ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

2022年07月

梅雨があっという間に明けて異常な暑さが襲ってきた6月でしたが皆様いかがお過ごしでしょうか。
まだまだ暑いよ!!
というわけで6月は7本です。
自分にしてはがんばってあちこち行っていろいろみたほうです。


『機動戦士ガンダム ククルス・ドアンの島』
あのククルス・ドアンの島が映画になるだなんて誰が予想できただろうか?
しかし現実に映画になってしまったすごい。昔の自分に教えてあげたい。
まあ元が元だけにそんなに派手になるものではないんだけどうまく膨らませたもんだと思いました。
アムロのガンダムとドアンのザクの活躍っぷりはホラー映画っぽいんだけどどうせならもっとホラーにしてもよかったんじゃないかと思うくらい。
最新アニメ技術でのファーストを観られてよかった。


『トップガン マーヴェリック』4DXScreen・吹替
前回観たのがIMAX字幕だったので2回目は4DXScreen吹替で。
4DXで座席が揺れる+ScreenXで左右の壁面にもスクリーンが。
これがトップガン専用施設かというくらい相性が抜群。
戦闘機の動きに合わせてガクガク揺れる座席!アフターバーナーで後頭部に吹き付けられる熱風!視界全部に広がる大空!
お値段はちょっとするけど存分に楽しみました。
大満足。
cv中村悠一のハングマンが小憎たらしいかっこいいですき。


『クリーチャーデザイナーズ ハリウッド ハリウッド特殊効果の魔術師たち』
新宿シネマカリテにて。
映画の特殊効果に興味があったので観ました。

往年の名作に登場するクリーチャーを手掛けた神クリエイターたちへのインタビューで進行。
特殊効果の歴史を追いながらいろいろ知ることができます。
今ではCGでなんでもできるし失われていく技術もあるけれど創造の魂っていうのは変わることはないとか。


『庵野秀明セレクション ウルトラマン 4K特別上映』
『シン・ウルトラマン』のあとで初代マンを観たいなあって思っていたのを見透かされたようにやってくれたのでホイホイ観に行きました。
映画館には家族連れも来ていたけれど終わった後に女の子が「おもしろかったー!」って言っていたのが印象的でした。子供がおもしろいって言うウルトラマンさすがですわ。
4K上映は画も音もクリアで古臭さを感じない。もちろん劇中の人物の服装などは昭和なんだけどぜんぜん観ることができた。
上映されたエピソードは以下の4本。

第18話「遊星から来た兄弟」
第26話「怪獣殿下(前篇)」
第28話「人間標本5・6」
第34話「空の贈り物」

全部初見だったけどザラブ星人のマッチポンプ!ゴモラの迫力!ダダが不気味!34話の奇妙なノリ!で楽しめました。
っていうか怪獣殿下の後篇がみたいんだけど。


『ドラゴンボール超 スーパーヒーロー』
悟空とベジータはもう神みたいなものなのでほっといてピッコロやります!という今作。
もちろんピッコロさんかっこよかった。
全編CGアニメなんだけど自然に観ることができるしアクションもバキバキ大迫力の表現をしてる。ちょっとこれはどういうふうに作っているのか製作作業工程が気になった。
物語としてはドクターゲロの孫が加わったことで今後のシリーズ(続くのかな?)にどう影響がでるのか楽しみ。


『炎の少女チャーリー』
昔日曜洋画劇場でしばしばやってた『炎の少女チャーリー』がまさかのリメイク。
で今作ですが世間一般的にはB級映画になってしまうんだろうけど個人的には極上の超能力映画。
ラストシーンにも納得だし彼女=炎の魔女のこれからを妄想するとワクワクのグルグルが止まらない。
(炎の女子高生とか炎のOLとか炎の熟女とか)
Blu-ray欲しい。

パイロキネシスの最終形態は核爆発級らしいですよ。


『メタモルフォーゼの縁側』
芦田愛菜と宮本信子がBLで仲良くなるおはなし。
ここで詳しくは書かないけどガツンといい。めっちゃ尊い。
ぜひなにかの機会に観てください。

予告みるだけで涙出ます。


以上6月でした。
『炎の少女チャーリー』と『メタモルフォーゼの縁側』は立川シネマシティで2本立てしたんだけどまったく違う少女の生き方を一度に感じることができて頭の中が大変でした。
でもその力強い姿に自分も頑張ろうって思えたり。何を頑張るのかは知らんけど。
みなさんは頑張ってることありますか?








このエントリーをはてなブックマークに追加

映画を観ていればたまに「こりゃあおもしろい!」ってのがありますが、5月はなんと観た全部がおもしろかったというミラクルでした。
そんな4本。

『ドクター・ストレンジ マルチバース・オブ・マッドネス』
前回出演のスパイダーマンでは体よく便利に使われたドラえもんみたいな役どころだったけど今作は主役!
マルチバースがあれこれ大変だし、あの魔女は誰だっけ?だったけどおもしろかった。
昨今のMCUの作品世界のとっ散らかりっぷりはちょっと心配だけども。


『シン・ウルトラマン』
『シン・ゴジラ』のあとでどうしても期待が高まってしまうけど、素直にウルトラマンっておもしろいと思えた。
で、初代ウルトラマンって自分は子供の頃に観た気になってたけど実はそんなに観ていないことが判明。図鑑とか雑誌を読んで観た気になってたようです。
以降のシリーズは学校から帰ってテレビをつけるとやってたんだけど贅沢な時代だったんだなあとしみじみ。
まあそんな過去の思い出は置いといて今新しいウルトラマンを楽しめるのは素敵なことですね。
温故知新、私の好きな言葉です。


『劇場版 おいしい給食 卒業』
TV版シーズン1→劇場版1→TV版シーズン2→そして今回の劇場版2です。
同じことをやっているようでシリーズを重ねるたびに確実に熱さと重みをましていくのすばらしいです。
核となるのはなんといっても給食大好き教師 甘利田先生を演じる俳優 市原隼人。
そして今回は「卒業」ということもあってせつないドラマが展開。映画館で涙が止まらなかった。
給食に限らず人生にとって何が大切か?という問い掛けに胸を打たれた。
ごちそうさまでした。
続編…あればあったでまだまだ付き合いますよ!


『トップガン マーヴェリック』
延期に次ぐ延期に次ぐ延期で大変お待たせだったんだけどついにとうとう公開!待ってました!
というわけでIMAXで観たんだけどぶっちぎりの大満足。
本編スタート直後から「うわあああ!!やってくれた!!キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!」と頭を抱えて大歓喜。
そして全編観たいものがパーフェクトに盛り付けられていたのです。
困難なミッションへの挑戦、悲しみを乗り越えていくチカラ、考えるな行動しろ!

本当に大興奮で映画館を後にできて幸せ。
ちなみに6月には4DXで観たけどそちらも最高でした。


以上5月でした。
特にトップガンは映画館で観たからもう家でみる必要はないだろうってくらいの満足。
こういう作品にあと何度か出会えたらいいなあと思いました。






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ