DSC_0833


気がついたら4回観ていました。
『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』
観るたびに理解度が高まり上昇するえもさの深度。
4回目なんか感動のあまり身体が打ち震えて涙を流していました。

これぞ漫画映画のひとつの到達点。
もはや欠点というものが見当たらない。
描かれた絵だとは思えないキャラクターの実在感。
自分の中でかなりの高評価です。べた褒め。

じゃあなぜこんなにもこの『響け!ユーフォニアム』という作品世界に惹かれるのか。
可愛い女の子がたくさん登場するっていうのももちろん魅力だけど、なにより何かに純粋に打ち込むこと、そういうひたむきさにいい大人としてはグッときます。
大人になっちゃうと打算的にとか失敗はしないようにとか加減しちゃったりとかうまくやっちゃうじゃないですか。
そういう割り切りなしにフルスロットルで物事に向き合う。
いや、そんなのもう怖くてできないんですけどっていうね。
それができるのがギリ高校生までなんだろうと思います。
(自分にはそれができていたのだろうかという悔恨も含む)


1回目の時の感想はこちら(2回目と3回目の感想は書いていません)
映画感想『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?


リズの感想はこちらです。
映画感想『リズと青い鳥』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?



【鑑賞特典自慢大会】
上映期間中週替りで鑑賞特典が配布されていたのでどんなだったかご報告。

3週目 ミニコースター
yufo03

先輩たちのマーチング姿かわいい。


4週目 フィルム
film03

葉月が後輩に向ける笑みってかなり尊いんですよね。


5週目 フィルム
DSC_0834

オーディションの結果は・・・。


近所の映画館は5週目で上映終了となってしまったのがさみしい。
やってたらまだまだ観に行ってました。
友人に「お前はなんで同じ映画を何度も観るのかわからない」とよく言われます。


予告編の後はネタバレにご注意を。
2〜4回観て改めて感じたことをちょっとだけ書きます。





【加部ちゃん先輩】
2回目を観てようやくわかる加部ちゃん先輩の異変描写。
顎を気にしていたり、オーディションの説明の時の沈んだ表情、そして久美子に言いよどむところ。
演奏のプレッシャーから開放されてほっとした?
嘘である。
悔しくない訳がない。
そんないろいろな想いを久美子に「念」で送る。
はい、ここ泣くとこ。


【部長 吉川優子】
こんなにがんばってる部長おる?
・マーチングの時の先頭を往く誇らしい表情。
・全国に行けず陰で膝から崩れ落ちる(傍らには夏紀が)
・「私達は素晴らしい演奏をした!」と最後に部長としての義務を果たす。涙は見せない。
ここみっつくらい泣くとこです。


【みっちゃん離反事件】
マーチングの時のみっちゃん逃走事件。
追いかける久美子と奏。
で、このシーンでみっちゃんと奏は建物の影の中に、久美子は日の当たる場所に居るのがえもい。
みっちゃんは久美子のところに来て名前を呼ばせるプレイ。
この時奏はまだ影の中に居る。えもい。


【いつだって頭をよぎるよ!】
「こんなに練習して結果が出なかったらどうしようって!うまくいかなかくて後悔したらどうしようって!」
久美子と奏のこのシーンが最大にえもいんだけど、このあとの演奏シーンも相当にえもいという二段構えの構成。ここからもうずっと泣くところ。
このシーンで夏紀や葉月がひたむきに練習するシーンが挿入されるのがもう泣ける。
彼女たちは自分が「敗者」に近い席にいることは十分承知している。それでも・・・というのが。

夏紀はこれまで「久石ちゃん」と呼んでいたけどここでは「奏!」と強く呼ぶ。
オーディションを受かっても辞退するとまで言い放つ。
なんという暴力的な優しさ。
これにはさすがの久石奏もキャパオーバー!
あーもーなんなのこの先輩!そりゃもう逃げますし!

そして久美子の「上手くなるのにじゃまだからかな」。
将来のことはまだわからない、今できる演奏を全力でやる。
すでに吹奏楽に対する純粋さが極まっている。それは麗奈をも凌駕。
そして奏に掛ける言葉は北宇治高校吹奏楽部としてのもの、部長としての資格を得る。

そんなピュアモンスター久美子を前にまたもや奏は逃走!!
奏の敵を作らないというやり方は悪意なき純粋な存在には通用しない。
がんばることも信じることもあきらめた奏は光を取り戻す。


【リズと青い鳥】
『誓い』のあとに『リズと青い鳥』を改めて観たのですが相互補完がすさまじいし見え方も変わる。
誓いを観てリズを観て、また誓いを観てリズを観て・・・という円環の理に導かれてしまいます。
・リズを観た人へのファンサービス(高確率でフレームに入ってくる鎧塚みぞれにご注目。梨々花もいるよ!)
・『誓い』中のさまざまなリズと青い鳥の形に気付く(かべくみ、れいなくみこ etc)
・本番で音色も表情も実に豊かなみぞれのオーボエ。
・それを完璧に支えてるのぞみのフルート(のぞみのフルートを構えてる姿がなぜかすごくすき)


【スマホ動画シーン】
時折挿入される携帯端末で撮影された動画。
理屈はよくわからないけど絶大な効果。
これがなかったらぜんぜん違った作品になっていたに違いありません。
何箇所かあるけどけっして多用しているわけではなくここぞというところで。
そしてこの一連の演出のすべては最後の「北宇治高校吹奏楽部 部長 大前久美子です」に結実する。
全編に渡って計算され尽くした造りに降参です。
アニメーションというのは造り手がこうしようと思わないとそうならないものですから、作り込まれたものには相当な意志や意図が詰まっているのです。


【そして次の曲が】
もう我慢できずに原作小説の『決意の最終楽章 前編』を読んでます。
これをアニメ化っていうのはもうみんなが思ってることだし、制作側もやるき満々だと思います。
続編楽しみに待っています。







『劇場版 響け! ユーフォニアム~誓いのフィナーレ~』主題歌「Blast!」
TRUE
ランティス (2019-04-17)
売り上げランキング: 425