ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

2018年10月

ホラー映画って怖いからあんまり見ないし、ましてや映画館でなんて怖すぎて。
なんて思ってましたが、映画館で『死霊館のシスター』のフライヤーを見かけたときこれは見ねばという直感が。
そしてテレビ東京の深夜映画枠サタシネで公開月に死霊館シリーズを連続放送しちゃうという囲い込み。
すっかり死霊館の虜となってしまったのでした。

ホラー映画といえば怖いだけという認識だったけどこの死霊館シリーズは退魔バトルモノ。
見方がわかってしまえば怖さを乗り越えて見ることができます。
それでも物陰からヌッと出てくるとか振り返ったらいた!とかはビクビクしながら見ましたけど。
カメラワークとか仕掛けるタイミングで怖さを演出するのがとても巧いんですよね。

さて、『死霊館のシスター』は死霊館シリーズの「元凶」がなぜ?どうやって?というお話。
いったいどういうことなんでしょうねえ?
気になりますねえ。

というわけで予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

現役プロレスラー棚橋弘至主演のプロレス映画、
『パパはわるものチャンピオン』です。
残念なことにちょっと上映館が少ないんですけど見なきゃいけない使命感にかられて見に行きました。

とても繊細な、あたたかく、そしてプロレスは熱い映画でした。
プロレスファンはもちろんそうじゃないかたもぜひ。

予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編』
TVシリーズ+OVAを映画サイズに再編集。



ガルパンは散々見たので今さら新鮮な感動はあるのだろうか?
そんなふうに思っていた時もありましたが今回見に行ったのは4DX。
これがどういうことになるかというと全編の2/3以上が戦闘シーン。
数分間隔で戦闘シーンが4DXで襲ってくるという恐ろしい映像作品となっていました。
合間に入るキャラナレーションでのあらすじ紹介が休憩ポイント。
ガルパンは本当に4DXとの親和性が良好です。
各種仕掛けによる臨場感と耳をかすめるような砲撃の音は身体に直接響きます。
まるで戦車に乗っているようなライド感もたまりません。

特に凄まじかったのはアンツィオ戦。
荒れたバンピーな路面で繰り広げられる戦車戦はシートの揺れもマキシマム。
ふと前の席の人をみると宙を舞っているではありませんか。
自分もシートから脱落しそうになるのを必死に堪えていました。
ふんばっていたので脚がとても疲れました。
あとマウスの砲撃で死ぬかと思いました。

そして総集編で改めて痛感したのは西住みほの異能生存体性。
もはや西住流のダークサイドと言ってもよいのではないでしょうか。
TVシリーズは無事に廃校を免れてハッピーエンドでしたが、本作を見終えた後は『劇場版』でその続きを改めて確認したくなったのはいうまでもありません。

ガルパンは最終章が現在進行中。
次の第2話も楽しみですね。

ガールズ&パンツァー 第63回戦車道全国高校生大会 総集編 [Blu-ray]
バンダイナムコアーツ (2018-02-23)
売り上げランキング: 1,477


ガールズ&パンツァー 劇場版 (特装限定版) [Blu-ray]
バンダイビジュアル (2016-05-27)
売り上げランキング: 646



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ