ファミリー劇場のキラーコンテンツ、
「緊急検証!時空の歩き方 〜時をかける人類〜」 が放送されました。



「番組自体が時空をさまよっていましたが、半年ぶりに帰ってまいりました」
・・・という冒頭の逸見さんのナレーションでつかみはOK!
スタジオのセットの雰囲気は原点回帰なのか実に安いCSらしい感じに。

オカルト系番組は信ぴょう性と胡散臭さのバランスが大事だと思うのですが、
多くを胡散臭さに振り切った「緊急検証シリーズ」、今回も相変わらずで笑いながら楽しめました。

しかしながら今の時期に「時空」に着目したのは見事です。
番組中でも触れられていましたが「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の未来の設定が2015年。
なんとなく未来を追い越していくような雰囲気もあるからです。

時間と空間は誰もが常に接していながらいまだによくわからないことのほうが多いです。
そこにミステリーと真実があるかもしれません。
あなたは、もしかしたら寝て起きるたびに並行世界を移動しているのかもしれませんよ?
(自分で言っててちょっと怖くなりました)

今回はお馴染みの3名のプレゼンがあったので簡単にまとめと感想を。



【山口敏太郎氏】
「山手線に乗ってると異空間に!?」
な、なんだってー!!
でも電気の流れている環状の装置だったらなにか起こるかも?
山手線に乗るときはパラレルワールドの駅に降りないようにお気をつけ下さい。



【中沢健氏】
「日本各地にタイムトンネルが存在!?」
な、なんだってー!!!
モントークプロジェクトとかフィラデルフィア実験とかお馴染みのキーワードが!
ゲートから怪物が出てくるんじゃなくて、人間の思念が怪物を生み出してしまうっていう話は面白かったです。



【飛鳥昭雄氏】
「地球の中心にアカシックレコードが存在」
な、なんですってー!!
それには瞑想状態でアクセスできるとか。
ひらめきとか虫の知らせといったものはもしかしたらそういうところからキャッチしているのかも。
またカナダのトロント大学では人為的に幽体離脱できるらしいので、
興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか、カナダ。



そして番組を視聴中にお気付きの方もいらっしゃったのでは。
なんと突然中沢健氏が消失!!
IMG_2628

明らかに中沢氏がいないのに番組は何事もなかったかのように進行されています。
いったいどういうことなのだろうか!?
真相はリピート放送でご確認ください。

何が起こるのか予測不能の「ファミリー劇場 緊急検証シリーズ」
次回はどんなお話が飛び出すのか楽しみです。


ファミリー劇場 緊急検証シリーズ 公式サイト


ムー 2015年 06 月号 [雑誌]
ムー 2015年 06 月号 [雑誌]
学研マーケティング 2015-05-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools