ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

あのひよクレさんのブログがついに登場!
マンガ・アニメ・映画・ゲームの感想がメインです

カテゴリ: 映画

日本テレビの映画番組といえば「金曜ロードショー」ですが近年はもっぱら公開直前の映画とのタイアップ企画が多かったり。
それとは別に独自のセレクトで味をだしているのが「映画天国」。
月曜深夜(2時ごろ〜4時ごろまで)にけっこういい映画を放送しています。
みおわったら「Oha!4」がはじまってすっかり朝、しまった!・・・という方も多いのではないでしょうか。

先日放送したのはメル・ギブソン主演『ハート・オブ・ウーマン』
序盤見逃した部分があったけどとてもおもしろかったです。

メル・ギブソンがひょんなことから女性の心の声が聞こえるようになっちゃうっていうサトリ系作品。
仕事、恋愛、親子関係に変化が生まれる様子に見入ってしまいました。
男と女の間には、海よりも広くて深い川があるってことですね。

メル・ギブソンといえば『マッドマックス』とか『リーサル・ウェポン』シリーズでおなじみですが、こういう人を殺さないドラマチックな作品もよく似合う。

今回は字幕だったので今度吹替でちゃんと見てみようかなと思います。


映画天国

金曜ロードシネマクラブ|日本テレビ


ハート・オブ・ウーマン [Blu-ray]
ギャガ (2016-02-02)
売り上げランキング: 2,649


このエントリーをはてなブックマークに追加

banio

映画は爆発が命だと思っていますが、このみるからに爆発しかないビジュアルに惹かれて見ました。
『バーニングオーシャン』
原題は『Deepwater Horizon』、これを『バーニングオーシャン』としたのは好き。
なんかこう『バーニングオーシャン!!』って小山力也の声で言いたくなりません?

映画としてはなかなかエキサイティング、実話系作品としてはいろいろ考えるところもある。
見終わった後そんな感じで劇場を後にしました。

水圧で飛び散る排水管のボルト、散弾のように襲いくるガラス片など細かいところがよく見える劇場での鑑賞がオススメです!

予告編の後はネタバレにご注意。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

私と彼女のお泊まり映画 1 (BUNCH COMICS)
安田 剛助
新潮社 (2016-12-09)
売り上げランキング: 26,004


映画鑑賞マンガというものもいくつかあるけれど、安田剛助『私と彼女のお泊り映画』1巻です。

このマンガを買おうと思った理由。
IMG_3444
1話で扱われる映画が『マッドマックス 怒りのデス・ロード』だったからです。
女の子ふたりがアレを見てどう思うのかそりゃあ気になってしまうのは必然。
実際とても楽しく読ませてもらいました。
その他にも見たことあるのや見たことない映画のラインナップでなかなかに刺激的。
「あれ見てみようかな」っていうきっかけになるのがいいですね。

IMG_3445

各話の基本的な流れは・・・
・家で借りてきたDVDをふたりで見る。
・感想を言い合う。
・ふたりそれぞれの寸評コーナー。
・・・といった感じ。
映画を見ている最中の描写はほとんどなくて「で、どうだった?」っていう感じで見た直後の描写に入るのが気持ちいいです。
寸評コーナーはふたりそれぞれ対照的なレビューになっていて映画の楽しみ方ってひとそれぞれなんだなと再認識。
完璧な映画なんてめったにないのでいいところとイマイチなところを感じることができればいいとも思うし。

新しい映画の見方を開発するのにいいマンガだと思います。


マッドマックス 怒りのデス・ロード [Blu-ray]
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント (2016-04-20)
売り上げランキング: 694





今週はサメ台風やアナコンダが続いてたけど不意にしっとりとしたギャング映画をぶっこんでくるテレビ東京 午後のロードショー。
トム・ハンクス主演『ロード・トゥ・パーディション』。
その他にも豪華な俳優がたくさん登場の贅沢な作品でした。

トム・ハンクスがマフィアの殺し屋っていうか始末屋なんだけどそんな怖いとか凄みとかあるものか?
最初はそう思ったけどトム・ハンクスならではのヤバさが大爆発。
とんでもなくクレバーで圧倒的存在感、その存在感で殺す、みたいな。
ああいうのは一番敵に回しちゃいけないんですね。

マフィア、ギャングものっていうとボスの息子が大馬鹿野郎で組織の壊滅のきっかけを作っちゃうようなのが多いですね。
『ジョンウィック』もそんな感じだったし。
今作ではドラ息子をなんとダニエル・クレイグが演じます。
これがもう手のつけられないダメっぷりでウットリ。

マフィア側の親子関係とトム・ハンクスのほうの親子関係が対比になってたり、光と闇の世界の境界線が垣間見えたり、執拗に追いかけてくる殺し屋の独特の美学とかいろいろ興味深い作品でした。

場面場面にとても雰囲気のあるBGM。
もはや白黒でいいんじゃないかとすら思う黒い影が美しい画面。
細かいしぐさで伝わってくる人物の生き方などなど。
いつかまた見てみたいと思います。

テレビ東京 CINEMA STREET 午後のロードショー:テレビ東京



ロード・トゥ・パーディション [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2012-04-21)
売り上げランキング: 2,622

このエントリーをはてなブックマークに追加




こんなのをみせられちゃあまだ4月だっていうのに12月の公開が待ち遠しすぎますね!
いったいどんな物語になるのか、想像しながら待つのが楽しいものです。

sw3
エピソード7である島に到着したレイ。
そこで待っていた人がエピソード8ではたぶん死んじゃうんだろうけどどうなるか。
島での修行シーンはあるんだろうけどけっこう短くまとめるんじゃないかと予想。
早々ととんでもない事態が発生するのではないだろうか。


sw01
前作のラストではぶっ倒れて終わったフィン。
今回の予告では目を閉じて操縦席に座っている姿がうかがえますがもしかしたらエピソード8ではずっと寝ているだけかも!?(まさかそんな)


sw4
地表を侵攻する飛行物体。
赤いのはもしかしたら唐辛子ではないだろうか?
最後のジェダイは辛い!?


sw02
鳴り物入りで登場するもヘタレということが露呈してしまったカイロ・レン。
修行して強くなったレイに対抗すべくパワーアップして登場か。
フォースの暗黒面に導かれてしまうのか、それとも・・・?

う〜ん、楽しみですね!




このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ