衝撃の1作目から5年。
しかしKAIJUとの戦いは終わってはいなかった!

というわけでシリーズ2作目となる『パシフィック・リム:アップライジング』公開二日目に見てきました。
IMG_20180414_105511

今回は日本語吹き替えで見たのですが字幕を読まなくてすむぶんアクションを見逃すことなく楽しめました。
吹き替えのキャストもとてもよかったです。
特にほぼ出ずっぱりの主人公ジェイクの声を中村悠一が。
これがめっぽうかっこよかったです。
ジェイクを演じるジョン・ボイエガに至ってはスターウォーズよりもじっくり長時間拝見できてしまいます。
主人公の気持ち(戦う覚悟)の移り変わりの演技が見事でした。

製作の背景だとかそういうことは置いておいて、シンプルに楽しむことが肝要。
巨大なロボットとKAIJU、そして闘う人たちがいる。
それを観客は思い思いに楽しみ、何かを感じる。
怪獣映画の魅力ってそういうところにあるのかもしれません。

米英仏3カ国がシリア攻撃を開始 首都では爆発の情報 - ライブドアニュース
映画を見る直前に世界を駆け巡ったシリア攻撃のニュース。
人間同士の争いはいつまで続くのだろうか。
それはもはや生存や進化のための戦いではないのでは?
もしもKAIJUが襲来したら人類は一致団結して戦うのだろうか?
・・・とかいろいろ考えてしまいました。


予告編の後はネタバレにご注意を!
っていうかこの予告も「見えすぎ」なので今すぐ映画館に直行したほうがよろしいです。
1作目を見ておくという予習は必要です。







続きを読む