2013年、3回目の記事となります!
いやあ関東は雪が降ってやたら寒くてついでに風邪をひいて寝込んだりしてました。
風邪でダウンしているときは自分が確実に死に向けてカウントダウンしているんだなと実感。
そう我々は長い長いグリーンマイルを歩んでいるのです。

というわけで、CSのムービープラス様で「グリーンマイル」をやってたので見てしまいました。
以前映画館で観たのは2000年のこと。すでに遠い記憶です。

まずは予告編から


もうなんか言うことある?っていうくらいよかったです。
っていうか昔観たときはほんとうに話しの半分も理解していませんでした。
今より映画の見方が浅かったし(今が深いかといえばまだまだです)

現在ご結婚されている方々におかれましては、健康で末永く幸せであってほしいと願います。
この映画みたいに病気が奇跡でスーッとなおったらどれほどいいかと思うのですが。
見ている間そんな希望を切に願いました、ほんとうに。

今なら100%CGで作るネズミですが、この映画では99%がネズミ本人の演技。
とても素晴らしいです、っていうかかわいい。

IMG_1408
押し入れから公開当時に買ったパンフレットを発掘しました。600円。
潔いグリーンな装丁です。

IMG_1409
今回注目してみたのはパーシー役のダグ・ハッチソン。
徹頭徹尾 実に小憎たらしいという見事な演技!!
どの表情も、顔をどの角度から見ても実に憎々しい!!(笑)
もうほんとコイツさえいなければと思うのですが、コイツのおかげで観客は心を揺さぶられます。

IMG_1411
トム・ハンクスの奥さん役、ボニー・ハント。
ああ、こういう人が生涯の伴侶だったらなあと思ってしまうキャラを好演(この映画で好演していない役者なんていないんですけど)

IMG_1410
ブルータス役のデヴィッド・モース。
大きな身体でいつも微笑んでいる、でもちょっとコワイ、っていう感じがイイ!

吹き替え版でもう一度みてもいいなと思うグリーンマイル、オススメです(つ∀-)


奇跡の死刑囚ジョン・コーフィー役だったマイケル・クラーク・ダンカンが2012年9月3日(満54歳没)にお亡くなりに。
その辺を想いながら見るとまたグッとくるかも。