ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

あのひよクレさんのブログがついに登場!
マンガ・アニメ・映画・ゲームの感想がメインです

2017年04月

何線だかよくわからない電車に乗る夢をよくみます。
だいたいが行きたい方向と違ってたり、乗り過ごしたりとかで夢の中で慌てることが多いです。

電車の夢の夢占い - 夢の夢占い

電車の夢を見たら人生の分岐点に差しかかっている

なにかメッセージがあるかもしれない・・・けれど目がさめたら夢の記憶がサーッとなくなっていくんですよね(君の名は現象)



プラレール 新幹線変形ロボ シンカリオン E7かがやき
タカラトミー (2015-09-17)
売り上げランキング: 1,482

このエントリーをはてなブックマークに追加

日本テレビの映画番組といえば「金曜ロードショー」ですが近年はもっぱら公開直前の映画とのタイアップ企画が多かったり。
それとは別に独自のセレクトで味をだしているのが「映画天国」。
月曜深夜(2時ごろ〜4時ごろまで)にけっこういい映画を放送しています。
みおわったら「Oha!4」がはじまってすっかり朝、しまった!・・・という方も多いのではないでしょうか。

先日放送したのはメル・ギブソン主演『ハート・オブ・ウーマン』
序盤見逃した部分があったけどとてもおもしろかったです。

メル・ギブソンがひょんなことから女性の心の声が聞こえるようになっちゃうっていうサトリ系作品。
仕事、恋愛、親子関係に変化が生まれる様子に見入ってしまいました。
男と女の間には、海よりも広くて深い川があるってことですね。

メル・ギブソンといえば『マッドマックス』とか『リーサル・ウェポン』シリーズでおなじみですが、こういう人を殺さないドラマチックな作品もよく似合う。

今回は字幕だったので今度吹替でちゃんと見てみようかなと思います。


映画天国

金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ


ハート・オブ・ウーマン [Blu-ray]
ギャガ (2016-02-02)
売り上げランキング: 2,649


このエントリーをはてなブックマークに追加

banio

映画は爆発が命だと思っていますが、このみるからに爆発しかないビジュアルに惹かれて見ました。
『バーニングオーシャン』
原題は『Deepwater Horizon』、これを『バーニングオーシャン』としたのは好き。
なんかこう『バーニングオーシャン!!』って小山力也の声で言いたくなりません?

映画としてはなかなかエキサイティング、実話系作品としてはいろいろ考えるところもある。
見終わった後そんな感じで劇場を後にしました。

水圧で飛び散る排水管のボルト、散弾のように襲いくるガラス片など細かいところがよく見える劇場での鑑賞がオススメです!

予告編の後はネタバレにご注意。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加



弐尉 マルコ『ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!』待望の8巻です!
表紙で一番目立っているのはボコ!!

ますます加速する女の子同士の少々行き過ぎた友情ですがガルパンの世界からはけっしてはみ出していない・・・少々はみ出しているかもしれないけれどけっしてタガが外れてはいない・・・いやタガは外れているかもしれないけれどギリで収まっているその世界観に脱帽です。

IMG_3446
毎度のことなのですが黒ベタの死んだような眼の使い方が秀逸だと思います。好き。


IMG_3447
そして今回はなんと「最終章」の設定を先行投入。
新世代の大洗生徒会の姿が描かれます。
最終章への期待も高まりますね。


今回読んでみて改めて思ったのはこれだけ多くのキャラがいるのにそれぞれがちゃんとキャラが立っていること。
ガルパン本編でそれだけ各々しっかり描かれているということと、それをじっくりコトコト煮込んだ弐尉 マルコ先生の腕前が素晴らしいということに尽きます。
『ガールズ&パンツァー もっとらぶらぶ作戦です!』もちろん次巻も楽しみです。




このエントリーをはてなブックマークに追加

私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS)
安田 剛助
新潮社 (2016-12-09)
売り上げランキング: 26,004


映画鑑賞マンガというものもいくつかあるけれど、安田剛助『私と彼女のお泊り映画』1巻です。

このマンガを買おうと思った理由。
IMG_3444
1話で扱われる映画が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だったからです。
女の子ふたりがアレを見てどう思うのかそりゃあ気になってしまうのは必然。
実際とても楽しく読ませてもらいました。
その他にも見たことあるのや見たことない映画のラインナップでなかなかに刺激的。
「あれ見てみようかな」っていうきっかけになるのがいいですね。

IMG_3445

各話の基本的な流れは・・・
・家で借りてきたDVDをふたりで見る。
・感想を言い合う。
・ふたりそれぞれの寸評コーナー。
・・・といった感じ。
映画を見ている最中の描写はほとんどなくて「で、どうだった?」っていう感じで見た直後の描写に入るのが気持ちいいです。
寸評コーナーはふたりそれぞれ対照的なレビューになっていて映画の楽しみ方ってひとそれぞれなんだなと再認識。
完璧な映画なんてめったにないのでいいところとイマイチなところを感じることができればいいとも思うし。

新しい映画の見方を開発するのにいいマンガだと思います。


マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-04-20)
売り上げランキング: 694


↑このページのトップヘ