ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい(*´﹃`*)

2016年09月

大河ドラマの『真田丸』が絶好調なのでこちらの映画も気になってました『真田十勇士』
というわけでみてきましたが個人的にはイマイチだったかな・・・
っていうかいろいろ惜しいしハズしてるところが多いという印象。


予告編の後はネタバレにご注意



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20160924_092056

2016 第56回全日本模型ホビーショーに行ってきました。
開催地は東京ビッグサイト。
プラモデル、ラジコン、鉄道模型、フィギュア、エアガンなどホビーがいろいろ見られちゃうお祭りです。

自分はプラモ(ガンプラ)やエアガンをメインの目的に。
ラジコンを始めその他もろもろもやりはしませんが大好きなのであれこれ見て回ってとても楽しめました。
ホビーショーには何度か行ってますが本能的にワクワクする気分が最高です。
同行したロボット系に詳しい友人はロボット魂新作などに夢中でこれまた楽しそうでした。
ふたりで「すげー!すげー!」って指差し確認しながら展示を見たり、東京マルイのエアガン試射を周回したりで大満足。
帰る頃には心地よいぐったりでした。

IMG_20160924_100800
ダ〜グラ〜ム♪



さて、各メーカーから新商品が多数出展されてましたが自分が今回特に注目したのはこちら。




ドローンなんだけど高度は超音波センサーで地上から一定の高さに自動調整されます。
なので操作も簡単だし、車のラジコンではみられないレース風景が楽しめます。
ぜひ動画でその様子を御覧いただきたい。



いかがです?
この未来感。
小さい頃思い描いていたあったらいいなが今ここにある奇蹟!
未来じゃなくて今ってとても楽しいじゃん・・・って思い起こさせてくれますね。

ドローンレーサー、実際値段もちょっとするし走らせるには場所も必要なので爆発的に普及ってことはないかも。
でもうまいことレースのジャンルのひとつとして確立してほしいと思う一品でした。
っていうか自分で操作してやってみたい!

京商<KYOSHO>|製品情報 | G-ZERO(ジーゼロ) ダイナミックホワイト レディセット






ガルパン効果で戦車模型特需はあいかわらず、っていうかますます?
会場の各地でいろいろみられました。






東京マルイではスナイパーライフルのデモンストレーションショット。
命中率100%で拍手喝采。
自分も撃ってみたくなりますね。
新製品の発表は11月に行われる東京マルイイベントに持ち越し。

サバゲはしないエアガン勢なのですがなかなか撃つ場所がないのが辛いところ。
田舎の実家なら庭に空き缶置いてガンガン撃てるんですけど。







バンダイブースでひときわ輝く存在感だったのはホシノフミナコスプレのおねえさん。
「ホシノフミナ」というキャラクター観がパラダイムシフトしてしまうほどの衝撃。
超かわいかったです。


季節は秋、というわけでそれぞれ思い思いのホビーをとことん楽しんでみてはいかがでしょうか。
楽しみ方は自由、ですよ!










IMG_20160929_081146

自分の中でとっても存在感の大きい作品となってしまった羽海野チカ『3月のライオン』最新12巻発売です!!
今回は特装版を買ってみました。
西尾維新の描き下ろし小説が付いてきます。
こちらは羽川翼が登場とのことで興味深い内容。

さて『3月のライオン』という作品、10月からはNHKという全国ネットでアニメがスタート、そして来年には実写映画もやってしまうという乗りに乗っている時期です。
自分としては全て楽しんでやろうと今からワクワクしています。

作者の羽海野チカ先生のTwitterなんか見てると産みの苦しみと申しますか精神的にも肉体的にも製作の苦労がうかがい知れます。
だからかどうかわかりませんがこのマンガを読むときは「受けて立つぜ!」的な心構えになるのは自分だけでしょうか?
そんな感じで12巻の感想です。


【一難去って・・・な序盤】
前巻では川本家の家庭の事情でいろいろあったけど一段落して12巻では明るい出だし。
でも俺知ってるよ。
羽海野チカマンガのこのはしゃいでるような盛り上がり感ってフリだってことを。
そう思いながら読んでいるとさらなる起爆剤が投下されます。
IMG_3369
藤本雷堂・・・いえ藤本雷堂棋竜!
しかもバガボンドみたいな感じで登場でイカす!!
物語の舞台も薩摩ということでバカンス気分の楽しい感じ。
そんな雰囲気の中で開始される土橋 藤本戦。
勢いで圧倒しているかに思われた藤本だったが・・・

背景黒ベタでスッと入ってくる冷たい空気。
藤本は負ける。
IMG_3368
この駒が語りかけてくるところなんかもう涙です。
こんな豪快でガサツっぽい人にも駒の声は聞こえていたんだなって。
無様であろうともギリギリまで指し続ける藤本を誰が止められようか。
そりゃもう「声」が聞こえちゃったらさ。

そして藤本家の家庭の事情が川本家のそれと比較対象になっている構造がこれまた上手いなと唸らされてしまうのでした。

でこのあたりで12巻半分なのですがすっかり打ちひしがれました。
でも夏祭りの準備の話でHPを回復。
(「ちほちゃんのシロップ」のくだりでガリガリ削られるんですけどね。いやでもちほちゃん元気そうでよかった。ほんとうによかった)
(でもその元気と社会復帰するってことはまた別なわけで・・・うわああっってなる)

このあと物語はいよいよ主人公桐山の戦いへ。


【桐山 滑川戦】
滑川は見るからに陰気キャラなんですがこれはもう安心感のある陰気。
むしろ将棋の楽しさが描かれています。
読んでいて将棋をやってみたくなる衝動、これはもう日本将棋連盟も推奨って感じなのではないでしょうか。
ロード・オブ・ザ・リングのサウロンの眼イメージが出てきたときは声を上げてゲラゲラ笑ってしまいました。
そして冷静に自分の気持ちを制御する桐山くんに成長が見えますね。


【夏祭り】
将棋と並行して描かれてきた夏祭りがいよいよ開催。
そこに登場したのはもうすっかり忘れていた島田八段!
そしてあかりさんを挟んでの担任の先生!
これは新たな恋のトライアングルが!?でEND。
これはでも島田八段の流れ?
でもなぜか応援したくなっちゃうのは担任の先生(ごめん、名前覚えてない)
今後の展開に注目です。


【3月のライオン】
IMG_3370

現実は残酷。
人生は無理ゲー。
己は無力。
それでも、それでもだ。
呼吸をして、ごはんを食べて、泣いて笑って生きていかなければ。
ボクらはどこへ向かっているのか知れずとも。

そんなあたりまえのことを噛み締めさせてくれる『3月のライオン』12巻でした。


TVアニメ「3月のライオン」公式サイト
2016年10月8日(土)23:00よりNHK総合テレビにて放送スタート!
土曜夜は3月のライオン!お見逃しなく!



映画「3月のライオン」公式サイト
神木隆之介主演、実写映画は2017年【前編】3月18日 【後編】4月22日 2部作全国ロードショー!




3月のライオン 12 (ヤングアニマルコミックス)
羽海野チカ
白泉社 (2016-09-29)
売り上げランキング: 2


3月のライオン コミック 1-11巻セット (ジェッツコミックス)
羽海野チカ
白泉社
売り上げランキング: 662




このエントリーをはてなブックマークに追加

『シン・ゴジラ』4回目を見てきました。
大ヒット御礼特典で名台詞ステッカーが配布されるということだったので走っていきました。

結果としてはちゃんともらえました。
やったー!
IMG_20160915_132842

入場時には配布されておらず
「え?ステッカーもらえないの?なんのために来たのかわからないじゃないか!!→いやまずは俺が落ち着け」

・・・と思ったより想定外の慌て方をしてましたが退場時に配布でした。
よかった!
(配布状況、配布方法については各劇場にお問い合わせください)

今回見たのは109シネマズ二子玉川の2D上映。
そんなに多くない座席数ではありますが平日の昼間なのにほぼ満席。
しかも場内を見渡したところけっこう年齢層が高いです。
世田谷のシニア層をも虜にするシン・ゴジラ、恐るべし!

4回見てあらためて思ったのは、映画としての盛り上がり曲線がとても美しいということ。
最初はほんとうに静かに始まって徐々に明らかになるゴジラ。
発動する作戦!
爆発!
凍結!
その流れがとても気持ちいいです。

あと絶叫上映でもないのに「尾頭さんかわいい!」って叫びそうになりましたがなんとか押しとどめて心のなかで叫ぶに留めておきました。

スタッフロールの最後に「終」って出るところでは音楽の調子も相まってか祭りが終わっちゃうような寂しさすらあるのがこのフィルムのすごいところ。
なので劇場で見られるうちにあと何回かは見ておこうと思います!

シン・ゴジラ音楽集
シン・ゴジラ音楽集
posted with amazlet at 16.09.22
鷺巣詩郎
キングレコード (2016-07-30)
売り上げランキング: 40


ジ・アート・オブ・シン・ゴジラ

グラウンドワークス
売り上げランキング: 43




シン・ゴジラ 無人在来線爆弾Tシャツ A タイプ Lサイズ
グルーヴガレージ (2016-12-25)
売り上げランキング: 16,124

このエントリーをはてなブックマークに追加

IMG_20160912_084645

公開前からこの映画楽しそうだな!って気になっていた『スーサイド・スクワッド』見てきました!
109シネマズ二子玉川のIMAX 3Dで。
3Dはアクションシーンでの迫力があったのはもちろん、冒頭やスタッフロールで文字が動くのに効果的でした。

主人公たちは「悪人」なのですが何が本当の悪なのか?そういう価値観が見ながら揺らぐのが面白かったです。
あと個性豊かなキャラクター固有のスキルをゲーム感覚(格闘ゲームのストーリーモードを楽しむような?)で楽しむ映画でした。
なので観るときはキャラ萌え感覚で!
みんな悪だからチームワークもへったくれもないですしね!
自分は正統派ヒーローよりもむしろデッドプールとかちょっとイカれたほうが好きなのでこの映画に出てくる連中はかなり好き。
あと『バットマンvsスーパーマン』から続いてる世界なんだけど見て無くても大丈夫だし、この映画を見た後に見ればいいと思います。
自分がそうだったしそうします。

予告編の後はネタバレにご注意。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ