ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

あのひよクレさんのブログがついに登場!
マンガ・アニメ・映画・ゲームの感想がメインです

カテゴリ: ミステリー

famigeki_kin9


緊急検証!シリーズ| ファミリー劇場

緊急検証!シリーズ第12弾 もののけ王座決定戦!〜子供にウォッチさせたくない妖怪たち〜 | ファミリー劇場

緊急検証!シリーズ第13弾 日本の怪々村〜ごらん、入ってはいけない村がほらそこに〜 | ファミリー劇場

ファミリー劇場の緊急検証シリーズは、そりゃあもう大好きなコンテンツなのですが、
この夏はなんと2夜連続放送!
あいかわらずのゆるいノリは健在で楽しませてもらいました。

リピート放送は
「もののけ」が2015年 8月14日(金)・21日(金)
「怪々村」が2015年 8月14日(金)・28日(金)

番組表をご確認の上お見逃しなく!

【警告】以下番組の内容に触れますのでネタバレにご注意ください。


【緊急検証!オールスターもののけ王座決定戦!】
〜子供にウォッチさせたくない妖怪たち〜

子供に人気といえば妖怪ウォッチ。
実際妖怪ブームでオカルト界は盛り上がりを見せているようです。
そんな子供たちに見せていけないといえば、下ネタ的な妖怪になってしまうのは必然。
ゲラゲラ笑いながら見てましたが、太古よりエロと妖怪というのは密接な関係だったのだと
大変勉強になりました。
そして特別プレゼンテーターに「5時に夢中!」でお馴染みの岩井志麻子さんが登場。
(司会の逸見太郎さんとはひさびさの共演!)
本職である作家の知識からどんな妖怪がでてくるのかとドキドキしましたが・・・
やっぱり下ネタという概念しかありませんでした。
そして優勝は岩井志麻子さんがじゃんけんでかっさらうという結末。
なんともいえないどんよりとした空気で番組は終了。
最高でした。
ぜひまた岩井志麻子さんを番組に召喚してほしいです。


【緊急検証!怪々村】
〜ごらん、入ってはいけない村がほらそこに〜

近代化以前の日本の村々では独自の風習があったという怖さ。
それは祭りだったり儀式だったり、あるいは呪詛だったり・・・。
身近で生々しい感じがそこはかとない恐怖感を煽ります。
今もどこかの村で伝統は受け継がれているかもしれません。
そんな村に入った時はご注意を!

特にワニの棲む村にはご注意ください!!




ますます好きになるファミリー劇場 緊急検証シリーズ。
次回は何が飛び出すか、見逃せません。


ぼっけえ、きょうてえ (角川ホラー文庫)
岩井 志麻子
角川書店
売り上げランキング: 39,429

ファミリー劇場のキラーコンテンツ、
「緊急検証!時空の歩き方 〜時をかける人類〜」 が放送されました。



「番組自体が時空をさまよっていましたが、半年ぶりに帰ってまいりました」
・・・という冒頭の逸見さんのナレーションでつかみはOK!
スタジオのセットの雰囲気は原点回帰なのか実に安いCSらしい感じに。

オカルト系番組は信ぴょう性と胡散臭さのバランスが大事だと思うのですが、
多くを胡散臭さに振り切った「緊急検証シリーズ」、今回も相変わらずで笑いながら楽しめました。

しかしながら今の時期に「時空」に着目したのは見事です。
番組中でも触れられていましたが「バック・トゥ・ザ・フューチャー2」の未来の設定が2015年。
なんとなく未来を追い越していくような雰囲気もあるからです。

時間と空間は誰もが常に接していながらいまだによくわからないことのほうが多いです。
そこにミステリーと真実があるかもしれません。
あなたは、もしかしたら寝て起きるたびに並行世界を移動しているのかもしれませんよ?
(自分で言っててちょっと怖くなりました)

今回はお馴染みの3名のプレゼンがあったので簡単にまとめと感想を。



【山口敏太郎氏】
「山手線に乗ってると異空間に!?」
な、なんだってー!!
でも電気の流れている環状の装置だったらなにか起こるかも?
山手線に乗るときはパラレルワールドの駅に降りないようにお気をつけ下さい。



【中沢健氏】
「日本各地にタイムトンネルが存在!?」
な、なんだってー!!!
モントークプロジェクトとかフィラデルフィア実験とかお馴染みのキーワードが!
ゲートから怪物が出てくるんじゃなくて、人間の思念が怪物を生み出してしまうっていう話は面白かったです。



【飛鳥昭雄氏】
「地球の中心にアカシックレコードが存在」
な、なんですってー!!
それには瞑想状態でアクセスできるとか。
ひらめきとか虫の知らせといったものはもしかしたらそういうところからキャッチしているのかも。
またカナダのトロント大学では人為的に幽体離脱できるらしいので、
興味がある方は行ってみてはいかがでしょうか、カナダ。



そして番組を視聴中にお気付きの方もいらっしゃったのでは。
なんと突然中沢健氏が消失!!
IMG_2628

明らかに中沢氏がいないのに番組は何事もなかったかのように進行されています。
いったいどういうことなのだろうか!?
真相はリピート放送でご確認ください。

何が起こるのか予測不能の「ファミリー劇場 緊急検証シリーズ」
次回はどんなお話が飛び出すのか楽しみです。


ファミリー劇場 緊急検証シリーズ 公式サイト


ムー 2015年 06 月号 [雑誌]
ムー 2015年 06 月号 [雑誌]
学研マーケティング 2015-05-09
売り上げランキング :


Amazonで詳しく見る
by G-Tools










CSのファミリー劇場の番組
『緊急検証!』シリーズは最も怪しく素敵なコンテンツです。

そんな緊急検証ですが2015年度第1弾はこちら!




時空(タイムトラベル/パラレルワールド)にまつわる不思議で怪奇な話を徹底検証とのこと。

時空といえば最も身近で、目に見えなくて、わけがわからないもの。
科学的にも近年新しい理論が提唱されたりで、この分野の概念の変化を予感させる今、
さすが目の付け所が見事としか言えません。
きっと、鋭く!怪しく!そしてそこはかとなく脱力した検証が行われることでしょう。

5月の放送が楽しみです。

ファミリー劇場 緊急検証シリーズのページ

『緊急検証!2015年度版 超新約黙示録 〜第2回紅白オカルト合戦〜』
CSのファミリー劇場でまさかの昨年末に続いてまさかの第2回が放送されました。
でもファミリー劇場ならやってくれるって、わたし信じてたから!



もうすでに本家の紅白よりも面白いんですけど。
2014年をしめくくるべく、オカルトもありの〜ままで〜!

現在世界情勢的にはいろんなトンデモ話が出てきそうな条件がちらほら。

・火種はあちこちにありそうななさそうな第3次世界大戦?
・値上げ?値下がり?エネルギー問題
・パンデミックが止まらないウィルスの脅威?
・地球規模の気候変動?

そのへんに絡めていろんなお話が飛び出てきて楽しめました。
「緊急検証」のゆるいノリは相変わらず、シリーズのファンにはたまりません。
今回見逃した方はぜひリピート放送で。

『緊急検証!2015年度版 超新約黙示録 〜第2回紅白オカルト合戦〜』番組公式サイト



フリンジサイエンス」は興味深かったです。
仕組みや原理がなんだかよくわからなくても実用化しちゃうとか。
番組中では「海水に電磁波を照射して水素を取り出す」なんて話も。
「HAHAHAHA!まさか、そんなカンタンにできるわけないじゃーん。」
・・・なんて笑っていられるのも今のうち、かもしれません。



飛鳥昭雄氏の「ラジャ・サン第二章」では衝撃の事実が明らかに!
地球が出産して、え?なにがどうなるんですって!?
おもわず wktk(゚∀゚) っとなったのは言うまではありません。
映画になってもおかしくないくらいの壮大な超銀河ストーリーです。
私からはそれについてここで詳しく語ることはできませんが、この説が本当ならば地球史上最もエキサイティングな時代になるでしょう。
ホンマかいなと突っ込みつつも、そんなこともあるのかなあと想像してみるのが楽しいですね。


今年もなんだかんだでいろいろなことがありましたが、
2015年は世界が一変(ブレイクスルー)するようなおどろくようなことがあるかもしれません。
何が起こるか楽しみにして新しい年を迎えようではありませんか(つ∀-)

失われたエイリアン「地底人」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)
失われたエイリアン「地底人」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)飛鳥 昭雄 三神 たける

学研パブリッシング 2014-03-18
売り上げランキング : 127550


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


失われた地球生命体「ガイア」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)
失われた地球生命体「ガイア」の謎 (ムー・スーパーミステリー・ブックス)飛鳥 昭雄 三神 たける

学研パブリッシング 2013-06-25
売り上げランキング : 111584


Amazonで詳しく見る
by G-Tools






CS ファミリー劇場 緊急検証シリーズ第9弾!
緊急検証!矢追純一は実在した!?〜会いに行ける矢追純一〜」が放送されました。



矢追純一は実在した!
オカルト握手会という形式で・・・って今まで以上になんともぶっとんだ企画です。
ファミリー劇場、大好き。

握手会は濃ゆい顔ぶれがファンとして登場。
矢追氏はいろいろな質問に答えていました。
中でも興味深かったのは宇宙人の移動方法について。
矢追氏はどうやってるのかわからないとしながらも持論で応答。
たとえば将棋盤で駒が盤上を移動するようなイメージなんじゃないかというのは面白かったです。
ぱっと消えた次の瞬間には別の場所にもう居る、座標間の移動というのは時間がかからなくていいですね。
あとUFOを飛ばすテクノロジーなんかはたぶんすごく安いっていうのは笑わせてもらいました。
たしかにたぶん実際安いw

そして最大のサプライズはなんとあのユリ・ゲラーが登場。
いや、まあ出るのわかってましたけど。
おなじみのスプーン曲げも披露してましたが、見てると心の何処かで本当に曲がるんじゃないかと思えてしまう不思議。
スプーン曲げ、今一度挑戦してみてはいかがでしょうか。
マッガーレと念じればぐにゃりと曲がってしまうかもしれません。
あと、ユリ・ゲラーさんはとてもいい人そうでした。

数々のUFO特番で大衆を魅了した矢追純一は自分にとってもまさにレジェンドといえる存在。
この人が居なかったら自分の人生はもっとまともなものになっていたに違いありません。
UFOが実在するのかというのは置いておいて、物事をいろんな角度から見てみようという考え方は役に立った・・・んじゃないかなと思います。
ファミリー劇場さんには矢追純一氏でまた番組を作って欲しいです(つ∀-)







↑このページのトップヘ