ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

カテゴリ: 映画

DSC_0049





鬼滅の刃はTVアニメを1話しか観ていないから映画はもちろん観ることないだろうと静観を決め込んでいたのですがこの勢いはすごい。
「なんか人気らしいよね」
「子供世代には新鮮な面白さと感じるんだろうね」
「自分はもうそういう世代じゃないから」
・・・と、この現象を傍観することもできるのですがいいのかそれで?
いま映画館で何が起こっているのか、その最前線をこの目で確かめるべきでは!?
そう思った直後、2時間後に上映の回を予約しました。




というわけで公開4日目となる10月19日に観てきました。
平日月曜日、雨の夕方からの回でしたが満員!
自分は最後列で観たのですが客席を見渡すとまず親子連れ(男の子も女の子も)がとても多い。
あと高校生、大人の女性も多い。
ひとりで来てるのは自分含めてとても少ない・・・。
109シネマズはコロナ対策で座席間隔空けだったのですが公開直後は鬼滅シフトで全席開放。
ひさびさに客席がびっしりと埋まった映画館となったのですが、ざわざわした活気と場を支配する映画に寄せる期待感にアテられてにわかの自分もワクワクしてしまいました。

んでまあざっくり感想ですが、とてもよかった!
終盤のクライマックスでは握りしめた拳に力が入りっぱなしだったし、涙でマスクがぐちょ濡れですよ。
鬼滅の刃の基本設定をちょっと知っていればいきなりこの劇場版でも十分イケると思います。
煉獄さんを大画面で観られてほんとうによかった。

好き嫌いで線を引くのはもちろん自由ですが、引力のあるものには飛び込んでみるっていうのもいいんじゃないでしょうか。
それは自身のアンテナとか感性の問題ですが年をとっても研ぎ澄ましていきたいものです。

ちなみに今作はPG-12(小学生以下の方が視聴する際、保護者の助言・指導が必要となります)
しかし子供も観るからといって表現から逃げない制作ufotable、お見事です。
作画やアニメーションで気になるようなところはほとんどなくて全力で物語に没頭できる、これすごいことです。
精細な背景は鑑賞中直接意識しないのですが大画面で観ることによりその効果を最大限に発揮。
アニメながらその世界を肌で感じられるリアルさを醸し出します。
画面内を大きく動くアクションシーンは言うに及ばず。
これはぜひ劇場で。



さて予告編のあとはネタバレにご注意を。




















続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

クリストファー・ノーラン監督最新の話題作
『TENET テネット』観てきました。

『インセプション』『ダークナイト』『インターステラー』『ダンケルク』などでおなじみの監督ですね。

で、率直な感想はそんなに難しくはないけどわかりにくい!
まあたまにはこういうのもいいと思います。
あといろいろと面白い画が観られてよかったです。

今回はIMAXレーザーで鑑賞したのですがやたらと大音量でちょっと耳が痛くなりました。
その分爆発などのシーンが強く印象に残ってこういう作品では効果的だったとも。
ドゥーン!!って感じのBGMも印象的でした。

クリストファー・ノーラン監督はCG使わないで有名なので「この大掛かりな大破シーンもほんとにやっちゃってるのかな?」なんて考えながらみるのも楽しかったです。
メイキング映像とか気になりますね。

以上『TENET テネット』でした。
映画館で観ると大迫力ですよ。


予告編のあとはネタバレにご注意でちょっとだけ。











続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

ドラえもん50周年記念作品『映画ドラえもん のび太の新恐竜』観てきました。
客席はもちろんほとんど親子連れ。
みんな楽しそうに観ていていい雰囲気でした。
自分も楽しかったです。

自分は『のび太の恐竜』原理主義者なので今回下手なものを出されたらプンスコ怒りながら帰るつもりだったのですが普通によくてゴキゲンでした。
新恐竜は以前のものとはストーリーもテーマもまるで違っていてなかなか考えさせられました。
それでいてオリジナルへのリスペクトもあってよかったです。
なにより大スクリーンを恐竜がいろいろと登場するだけで見応えがあります。
生物・進化学的な考証も興味深かったです。

この日はリバイバルしてた『インターステラー』も観たのですがあっちは劇中「相対性理論がね!」って何度も説明しているのに対して、ドラえもんではタイムマシンでひとっ飛びというそれがもう当たり前になってるの改めてすごいと思いました。
ドラえもんによりほとんどの日本人にインストールされてしまっているタイムマシンという概念。
SF作品としてのドラえもんの強さを再確認しました。
いろいろ登場するひみつ道具も使い方を工夫するという考え方が生活にも役立ちますね。
そういうのをひっくるめて今あらためて言わせてもらうなら、
ありがとう、藤子不二雄先生(F先生もA先生も)!!



予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_1841


2017年 第一章『presage flower』
2019年 第二章『lost butterfly』
2020年 最終章・・・

シリーズ三部作の完結編。
劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」.spring song
公開日に観てきました。

ざっくり感想はとてもよかったです。
ufotable製作のアニメーションは美しく迫力もあり見応え充分。
加えて梶浦由記のBGMが物語に華を添えます。
エンドロールはシリーズおなじみのAimerによる『春はゆく』。
感無量な気持ちで劇場を後にしました。

当初2020年3月28日公開予定だったのですが新型コロナウィルスの影響で何度か延期を繰り返してしまいました。
その分待ち遠しさが募り、その思いはみんな同じ。
なので公開日のチケット予約が開始された直後は映画館のサイトが軒並みダウン。
Fateという作品へのファンの熱量を感じました。







※過去作の感想はこちら
映画感想『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」.presage flower』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画感想『劇場版「Fate/stay night [Heaven's Feel]」 .lost butterfly』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?



さて、予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_1828

公開日に観てから一週間。
どうしてももう一度スクリーンで迫力のレヴューを味わいたい!
というわけで再び映画館へ。
2回目です。


※1回目の感想はこちら
映画感想『少女☆歌劇 レヴュースタァライト ロンド・ロンド・ロンド』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?


じゃあどこで観ようかということなのですが、
池袋グランドシネマサンシャインのBESTIA上映で。
BESTIA|シネマサンシャイン
結論から言うととてもよかったです!(鑑賞料金+200円の効果あり!)
画はくっきりで特に背景やオブジェクトの質感に目を見張ります。
あと各所に散りばめられた「きらめき」のエフェクトがより意識されるものに見えたり。
伝わってくるものが豊かに感じられました。
音もまんべんなくしっかり伝わってきました。
驚いたのはアタシ再生産のバンクで華恋がなにかボソボソ言っているのが一部聞き取れたこと。
「ボソボソ・・・再生産」ってふうに。
まあそんな発見もありました。


作品に関してはこのケレン味あふれるノリが好きならばどこまでもノッていけるというものなので、正直ずーっと観ていたいものです。
今回は天堂真矢の誇りのレヴューがグッときました。
This is 天堂真矢!
頂きにかがやく星はひとつ。

公式のTV版レヴューダイジェスト(ネタバレ注意)↓





DSC_1829

2週目鑑賞特典のミニ色紙はひかりちゃんでした。
正直ばなながよかったんだけど、ひかりちゃんもがんばってたからよし。



DSC_1833

あと池袋にそびえる白い巨塔を見に行きました。
これまんま劇中の星罪(摘み/積み)の塔なわけで。
実際は清掃工場の煙突。
ゴミが燃やされて姿を変える。
ある意味再生の象徴と言えるかも。

DSC_1836

根元の方まで行って上を見上げると上の方に落っこちる感覚に陥って身体が竦みます。
池袋に行った際にはぜひ近くまで行ってみてください。


予告編のあとはネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ