ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

カテゴリ: 映画

PICNIC_20200711_171223902


時に西暦2020年。
世界は新型コロナウィルスの脅威に瀕していた。

というわけで映画館は新作公開もままならずリバイバルでやりくりしているのですがこれはこれでラインナップが熱かったりします。
そんな中TOHOシネマズ池袋では京都アニメーション特集をやってくれました。
ならば観に行かなくては!と行ってきました。
自分は『リズと青い鳥』と『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』の二本立てです。

この組み合わせは2019年9月に新宿で観た以来。
映画感想『リズと青い鳥』+『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』(EJアニメシアター新宿にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
なので今回でリズは8回目、誓い〜は6回目となります(共に10ヶ月ぶり)。

いやもう何度目なんだっていう話なのですが、この作品はやはり特別。
儀式っていうか巡礼っていうかそんな感じなのです。

そしてTOHOシネマズ池袋ですが新しくできた映画館だけあってスクリーンも大きくて音も素晴らしかったです。
今回はスクリーン6でしたがリズ鑑賞では「まだこんな聴いたことのない音が!」っていう発見と包まれるようなサラウンドが感動でした。
音そのものが作品でもあるリズ+誓いにおいて極上の鑑賞体験でした。
“極上のサウンドシアター” TOHOシネマズ 池袋 2020年7月3日(金)グランドオープン! || TOHOシネマズ


京都アニメーションの作品は高校生を描いたものが多い。
・涼宮ハルヒの憂鬱
・けいおん!
・境界の彼方
・たまこまーけっと
・中二病でも恋がしたい
などなど。
それはなぜかというと大人になる直前の刹那さの時間をフィルムに定着させることの意義だと思う。
迫られる進路の選択、急に早く進み始める時間、だんだん守ってもらえなくなる突き放される感覚。
十数年生きてきて目指すものも成長度合いもバラつきのある人間が共に過ごさなければならない不安と不安定さ。
友人や恋人との出会い。
そしてそれを大人になってから振り返るとあまりにも一瞬であったことを思い知らされる。
いいこともそうじゃないことも確かに自分のものではあったのだけど記憶の中では断片でしかない。
でも京アニのアニメを観ていると自分は高校生という時間を生きていたことを確認できる。
それは緻密に描かれた校舎だったり、クラスメイトとの何気ない挨拶の風景だったりが感覚として思い出させてくれる。

響け!ユーフォニアムシリーズでは吹奏楽部という大人数大所帯での人間関係を描くことに挑戦した。
これをアニメーションとして作り上げるのはとても大変な作業だ。
個々の部員を描き分けること、複雑な人間関係を話に織り込むこと。
楽器の描写、演奏シーンの構築、それを限られた製作スケジュールでどこまでやるのか?

『誓いのフィナーレ』でのクライマックスの合奏シーン。
劇中の登場人物たちが全てをかけて挑むシーンなのだが、ほんとうに見事にやりきってくれた。
そしてそれは京都アニメーションを始めとする制作スタッフの「アニメーションでの合奏」でもあった。
「ここまでやる?」を「やる!」という行為そのものが観るものへのメッセージとなる。


熱い拳を胸の奥に叩き込まれた感覚を噛み締めながら劇場を後にした。


2020年7月
響け!ユーフォニアム アニメ続編への期待をこめて









予告編のあとはネタバレもありでちょっとだけ。
過去の感想と重複もあるだろうけど気にしない。








続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_1727


シリーズ4作目の『最後の戦場』から十数年、シリーズ5作目となる『ランボー ラスト・ブラッド』がいよいよ日本公開となりました!
アメリカでの公開以降日本でやるのかどうかしばらく音沙汰がなくてやきもきしましたが配給のGAGAさんがやってくれました!ありがとうGAGAさん!!

ギャガ株式会社(GAGA Corporation)

ここはぜひ日本で大ヒットしてスタローン先生に「日本では大ウケでしたよ!」っていうニュースをお伝えしたいのでみなさん映画館で観ましょう!

というわけでさっそく観てきたのですが「さらばランボー」のキャッチコピーにふさわしい壮絶な味わいでした。
(『最後の戦場』の時も「さらばランボー」ってコピーだったような気もするけど)

いろいろな見方ができる映画だと思うのですが、ことジョン・ランボーというキャラクターへの思い入れでだいぶ評価が変動する作品だと思います。
自分は今作を観てジョンへの思い入れが一層深まりました。


予告編のあとはネタバレにご注意!





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

わーい!ゾンビ映画です!

というわけでこれは観なくちゃ!って劇場に突撃してきました。
『デッド・ドント・ダイ』

何と言っても見るからに素敵なキャスティング。
『ゾンビランド』で存在感ありすぎたビル・マーレイ。
『スターウォーズ』のカイロ・レンでおなじみのアダム・ドライバー。
『コンスタンティン』で天使やってたティルダ・スウィントン。
その他も知ってる人にはうれしい俳優が続々と、らしいです。
おっと『リーサル・ウェポン』でおなじみのダニー・クローヴァーも。

ざっくり感想だけ言うと、自分は大好きだったし超楽しめました。
もし結婚するならこの映画を一緒に見てゲラゲラ笑える人とっていう程度に。


予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

新型コロナウィルスによる緊急事態宣言(第1弾)解除後の初映画はこれでした。

『サーホー』

『バーフバリ』の流れをくむインド映画。
上映時間2時間50分はちょっと長いけどサービス満点の一時でした。
インド映画特有の歌って踊るシーンももちろんあり、アクションもすごかったです。


予告編のあとはネタバレにご注意。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

祝!『天気の子』円盤発売!

du0rud

自分は特典とかはそんなにでもないので最もシンプルなブルーレイのスタンダード・エディションを選択。
『へんたつ』のブルーレイもいっしょに届いて嬉しさ倍増でした。


-1mhysq

封入特典の線画クリアシールがかわいい。


劇場で公開されたのは2019年7月19日。
それから台風がすごかったりでこの作品の予見性とシンクロニシティに驚嘆したのですが、現在新型コロナウィルスにより地球上全世界の形が決定的に変わってしまってまたまたびっくりです。
とはいえ変わってしまったなんていっても今生きている子供たちにとっては変わったも何もそんなのわからないよって言われてしまうかもしれない。
そういった視点も考えさせられる映画です。

劇場で見た時の体験は素敵だったけど家で見ても美麗なビジュアルには目を奪われます。
さまざまな雨のシーンでは雨の匂いが鼻の奥に湧いてくるんですよね。
これからも時々観ていこうと思います。


【過去の感想】
映画感想『天気の子』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画感想『天気の子』(劇場にて 3回目) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?










このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ