007シリーズをちゃんとみたのはダニエル・クレイグの3作品(カジノ・ロワイヤル/慰めの報酬/スカイフォール)からだったので、スカイフォールにおける過去作品からのオマージュみたいなのがいまいちわからなかった。
というわけで007シリーズ観ようプロジェクトがここに発動。
今回は「007ゴールデンアイ」

まずは予告編から



劇場公開は1995年。
冷戦が終わって新たな道を進み始めたロシアが舞台になったり、インターネットが普及し始めたころでストーリーの装置として組み込まれていたりします。
電子兵器(ECM)ゴールデンアイで悪巧みするのをボンドが阻止するのですが、ECMであんな派手に機器が爆発するのか?・・・と少々疑問に思いましたが、画的に派手でキマってたのでよしとしましょう!
(ほんとにあんな兵器を使ったら実際どうなるのかは気になりますし、恐ろしいことです)

アクションは次にどうなっちゃうのか手に汗握って楽しめました。
「そんなバカな〜!www」という予想外の展開もあってひとり大笑いする場面も。
中でもロシアの街中でボンドが戦車を乗り回して敵を追跡するシーンは圧巻!
建物を突き崩し、車を轢き潰しながら爆走するボンド的戦車道には大満足です。

このゴールデンアイからボンドの上司「M」が女性(ダニエル・クレイグ版でもおなじみのあの人)になったようですが、ボンドとのやりとりがいきなり完成されてて素晴らしかったです。
あと「Q」も登場で「装備は無傷で返してくれよ」な感じが007的テンプレかとなるほどでした。

ピアース・ブロスナンのジェームズ・ボンドはカッコイイですね。
吹き替えで見たけどボンドは神谷明!
声もかっこよかったです。
007シリーズやっぱり面白いので次は何をみようか考えるのが楽しみです(つ∀-)

ゴールデンアイ [Blu-ray]
ゴールデンアイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-04-03
売り上げランキング : 3042


Amazonで詳しく見る
by G-Tools