ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい

カテゴリ: 映画

とうとう始まってしまった2018年!
どの映画が我々を待ち受けているのか。
いったいどの映画を見ればよいのか。

上半期最大の焦点を『パシフィック・リム アップライジング』に定めつつそれまでに何を見ていこうか、ということなのですが。

『パシフィック・リム アップライジング』は2018年4月公開!

というわけで早速チェック!(主に自分用)
リンク先は映画のことなら映画.comさんです。


【1月】
キングスマン ゴールデン・サークル : 作品情報 - 映画.com
1月5日公開。
っていうか公開中。
前作をまだ見ていないのですが面白いオーラがギュンギュン来てます。
絶対見に行く。

映画 中二病でも恋がしたい! Take On Me : 作品情報 - 映画.com
1月6日公開。
ふたりの恋の逃避行を見守りたい!

劇場版 マジンガーZ INFINITY : 作品情報 - 映画.com
1月13日公開。
実は自分はそんなにマジンガーじゃないんだけれどこれには熱血を感じる。

パディントン2 : 作品情報 - 映画.com
1月19日公開。
1をみてないけどパディントンさんが素敵らしい。

ダークタワー : 作品情報 - 映画.com
1月27日公開。
他愛のないアクション映画だと思ってたらスティーブン・キングの世界線の話らしい。
見るのは義務なのでは。


【2月】
スターシップ・トゥルーパーズ レッドプラネット : 作品情報 - 映画.com
2月10日公開。
上映館が少ない上に2週間限定公開。
しかしスターシップ・トゥルーパーズ大好きっ子ならばもはや兵役の義務!
バグどもを皆殺しだ!!
ウー!アー!

グレイテスト・ショーマン : 作品情報 - 映画.com
2月16日公開。
『ラ・ラ・ランド』のスタッフが製作、ウルヴァリンのヒュー・ジャックマンが主演。
サクセスストーリーにノッていきたい。

あれ、2月が意外と暇。


【3月】
シェイプ・オブ・ウォーター : 作品情報 - 映画.com
3月1日公開。
我らがギレルモ・デル・トロ監督が放つ半魚人映画!!
これが今年の大本命かもしれない。
最大級のリスペクトを抱いて臨みます。

ブラックパンサー : 作品情報 - 映画.com
3月1日公開。
MCUヒーロー。後のシリーズのためにも外せない。

リメンバー・ミー : 作品情報 - 映画.com
3月16日公開。
「死者の国」とか命の重みを感じそうなので。

曇天に笑う : 作品情報 - 映画.com
3月21日公開。
剣戟モノ好きなので。
監督は『踊る大捜査線』の本広克行、主演は福士蒼汰。


【4月】
ジュマンジ ウェルカム・トゥ・ジャングル : 作品情報 - 映画.com
4月6日公開。
あのジュマンジが帰ってきた!
細かいことは考えずに楽しもう!

いぬやしき : 作品情報 - 映画.com
4月20日公開。
アニメが面白かったので実写映画にも期待。
犬屋敷=木梨憲武がいい感じに化学反応を起こしそう?
佐藤健も出るよ。

パシフィック・リム アップライジング : 作品情報 - 映画.com
4月公開予定。
1作目とはテイストが変わってしまうことは覚悟しておかねばならない。
でも何が起こるのか、どんなバトルが繰り広げられるのかこの目で確かめなければ!


【最後に】
勢いで4月までチェックしてしまいました。
その先はゴールデンウィークに突入なのでまた忙しくなりそう。

あとまだ何も発表はされていないのですがエヴァンゲリオンがいつ来るのか。
年末あたりに来てくれると盛り上がるなあなんて思います、盛り上がりたい!

それでは今年も映画を楽しみましょう!


このエントリーをはてなブックマークに追加

川崎チネチッタで『ガールズ&パンツァー 最終章 第1話』【LIVE ZOUND センシャラウンド チネチッタMix】みてきました。

音響にこだわったセンシャラウンドな上映形態。
腹にズシーンと響く重低音は戦車の戦闘シーンで効果大!
砲撃音もいいですが被弾したときに思わず「ヒイッ!」ってなっちゃう迫力です。
ガールズ&パンツァーが他のアニメと一線を画しているのは弾が当たるか当たらないか。
その音っていうのはやはりとても重要だと思います。

DSRpAgLU8AAUXVR


みんなコミケに行ってるから空いてるだろうと思いきや劇場はけっこう席埋まってました。
ガルパンおじさんは年末でもなんでもガルパンに注力なのです!


DSRqLzVUMAAjYoo

今週からの鑑賞特典はポストカード。
自分はサメさんチームのがアタリました。

IMG_20171231_100317

公開直後から通の間で人気爆発大沸騰のムラカミさん!!
堅牢なるあのBODYと心意気、自分も大好きです。

予告編の後はネタバレにご注意を。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年は「とにかく見たい映画を映画館で見よう!!」が目標でした。
それもあって今までで一番映画館に行った年となりました。
自分でもびっくり。

IMG_20171205_012118

半券を保存しておいたので数えてみたのですが55枚くらい。
どれも思い出に残る作品だったし満足度も高いです。
もし映画を見なかったらなーんとなく時間が過ぎていったにちがいありません。

【2017年見た映画リスト】
※映画館で見たぶんです。たぶんだいたい公開順。

★鋼鉄城のカバネリ 総集編 前編+後編(一気に見たのでおもしろかった!)
★傷物語III 冷血篇
★君の名は。(IMAXで2回)
★ルパン三世 カリオストロの城(MX4Dで)
★ザ・コンサルタント
★LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五エ門
★ミス・ペレグリンと奇妙なこどもたち
★シン・ゴジラ(IMAXで)
★ドクター・ストレンジ
★アサシン・クリード(吹替と字幕で)
★キングコング髑髏島の巨神
★ラ・ラ・ランド
★この世界の片隅に(3月に1回、11月にキネコ国際映画祭で1回)
★劇場版トリニティセブン 悠久図書館と錬金術少女
★ひるね姫
★夜は短し歩けよ乙女
★グレート・ウォール
★バーニング・オーシャン
★無限の住人
★LOGAN/ローガン
★ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー リミックス
★キング・アーサー
★スペーススクワッド ギャバンvsデカレンジャー
★ガールズ・イン・トラブル スペーススクワッド
★ハクソー・リッジ
★ジーサンズ はじめての強盗
★メアリと魔女の花
★ジョン・ウィック:チャプター2(2回)
★銀魂
★ザ・マミー
★ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ
★【極上爆音上映】ロボコップ(1987)
★スパイダーマン ホームカミング
★劇場版 仮面ライダーエグゼイド
★ボブという名の猫
★関ヶ原
★エル ELLE
★散歩する侵略者
★ダンケルク(IMAX 2D)
★エイリアン:コヴェナント
★猿の惑星:聖戦記
★僕のワンダフル・ライフ
★アウトレイジ 最終章
★劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel I. presage flower
★ブレードランナー2049(IMAX 3D)
★GODZILLA 怪獣惑星
★マイティ・ソー バトルロイヤル
★クボ 二本の弦の秘密(吹替)
★オリエント急行殺人事件
★ガールズ&パンツァー最終章 第1話
★スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2D吹替とIMAX2D字幕で)


以上です。
うーん、我ながらいろんなジャンルをバランス良く見たと思う。
アニメ・アメコミ・アクション・SF・実録モノ。
あ、ホラー系は苦手なのでご勘弁を。
これでもいくつか見逃したのがあります。
ワンダーウーマンとかジャスティス・リーグとかバリーシールとかローガンラッキーとか。


【ベスト作品は!?】
面白いのが多かったからとても悩むんだけど自分が一番好きだったのは・・・

『ジョン・ウィック:チャプター2』!

キアヌ・リーブスのアクションが素晴らしかったのと殺し屋の男の生き様に心を打たれました。
ジョン・ウィック:チャプター2 [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2018-01-10)
売り上げランキング: 106

ソフトの発売が思ったより遅くて2018年1月10日。
次回作のチャプター3も楽しみです。

IMG_20171229_120559

あと『ガーディアンズ・オブ・ザ・ギャラクシー リミックス』や
『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』
『スパイダーマン ホームカミング』もバツグンでした。
特にファウンダーとスパイダーマンの両作品に出演しているマイケル・キートンの魅力を思い知りました。
ファウンダーは上映館も少なかったし見る機会がなかった方が多いと思いますが超おすすめです。
ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [Blu-ray]
KADOKAWA / 角川書店 (2018-02-09)
売り上げランキング: 17,570

こちらもソフト発売は遅めで2018年2月9日。


年末最後の目玉作品『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』もよかったのですが現在まだ咀嚼中だし単純に良かったとは言えないのでベスト入りは保留。


【正直ガッカリ作品】
見るまでは超盛り上がって行ったけど見たらそうでもなかったナ・・・っていう作品。
いやそういうのもあって当然ですからね。
今年のガッカリ作品は・・・

『猿の惑星:聖戦記』

猿の惑星リブート三部作の最終章ということで張り切って見に行きましたがどうにもスカッとしない内容。
うーん、と首をかしげながら劇場を後にしました。
でも最近2回目で見え方が変わるということも多いのでいつか見直して見たいと思います。


あと『エイリアン:コヴェナント』もイマイチ感があったけど前作の『プロメテウス』を見ていないので評価保留。
次回作の製作は頓挫したみたいなのが残念でもあります。


【映画という趣味】
普段の生活ではなかなか言えない好き嫌いとか、押さえ込んでいる感受性を開放できるのが映画。
自分は登場人物を通して人の気持ちを考えることができるのが大きいです。
映画を見ている間はいろんな世界に行けるのもいいですね。

あとひとり映画だとけっこう安価。
映画を見て帰ってくるだけだから。
ムビチケ(前売り券)やサービスデー、レイトショー、映画館の会員サービス(6回みると1回無料とか)を駆使するとお小遣いの節約になります。
パンフは買っても見返すことがないのでもう買わないことにしてます。
場所もとるし処分にも困りますし。
代わりに本屋で「映画秘宝」とか買うとパンフ数冊分の情報があっていい感じ。

IMG_20171229_122530

自宅のクローゼットの壁にあいかわらずフライヤーを張り出しているのですがこれが映画を見に行くモチベーション維持にかなり役立っています。


2018年はどんな作品にであえるかな?
・・・なんて悠長なことを言ってる暇はありません。
新春からまた続々と新しい作品が公開されます。
チェックはぬかりなく!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

※本記事には『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』のネタバレが含まれますのでご注意ください。

公開から2週間が経とうとしている『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』。
自分は第一印象はイマイチだったのですが「あのシーンはなんだったんだろう」って考えれば考える程気付かされることが多くてそのたびに評価が上昇しています。
映画としてはアレなところが多いけど実はけっこうよくできているんじゃないかと思います。

場面ごとの結果はちゃんと描かれているんだけど、どうしてそうなっているかっていう説明は細かくやってない。
なので初見では「なんでこんなことやってんの?」ってなる。
でも行間を読むように考察を進めていくといろいろわかってくる。
(そんなに難しいことではないけど注意深く見ていかないといけない)

ここで問題なのは超メジャーなエンタメ作品『スター・ウォーズ』でそんなことをやらされるとは誰も思っていないこと。
「パッと見わかりにくいところがあるけどいちいち言わないしわかるでしょ?」みたいなスタイルで迫ってくる。
たしかにいちいち説明されてたら冗長なモノになるのは間違いないでしょう。
またそれだけ考え込む甲斐があるっていうのもスター・ウォーズという作品の持つ魅力ならではだとも思います。

『最後のジェダイ』を見て抱いた疑問点。
それにはだいたい答えがあります。
設定や状況、人物の心情などをパズルのように組み上げていくとそこには新しい『最後のジェダイ』が見えてくるでしょう。

また見てからこんなにあれこれ考えられる映画ってとてもコストパフォーマンスがいいですし、スルメのような美味しさを感じます。

年末からはIMAX3D上映が始まるようなので自分は行きたい気分です。
今見たら各シーンでいちいち感極まって泣いちゃいそう。

【今までの『最後のジェダイ』関連記事】
映画感想『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(劇場にて1回目・2D吹替) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
映画感想『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』(劇場にて2回目・IMAX2D字幕) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
緊急検証!!『スター・ウォーズ 最後のジェダイ』から紐解くカイロ・レンの秘密 : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?


さて今回は反乱軍のエース・パイロット、ポー・ダメロンについて考えてみます。
今作における超重要人物。
20160122231645



予告編の後はネタバレにご注意を。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※中盤以降ネタバレにご注意を。
『グリーンマイル』未見の方はこの機会にぜひご鑑賞を。


先週に引き続きグリーンマイルを放送の日本テレビの深夜映画番組「映画天国」でした。
ノーカットでの放送ほんとうにありがとうございました。
カットするところがないっていうのも思い知りました。

ちなみに前編の感想はこちら
映画天国『グリーンマイル』(前編)2017.12.12放送 : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?


深夜リアルタイムで見ていたのですが後編も見入ってしまいました。
トム・ハンクスの映画といえば『フォレスト・ガンプ』が一番だったのですが『グリーンマイル』がトップになっちゃったかも。
もう俳優それぞれの演技がすばらしくて惚れ惚れしつつ感動です。


【なんてったってパーシー】
Twitterの実況を見るととにかくみんなパーシーが嫌い!
わかる!わかるよー!!
でも自分、パーシーの人間としての弱さというのがもう他人とは思えなくて好きなんです。

スポンジを濡らさなかった時の魔が差した感じ。
どうして咄嗟にそんなことをしてしまったのかわからない、そういう時ってありませんか?
過去にやらかしてしまったことを思い出すと頭を抱えて後悔してしまうけどもうどうにもならない。
でもパーシーも、他の人もどこかでそういうことやらかしてるんだ・・・って思うとちょっと救われるかも。
これからは気をつけよう、って気持ちの整理もつけられる。

あるいはパーシーにいい友人がいれば彼ももっといい人間になってたかも・・・とも思う。
幸い自分にはいい友人が周りに何人かいてくれる。
とてもありがたいことだ。

・・・という具合にパーシーのことを考えるだけでこの映画がとても豊かなものになってしまいます。

ジョン・コフィーに「毒」を注入されたパーシーは一筋の涙を流す。
それは彼が「人間」として流した最後の涙だった。
檻の中の殺人犯を銃殺し彼は心を失った。


【グリーンマイル】
神と悪魔、天国と地獄。
その間に人間が存在している。
なぜ人は苦しむのか?
なぜ人は殺し合うのか?
なぜ人は生きているのか?
答えは誰にもわからない。
ただ生きているという純然たる事実、グリーンマイルを歩き続けているという事実が歳を重ねるごとに胸に突き刺さります。

この映画を見ても様々な問いかけへの明確な答えは得られない。
でも一歩だけ答えに近づいたような気分になれる。
だから『グリーンマイル』を見るんだと思う。


グリーンマイル [Blu-ray]
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン (2014-12-03)
売り上げランキング: 2,169

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ