ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていきたい

カテゴリ: 特撮

TVシリーズの『仮面ライダー エグゼイド』が最終回を迎えました。
医療とゲームを組み合わせたまったく新しいタイプの物語、楽しませてもらいました。
いろいろと考えさせられるテーマには深いものが。

とはいえ自分が夢中になって真剣に見ようってなったのは檀黎斗が死ぬあたりから。
それまではほとんど流し見だったので今度レンタルで見直してみようかな。




愛すべき一年でした。




終盤ライダーたちを相手にほぼ単騎で悪役を勤め上げた檀正宗というキャラクター。
そして最後までその「悪」を貫き通したのは見事としか言いようがない。
それもこれも演者の貴水博之氏の熱演によるものである。
ほんとうに素晴らしい。

そしてエグゼイド出演俳優の皆様の今後のご活躍にも期待しております!


そしてそして来週からは『仮面ライダー ビルド』がスタート!



仮面ライダービルド 変身ベルト DXビルドドライバー
バンダイ (2017-09-02)
売り上げランキング: 4


このエントリーをはてなブックマークに追加

夏の恒例!映画館でニチアサ!
『劇場版 仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング/宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲』見てきました!

特にエグゼイドはテレビシリーズの最終回がいよいよこんどの日曜あさ。
それまでに劇場版をみておかなければという使命感に駆られてです。

夏休みももうすぐおわりの平日だったので客入りは少なめでしたが男の子とお母さんが何組か。
みんな楽しそうに見ていました。
夏のいい思い出になればいいな。

上映はキュウレンジャー→エグゼイドの順でした。



【宇宙戦隊キュウレンジャー THE MOVIE ゲース・インダベーの逆襲】
画と話の大きなスケール感が劇場の大きなスクリーンで映える!
変身!名乗り!爆発!などの戦隊アクションも映画館でみると迫力がマシマシです。
これはもう素直に楽しんじゃいました。
飽きないスピードの展開もよかったです。
お子様も退屈しない安心。
ラッキーさんの「オレがなんとかする!」でまあなんとかなっちゃうのがよっしゃラッキー!でした。
キュウレンジャーはキャラが多いだけあって雑多なゆるさ、メンバーの組み合わせや複数同時展開が見どころがありますね。
ケルベロス超強かった。


【仮面ライダーエグゼイド トゥルー・エンディング】
テレビ最終回直前!というわけでみる方も気合が入ります。
劇場版でも医療とゲームというふたつの要素がそれぞれバランスよく描かれて絡み合います。
その加減がうまいなぁと。

仮想現実 対 現実。
向き合っていかなければいけないものは何か?
そして命とは。
これを見た子供もやがて自分のチカラだけで生きることに立ち向かわなければならない時がやってくる。
ひとりで踏み出すのは怖いけれどその時に仮面ライダーたちの姿が勇気をくれる。
そんなかけがえのなさすら感じさせてくれます。
テレビ最終回がどんな結末になるのか、ますます楽しみになりました。

その他。
・新檀黎斗ではない!檀黎斗神だ!でやっぱり大笑い。
・仮想現実の世界でも大笑い。
・「バァン」「この一瞬を切り取るんだ!!」
・忍者かっこよかった。
・マドカチャーン
・パラドを見て泣いちゃってる。
・とにかく雨がすごい。
・変身ベルトがほしくなっちゃう。放送終わって安くなったら買っちゃおうかしら。
・仮面ライダービルド・・・まさかそんなライダーなのか。

仮面ライダーエグゼイド 変身ベルト DXゲーマドライバー
バンダイ (2016-10-01)
売り上げランキング: 39


仮面ライダーエグゼイド DXハリケーンニンジャガシャット
バンダイ (2017-08-05)
売り上げランキング: 162


先日見た『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』があまりにもおもしろかったので同時期に上映されている『ガールズ・イン・トラブル スペース・スクワッド EPISODE ZERO』も見ました。
こちらは60分ほどの作品なので気軽に見るつもりだったのですがなかなかどうして。

『スペース・スクワッド EPISODE ZERO』というだけあって『ギャバンVSデカレンジャー』の前日譚なのですがどっちを先に見ても大丈夫な感じだしどちらも楽しめると思います。
どちらも見るとこのスペース・スクワッドの世界がより深く楽しめますね。
そしてますます今後の展開に期待できます。

『ガールズ・イン・トラブル スペース』というだけあって登場するのはほぼ女性キャラのみ。
(いちおうちゃんと理由はある)
そして監獄が舞台、加えて女忍者登場とVシネマの女忍者・女囚モノという雰囲気が色濃いです。
子供にはちょっと刺激が強いかもしれません。
(観客の中には女の子もいたけど終わった後「こわかったー」って言ってた)
でも大人が見る特撮としてはお色気+アクションで満足度高いです。
こいうのもっとたくさん作って欲しいですね。


Amazonではレンタル形式で配信中。



映画感想『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
『ギャバンVSデカレンジャー』の感想はこちら


予告編の後はネタバレにご注意を。



続きを読む

『スペース・スクワッド ギャバンVSデカレンジャー』109シネマズ二子玉川で見ました。
この作品、上映劇場が圧倒的に少ないのがとてももったいないです。

見た直後の感想




なんといってもギャバンで育った自分にはとてもうれしい映画でした。
映画館の大画面での「レーザーブレード!」が大迫力だわかっこいいだわで涙出ました。
gyabn

もちろんデカレンジャーもよかったです!
上映劇場に足を運べる方はぜひ!

Amazonではレンタル形式で配信中。



自分が見に行ったのは平日の昼間の回だったのですがけっこうな客入り。
かつて少年だった「大きなお友達」にまじってちびっことお母さんも何組かいました。
世代を超えてみんなで見るギャバンやデカレンジャーは感動もひとしおでしたね。


予告編の後はネタバレにご注意を。


続きを読む

エヴァ庵野&樋口の強力タッグで新作ゴジラ=「オタクパワー」炸裂に期待
 東宝は31日、2016年夏に公開予定の映画「ゴジラ」最新作の総監督として、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」の庵野秀明さん、監督に「日本沈没」「のぼうの城」などで知られる樋口真嗣さんを起用すると発表した。共に熱狂的な特撮マニアとして知られるだけに、「ついに時が来た」「一度きりの挑戦」などと意気込んでおり、力作が期待できそうだ。



2015.04.01『シン・エヴァンゲリオン劇場版』及びゴジラ新作映画に関する庵野秀明のコメント
始まりは、2013年1月末でした。

東宝の方から直接「ゴジラの新作映画の監督をお願いしたい」と、依頼を受けました。
精神的にも不安定でしたし、「無理です。エヴァもあるし、出来ませんよ」と、その場は固辞しました。
が、東宝の誠意と盟友樋口真嗣監督の熱意に心が動かされ、
同年3月、監督を引き受ける事にしました。



HAHAHA!今日は何日だと思ってるんだい?
エイプリルフールだぜ。

え?嘘じゃなくて?・・・まじっすか。

エヴァとゴジラ、期待の大作として待つ甲斐があります。
見るまで死ねるか。






↑このページのトップヘ