放送開始前は「幼女が空を飛ぶなんてねえ〜」といった感じで冷ややかだったのですが、回を追うごとにのめり込んでいきました。
『幼女戦記』TVシリーズが先日最終回を迎えました。



ままならぬ運命、戦争の狂気なんかを主人公の幼女ターニャ・デグレチャフが時に愉快痛快に、時に残酷に駆け抜けたのがみどころでした。
人間の歴史はなぜこんなに戦いに血塗られているのだろうか、神というものがいるのならどうしてこんなことを?・・・とかいろいろ考えちゃいました。
強力な魔法があったって戦局が変わるわけでも戦争が終わるわけでもない。

もちろん2期をやってほしいのですが現実のほうが現在進行形で「戦記」しちゃってるのがなんとも皮肉というか・・・
おのれ!存在X!!

シリア アサド政権の軍事施設に 米軍が巡航ミサイルで攻撃 | NHKニュース


幼女戦記 1 [Blu-ray]
幼女戦記 1 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.04.07
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-04-26)
売り上げランキング: 197


幼女戦記 オモテウラバー Wターニャ
グルーヴガレージ (2017-05-25)
売り上げランキング: 20,749