ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

カテゴリ: COVID-19 Files

緊急事態宣言が解除されてから1週間が経過しようとしています。
世の中は再始動となりましたが以前とは違う世の中になってしまいました。

マスクを着用していなくては外出できないし入店もできない。
いたるところに設置された消毒剤やビニールカーテン。
ディスタンス確保のためのマーキング。

すべてが見えない感染者のための手間。
決定的な解決策がないまま暮らしを始めればこうなってしまう。
もっと簡単に検査ができたり治療薬が完成すればいいのですがそれはまだまだ先に事になりそうです。

ずっと家にいて餓死するか、それとも新型コロナウィルスに感染して死ぬ恐れがあっても働くか。
人間の尊厳ってなんだろうって考えてしまいます。


営業自粛からそのまま閉店となる店舗も数多く街並みも今までとは大きく変わってしまいそうです。




DSC_1698
ゲームセンターのキャッチャーの様子。
ボタンのところにはPOPが立てかけられていて客がプレイするときはそれを手前に倒してプレイ。
従業員はPOPが倒れていたら消毒作業を行う。
よく考えられているけれどものすごい手間です。



感染者数は緊急事態宣言解除後なにげに増加していてあきらめムードな気持ちも湧き上がってきます。
6月5日からは映画館が再開となるのでとりあえず映画館に行こうっと。






マスク着用については上映中も!っていう映画館もあるので各館のガイドラインを遵守しましょう。


このエントリーをはてなブックマークに追加

4月、5月と続いていた緊急事態宣言が解除となりました。
特に強制力のない仕様で日本はよくまあやったものだと思いますが、第2波が心配です。

報道だと数字だけでしか伝わらないけど新コロで死亡した人がたくさんいたのは事実だし、休業のあおりをうけて失業した人や店を畳んだ人もたくさんいる。
現状は惨状です。

自分は感染しておっ死んでしまうのではないかと思ってたけどまだ生きています。
もうすぐ仕事も再開だけど正直働ける自信がないし家でずーっとダラダラしていたい気分ですね。
でもまた映画館に言ったりラーメン食べたりしたいな、うん。

今までは「消費しろ!レジャーしろ!季節の折々のイベントをやれ!」って刷り込まれてきたけれどそういったコントロールのベールが剥がれたような気がします。
最大公約数的な幸福がいかに幻想だったことか。
自分が何を求めているか、なぜ今ここにいるのかというのをより深く発見していく時代になるのではないでしょうか。


以前スピリチュアルに興味があった時に読んでいた『聖なる予言』という本があるのですが、今まさに本に書かれているようなことが起こっていて驚いています。
新しい考え方と、人々がよりシンクロニシティに交流する時代。
これからもっと変化が訪れます。
テレビやネットでいろいろな情報が飛び交いますが「チカラ」に引き込もうとするものもあります。
時には面と向かってそういうことをする人もいるかもしれません。
いいですか、注意深く、ですよ。



このエントリーをはてなブックマークに追加

5月6日を目処に発令されていた緊急事態宣言が期間延長となりました。
まだしばらく家でのんびりできそうです。

海外では経済活動再開の動きもありますが感染ふたたびとならなければいいのですが。
またその動向を見ながら対応できるのが今の日本のアドバンテージだとも思います。

「アフターコロナ」の世界も論じられるようになってきましたが、求められるのは適応力。
生活様式はもちろん価値観や考え方も変化しています。現在進行系で。
この期に及んで対応できない人たち(買い占めするとかBBQしちゃうとか俺がコロナだとか言っちゃうとか悪意を扇動増長する存在など)は淘汰とか処置とかされることになるかも。なるべき?

あと最近地震が多いのででかいのが来るのに備えておきたいところ。
とりあえずモバイルバッテリ充電してます。


このエントリーをはてなブックマークに追加

緊急事態宣言が発令中で不要不急の外出を控える日々が続いておりますが皆様お加減いかがですか?
宣言はいちおう5月6日までという区切りがありますが解除の見通しはままならず、各種営業再開とはならないのではないかという雰囲気も漂っています。
生活が切迫逼迫困窮のデスゾーンへ突入か!?
ゴールデンウィークだってのにどこにも行くな!なんて今までなかったしなんとも不思議な話ですよね。
でもおとなしく家の中を楽しみましょう。


いつも楽しみにしているアニメ業界への影響もますます大きくなってついにニチアサアニメが放送延期に。
プリキュア、プリチャン、ミュークルドリーミーは毎週楽しみにしていただけに残念です。
本来語られるはずだったエピソードがカットされるかもしれないし。
でも続き楽しみに待っています。
どれも女児向けアニメと思って侮るなかれのおもしろさですよ!









2000年直前のころは終末論に若干傾倒していたこともあって「世界なんか終わってしまえばいいんだ」なんて思ってたけど世界は終わらなかった。
でも今になってまるで世界の終わりのような。
人類が終わるまでもいかなくても今までの世界の形は終わりを迎えてしまった。
ここからの1年間の不確定で予測不能な未体験ゾーンに突入です。








このエントリーをはてなブックマークに追加

そうなるとは思ってましたが『シン・エヴァンゲリオン劇場版』が公開延期に。





はたして無事に公開される平和な状況に戻れるのか。
公開されるまで生きていられるのか。
サードインパクトに匹敵するレベルで現在世界が変容しています。


またTVアニメも放送延期が出てきています。
今期はおもしろい作品が多くて楽しみだったのですが、『富豪刑事』と『放課後ていぼう日誌』の延期が特に残念です。






テレビをつければあたりまえのようにアニメが放送されていた日常がありがたかったということですね。
アニメを作ってるみなさんの無事と健康を願うばかりです。


緊急事態宣言は現在全国的に発令中です。
とりあえず5月6日までってなってますがとてもそれまでに終息するとは思えません。
・緊急事態宣言解除で各種業務再開→感染ブーム再燃
・緊急事態宣言続行→経済活動の崩壊が加速
あれ?詰みじゃね?


失われた日常、始まりつつある医療崩壊、寸断される人々。
そして始まる人類補完計画。
静止する世界で少年が見たものは?
さ〜てこの次もサービスサービスぅ






このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ