IMG_3101

マンガ『恋は雨上がりのように』待望の第4集発売です。
発売日は関東地方、雨上がりどころか初雪やらあられやら降る天気でしたが本屋に走る!
テレビでは芸能人の結婚のニュースをやってたりするけど今恋のバトルフロントはこのマンガにあります。ウィッシュ!

「K S K」
恋は雨上がりのように
小学館から
好評発売中!!


帯には「累計70万部突破!!」
おめでとうございます。
まあこのマンガ、女子高生がオジサンに恋をするということで普通ありえない感じ、あるいはともすればちょっと気持ち悪いという感想を抱いてしまう人もいると思います。
でも4巻ともなればそういう人はふるい落とされていると思うので、ここから先は自己責任でこの世界にノッていける人が積極的に作品に潜っていく段階になったといえましょう。
そうなるとそれを受けて立つ描き手は相応の物を求められますが第4集、はたして!?



【若さゆえのほとばしる熱い情熱が暴走するヒロイン、橘あきら】
3巻の引きが嵐の中店長の部屋に上がり込んで扉がバタリと閉まって終わり。
これはなにも起こらないわけがない!!
というわけで冒頭からクライマックスです。
IMG_3103
3巻の時机に突っ伏す姿がいいと思いましたが1話ほぼまるまる突っ伏して進行!
表情を見せぬまま店長との会話が進みます。
何を考えているのかわからない、自分でもどうしたらいいのかという苦悩が伝わってきます。
んで、雷光をバックに顔を上げるわけですが・・・
IMG_3104
この表情にハッとします。
視点的にも読者が完全に店長の気持ちにシンクロしちゃいますね。
そりゃあもうギュッとハグっちゃいますよ!
後でどうなろうと知るもんか!


ハグられたあきらは後日ひとりで耽けるのであった。
IMG_3105
↑妄想中

IMG_3111
↑賢者モード

以前もありましたがこういうシーンをサラッとギリギリいやらしくない感じ・・・っていうか読者がのぞき見させられているとするとすでにかなりいやらしいんですけどちゃんと描かれているのが見事です。
また今度忘れた頃にこういうの描いて下さい、お願いします。


IMG_3108
今回は父親と会うエピソードが。
歳の離れた男性として父と店長が対比になっている見せ方になってます。
いろいろな要素が対比構造になっているのが単行本でまとめて読むとわかるように描かれているのが面白いですね。
あきらは言う「あたし、もう子供じゃないよ」
でも父親の前のそれはまだまだ子供にしかみえないんですけどね。
店長の前では女であろうとする姿と比べると実に興味深い。


IMG_3107
けっこうベストアンサーネタ好きなんですけど今回も登場。
しかし「自己解決」って大丈夫なのか、あきらちゃん!!
店長との「友達」
喜屋武との「友情」
恋は盲目とはいうけれどそれだけじゃなくてあきらの世界も広がっていくといいなって思いました。
若いんだからさ・・・(あれ?店長目線?)


【ファミレス店長WORKING!!!(仕事シーンは少なめ)】
IMG_3106
とりあえずハグっちゃったけど確実に事態を進行させてしまったことに気付き悶絶。
そりゃそうだ。
一方店長の過去がさらに描かれました。

IMG_3109
「九条ちひろ」っててっきり別れた奥さんだとミスリードしていたのでこのキャラが出てきた時はかなり混乱してしまいました。
男?しかもブラックラグーンに出てきそうな!?
っていうことは店長は♂x♂?アッー!!(゚∀゚)
・・・ということはなく同級生でした。
可能性をあきらめない生き方、それは年齢も関係するけど意志力ってのも重要なんじゃないかなあとか思ったり。


IMG_3110
あきらに友達について語る店長。
自分にも「あの時」を一緒にすごした友達がいるのでなんかもう言葉が心に沁みちゃうしなんだか店長がかっこよく見えてきちゃうしで困ります。
友達とか友情要素が出てきたことで話に奥行きが出たというかここにきて腰を落ち着けて長期戦の構えというものも見えてきました。
読者としては読んでいてドキドキハラハラと心の振れ幅が楽しめるマンガであり続けてほしいところです。
あきらと店長の恋は次の段階へ進んでしまうのか?はてさて!?
次巻ももちろん楽しみです。

☆5巻の感想はこちら


【装丁】
透明感のある表紙はあいかわらず素晴らしいですが、カバーをめくるとこれまたけっこう素敵なんですよね。
IMG_3102
ストライプに雨というシンプルなデザインがかわいい。


掲載誌が月刊から週刊誌での隔週連載となったのでご注意。
自分は単行本派なのですが続きが気になります!





【追記 2017/03/02】
TVアニメ化決定!


『恋は雨上がりのように』関連の記事まとめはこちら


恋は雨上がりのように 4 (ビッグ コミックス)
眉月 じゅん
小学館 (2016-01-12)
売り上げランキング: 42