クリストファー・ノーラン監督最新の話題作
『TENET テネット』観てきました。

『インセプション』『ダークナイト』『インターステラー』『ダンケルク』などでおなじみの監督ですね。

で、率直な感想はそんなに難しくはないけどわかりにくい!
まあたまにはこういうのもいいと思います。
あといろいろと面白い画が観られてよかったです。

今回はIMAXレーザーで鑑賞したのですがやたらと大音量でちょっと耳が痛くなりました。
その分爆発などのシーンが強く印象に残ってこういう作品では効果的だったとも。
ドゥーン!!って感じのBGMも印象的でした。

クリストファー・ノーラン監督はCG使わないで有名なので「この大掛かりな大破シーンもほんとにやっちゃってるのかな?」なんて考えながらみるのも楽しかったです。
メイキング映像とか気になりますね。

以上『TENET テネット』でした。
映画館で観ると大迫力ですよ。


予告編のあとはネタバレにご注意でちょっとだけ。











というわけで以下ネタバレありです。
この映画初見は前情報がないほうが楽しいと思いますのでご注意ください。







【時間が忙しい映画】
まずわからないから始まって、それがどうなるんだろうって気になりながら観てるんだけど、これはわかりにくいよ!で終わる映画だと思いました。
途中でアイディアやテーマややりたいことはわかってくるんだけど観客置いてけぼりじゃない?大丈夫監督?ってなりました。
2回目を観ればもっと理解できるんだろうけど自分はそこまでの意欲は沸かず。また観るには長いし。
でも観なきゃよかったとかお金払って損だったなんてことはなく。
巻き戻る時間の映像はシンプルながら面白かったし、なにより観終わって映画館を出た後の「自分が今見ている時間の流れはどうなっているのだ!?」っていう混乱にも似た感覚体験が面白かったです。
時間についての思考実験が刺激されるのもよかったです。

ただ主人公が悪者に接触する過程がまわりくどい。
なんで絵の話してんの?とか。
いやそれも話のギミックって終わってみればわかるんだけど初鑑賞中はそういうシーンの意味がわからなくてストレスだった。
あと悪者は主人公をさっさと始末しちゃえばいいのにねとか。

最後の方はフルフェイスの戦闘服が何人かでごちゃごちゃやってるので誰が誰だかわかりにくい。
でも戦闘中はヘルメットとらないんだよ!っていう監督の意思を感じた。
(話の都合で顔見せてないだけなんだけど)

話のギミックの都合で見せ方に制限が多くてそれがわかりにくさにつながってしまったのかな?
よくまああの因果関係の数々をつなげて映画にしたものだとも思うけど。
監督の頭の中ではもっとくっきり見えていたのかもしれんけど。

映像を逆再生させるというのはたぶん映画が発明された頃から楽しまれていたと思う。
フィルムを逆に回すだけでなぜか面白い。
いろんな映画でも逆再生をする演出がある、でもそれは大体がプレイバックだったりシーンの説明に用いられる。
でも『TENET』では話そのものに逆再生を使っているし、あろうことか順と逆を同じ画面内で実現している。
クライマックスの大戦シーンでは何がどうなっているのか把握できないけどすごいのは伝わってくる。
そんなめんどくさいことをやってのけたのはすごいと言わざるを得ません。



【時間の順行と逆行】
順行と逆行が入り乱れたらそこには決定された結末しか存在しない。
主人公たちは未来を変えようと行動するけど結局定められた筋書きに従うだけ。
じゃあそこから抜け出すべく主人公がとった行動は・・・というのが最後に描かれるけどはたしてそれで済むのだろうか?その行動も「決定事項」なんじゃないの??
(主人公が特異点的な存在ならば話は別だけど)
という入れ子状の仕掛けが興味深い。
自分が普段生活していても「これは起こることが決まっていたんだな」とか「情報が開示されたんだな」って頭をよぎることがある。
自分の意思で行動しているつもりでもそれは未来からの指示なのかもしれない。
そんなことを考えてしまう衝動がこの映画の真のテーマなのかも。

あと未来人が過去に干渉してくるとはなんて迷惑な!って思ったけど現在を生きている我々は未来を作っているわけで。
未来の人に「過去のお前たちがそんなことをしたから!!」って言われないようにしたいですね。


【TENET】
なんだかんだでわからんなりに楽しんでしまったテネットですが、もっぱら注目していたのはキャサリン役のエリザベス・デビッキ。
この人他に何に出演してるのかなって調べたらガーディアンズ・オブ・ギャラクシーVOL.2のあの全身金色星人の女王じゃないですか。おったまげました。
tenet

今作では子持ちという設定とは思えないスラッとしたスタイル(身長191cm)が美しい。
いろんな衣装を披露してくれるのはもちろん水着姿まで。
なるほどこりゃ主人公も悪者も夢中になるわけだ。
っていうかこのキャラはサークルクラッシャーの女かもしれない。
本当に時間を支配しているのはもしかしたら・・・。

というわけで『TENET テネット』でした。
見た直後は「う〜ん・・・」って感じだったし終映直後の劇場内客席の雰囲気も重苦しい感じだったけどこうやって感想を書いているうちになんだか楽しくなってきました。
おわり。