ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

カテゴリ: アニメ

PICNIC_20200711_171223902


時に西暦2020年。
世界は新型コロナウィルスの脅威に瀕していた。

というわけで映画館は新作公開もままならずリバイバルでやりくりしているのですがこれはこれでラインナップが熱かったりします。
そんな中TOHOシネマズ池袋では京都アニメーション特集をやってくれました。
ならば観に行かなくては!と行ってきました。
自分は『リズと青い鳥』と『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』の二本立てです。

この組み合わせは2019年9月に新宿で観た以来。
映画感想『リズと青い鳥』+『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』(EJアニメシアター新宿にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
なので今回でリズは8回目、誓い〜は6回目となります(共に10ヶ月ぶり)。

いやもう何度目なんだっていう話なのですが、この作品はやはり特別。
儀式っていうか巡礼っていうかそんな感じなのです。

そしてTOHOシネマズ池袋ですが新しくできた映画館だけあってスクリーンも大きくて音も素晴らしかったです。
今回はスクリーン6でしたがリズ鑑賞では「まだこんな聴いたことのない音が!」っていう発見と包まれるようなサラウンドが感動でした。
音そのものが作品でもあるリズ+誓いにおいて極上の鑑賞体験でした。
“極上のサウンドシアター” TOHOシネマズ 池袋 2020年7月3日(金)グランドオープン! || TOHOシネマズ


京都アニメーションの作品は高校生を描いたものが多い。
・涼宮ハルヒの憂鬱
・けいおん!
・境界の彼方
・たまこまーけっと
・中二病でも恋がしたい
などなど。
それはなぜかというと大人になる直前の刹那さの時間をフィルムに定着させることの意義だと思う。
迫られる進路の選択、急に早く進み始める時間、だんだん守ってもらえなくなる突き放される感覚。
十数年生きてきて目指すものも成長度合いもバラつきのある人間が共に過ごさなければならない不安と不安定さ。
友人や恋人との出会い。
そしてそれを大人になってから振り返るとあまりにも一瞬であったことを思い知らされる。
いいこともそうじゃないことも確かに自分のものではあったのだけど記憶の中では断片でしかない。
でも京アニのアニメを観ていると自分は高校生という時間を生きていたことを確認できる。
それは緻密に描かれた校舎だったり、クラスメイトとの何気ない挨拶の風景だったりが感覚として思い出させてくれる。

響け!ユーフォニアムシリーズでは吹奏楽部という大人数大所帯での人間関係を描くことに挑戦した。
これをアニメーションとして作り上げるのはとても大変な作業だ。
個々の部員を描き分けること、複雑な人間関係を話に織り込むこと。
楽器の描写、演奏シーンの構築、それを限られた製作スケジュールでどこまでやるのか?

『誓いのフィナーレ』でのクライマックスの合奏シーン。
劇中の登場人物たちが全てをかけて挑むシーンなのだが、ほんとうに見事にやりきってくれた。
そしてそれは京都アニメーションを始めとする制作スタッフの「アニメーションでの合奏」でもあった。
「ここまでやる?」を「やる!」という行為そのものが観るものへのメッセージとなる。


熱い拳を胸の奥に叩き込まれた感覚を噛み締めながら劇場を後にした。


2020年7月
響け!ユーフォニアム アニメ続編への期待をこめて









予告編のあとはネタバレもありでちょっとだけ。
過去の感想と重複もあるだろうけど気にしない。








続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

祝!『天気の子』円盤発売!

du0rud

自分は特典とかはそんなにでもないので最もシンプルなブルーレイのスタンダード・エディションを選択。
『へんたつ』のブルーレイもいっしょに届いて嬉しさ倍増でした。


-1mhysq

封入特典の線画クリアシールがかわいい。


劇場で公開されたのは2019年7月19日。
それから台風がすごかったりでこの作品の予見性とシンクロニシティに驚嘆したのですが、現在新型コロナウィルスにより地球上全世界の形が決定的に変わってしまってまたまたびっくりです。
とはいえ変わってしまったなんていっても今生きている子供たちにとっては変わったも何もそんなのわからないよって言われてしまうかもしれない。
そういった視点も考えさせられる映画です。

劇場で見た時の体験は素敵だったけど家で見ても美麗なビジュアルには目を奪われます。
さまざまな雨のシーンでは雨の匂いが鼻の奥に湧いてくるんですよね。
これからも時々観ていこうと思います。


【過去の感想】
映画感想『天気の子』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画感想『天気の子』(劇場にて 3回目) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?










このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急事態宣言が発令中で不要不急の外出を控える日々が続いておりますが皆様お加減いかがですか?
宣言はいちおう5月6日までという区切りがありますが解除の見通しはままならず、各種営業再開とはならないのではないかという雰囲気も漂っています。
生活が切迫逼迫困窮のデスゾーンへ突入か!?
ゴールデンウィークだってのにどこにも行くな!なんて今までなかったしなんとも不思議な話ですよね。
でもおとなしく家の中を楽しみましょう。


いつも楽しみにしているアニメ業界への影響もますます大きくなってついにニチアサアニメが放送延期に。
プリキュア、プリチャン、ミュークルドリーミーは毎週楽しみにしていただけに残念です。
本来語られるはずだったエピソードがカットされるかもしれないし。
でも続き楽しみに待っています。
どれも女児向けアニメと思って侮るなかれのおもしろさですよ!









2000年直前のころは終末論に若干傾倒していたこともあって「世界なんか終わってしまえばいいんだ」なんて思ってたけど世界は終わらなかった。
でも今になってまるで世界の終わりのような。
人類が終わるまでもいかなくても今までの世界の形は終わりを迎えてしまった。
ここからの1年間の不確定で予測不能な未体験ゾーンに突入です。








このエントリーをはてなブックマークに追加

そうなるとは思ってましたが『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開延期に。





はたして無事に公開される平和な状況に戻れるのか。
公開されるまで生きていられるのか。
サードインパクトに匹敵するレベルで現在世界が変容しています。


またTVアニメも放送延期が出てきています。
今期はおもしろい作品が多くて楽しみだったのですが、『富豪刑事』と『放課後ていぼう日誌』の延期が特に残念です。






テレビをつければあたりまえのようにアニメが放送されていた日常がありがたかったということですね。
アニメを作ってるみなさんの無事と健康を願うばかりです。


緊急事態宣言は現在全国的に発令中です。
とりあえず5月6日までってなってますがとてもそれまでに終息するとは思えません。
・緊急事態宣言解除で各種業務再開→感染ブーム再燃
・緊急事態宣言続行→経済活動の崩壊が加速
あれ?詰みじゃね?


失われた日常、始まりつつある医療崩壊、寸断される人々。
そして始まる人類補完計画。
静止する世界で少年が見たものは?
さ〜てこの次もサービスサービスぅ






このエントリーをはてなブックマークに追加

装甲騎兵ボトムズといえば1980年代のTVアニメ。
むせるようなミリタリー描写とハードな世界観が魅力でした。

そのボトムズの前日譚に当たるのがOVAペールゼン・ファイルズ。
そのペールゼン・ファイルズが劇場版として公開されたのが2009年。
そしてそのペールゼン・ファイルズが4DXとして2020年に公開!
そりゃあもう観に行くしかないでしょ!というわけで観てきました。
池袋グランドシネマサンシャインにて一週間限定上映です。

劇場ロビーで「装甲騎兵ボトムズ ペールゼン・ファイルズ 劇場版 4DXの入場を開始します」っていうアナウンスを令和という世に聞くえもさ。


以前OVAシリーズを観たことはあるのですが劇場版は初めて。
そしていい感じに内容を忘れているので新鮮に観ることができました。
そしてなんといっても4DXによるかつてないボトムズ体験!
以下4DX各機能についてざっと感想を。
※文中の「AT(エーティー)」は本作に登場するロボット「アーマード・トルーパー」。

【振動】
座面や背もたれ部に仕込まれている「叩き」機構。
まずいきなり冒頭のペールゼン閣下が歩を進めるたびにドシンドシンでアガる!

【揺れ】
ATがチュイーンと走行するのに合わせて上下左右にシートが揺れてライド感が味わえます。
もはやアトラクション。

【水】
時々ミストが降り注ぎます。
メガネが濡れてちょっと嫌。

【フラッシュ】
スクリーン左右の壁面が射撃や爆発に合わせてビガビガ光ります。

【エア噴射】
ヘッドレスト部耳の後ろあたりに仕込まれたエア噴射口からATの射撃などに合わせてプシュっと!
射撃シーンの多い本作ではもうプシュプシュしまくりで戦場に放り込まれたかのような!

【熱風】
背もたれの首の後あたりに仕込まれた熱風噴射装置。
これがまずどこで炸裂するかというと序盤の上陸作戦中に大破したATから漏れ出したポリマーリンゲル液が発火した時!
「うおっ熱っ!」ってびっくりしました。
以降爆発シーンとかでもしばしば熱風が。
けっこう熱い。

こんなのが2時間くらい続く。むせる。


【ペールゼン・ファイルズ】
最初はペールゼンの回顧録だと思ってみてたんだけど事態は現在進行形。
そしてすべてはペールゼンの描いた絵だったという畏怖。
これにはロッチナも華麗に寝返りを打たざるを得ない。

異能生存体という設定も大変興味深いんだけど、現実世界に照らし合わせれば今こうして生きてる自分も生存確率けっこう高い。
過去階段から転落しかけたりトラックに轢かれかけたりもしたけど今こうして生きている不思議。
まあそのうち死ぬんだけど今はなにかに生かされているのかな?なんて思ったりします。
劇場に映画を観に来ていたボトムズ野郎のみなさんもそれぞれピンチがあっただろうけど生きて映画館に来ていたわけで。
生きていることを考えさせられる作品だと思います。

エンドロールで流れる曲はTVアニメオープニング「炎のさだめ」(ご丁寧に曲に合わせて背もたれの「モミ玉」がビートを刻んでくれる)
続いてエンディングの「いつも あなたが」インストバージョンが流れて締め。

友人と「ボトムズ、やっぱりいいね!」と劇場を後にしました。



まあ言うまでもないのですが銀河万丈の予告ナレーション最高ですよね。

ロッチナとは (ロッチナとは) [単語記事] - ニコニコ大百科
キリコヲタ、ロッチナ。








このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ