくらい。
「ははは!なんだこれ!」と困惑とワクワクしながら読ませて頂きました。
映画ゴティックメード以前、以後で大きな何かが起こってしまったようです。
(ゴティックメードまた観たいなあ)
メカ好きな友人にはすごい不評そう・・・。

とはいえこれは神話っていうかお伽話っていうかそんななので何が起こっても不思議ではないわけで。
これからどういうふうに展開するのか楽しみです。

MHはかっこよかったけど、GTMはこれまた戦うための機構の理屈が刷新されていて興味深いです。
(関節の可動域とか追求するとああいう形になるとは思う)

永野護先生のマンガが読めるのは月刊ニュータイプだけ!
毎月10日発売です!(つ∀-)


Newtype (ニュータイプ) 2013年 05月号 [雑誌]
Newtype (ニュータイプ) 2013年 05月号 [雑誌]
角川グループホールディングス 2013-04-10
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


ファイブスター物語 トレーサー Ex.2 (ニュータイプ100%コミックス)
ファイブスター物語 トレーサー Ex.2 (ニュータイプ100%コミックス)永野 護

角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-22
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド
花の詩女 ゴティックメード ワールドガイド永野 護

角川書店(角川グループパブリッシング) 2013-03-07
売り上げランキング : 281


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





このエントリーをはてなブックマークに追加

映画のパンフレットはどちらかというと買う方です。
作品によってパンフレットの力の入れ具合が違っていて興味深いです。
スカスカな内容のものもあれば、徹底的に作品の解説をしているものもあります。

まあ買ってもパラパラっと見てお蔵入りがほとんどなんですが、
先日昔のを押し入れから出してみたらけっこう量がありました。
でも昔のことなのでもうほんとうに映画館で見たのか記憶があやふや。
その曖昧さ加減が面白かったのでご紹介します。

見たのか曖昧組

IMG_1563
いや、デイ・アフター・トゥモローは映画館で観ました。
シンレッドラインとか完全に記憶にございません。
こんど借りてきて観ようかな。
っていうか誰かと一緒に見に行ったのなら「覚えてないの!?」って怒られそう。先に謝っておきます、ごめんなさい!!


なぜかダブってる組

IMG_1564
「スターウォーズ Episode 機廚函屮ウボーイビバップ天国の扉」と「アヴァロン」がなぜか2冊ずつあって謎。


やっぱり面白かった組

IMG_1565
心の殿堂入りで好きな作品の一部。
映画館で見た後にDVDなどで何度も見直していたりします。
スターシップ・トゥルーパーズやパトレイバー2なんかはDVDを持ってるから年に2回くらいはみています。
紅の豚は公開当時に何回連続で見られるかチャレンジ!(当時は入れ替え制じゃなかったので)とか独りでやってました。たしか途中うつらうつらと寝たりしながら3回か4回くらいは見たような記憶が。
BLOODはよくまあこれから「プラス」、「C」まで続いたものだと今になってびっくり。
元祖SAYA changは迫力があるのでオススメです。
フランケンシュタインは映像もストーリーも衝撃で絶句して劇場をあとにしました。
フォレスト・ガンプみたいに人生をスイスイ過ごしたいと思いますが、今この瞬間自分が人生のどの部分をすごしているのかはなかなか計り知れないものですね。

映画は自分なりにいろいろ見たけど、おかげで考え方の幅も少しは広がったと思うし、いろいろ得るものもあったと思います。
これからも見られるだけ見ていこうと思います。
(気が乗らないとなかなか見る気にならないのが難点ですが)

映画のパンフレットには感想を紙にでも書いて挟んでおくと何年か後になって押し入れから発掘したときに楽しいかも。
これ昔の自分に伝えたいんだけどいい方法ありませんか?
パンフレットを買う方はよかったらぜひ試してみてください(つ∀-)


このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ