ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

タグ:ガンプラ

IMG_2574

前回の製作記事に続いてクシャトリヤでいろいろやってみようの回です。


IMG_2568
おなかがへりすぎてもうなにもしたくないマリーダさん。
からの・・・

IMG_2571
アーム大展開!

IMG_2572
ポッキーを捕獲!
よかったね!マリーダさん!


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

「HGUC 1/144 NZ-666 クシャトリヤ」 作りました。
今回も成型色を活かす製作プラン・・・つまり素組み!
特にすごいことはしていません。
それでもいちおうスミ入れ、あとエングレービング(胸部と袖部)は塗装しました。

IMG_2527
箱の大きさとパーツの多さになかなか手が付けられず積んでいました。
でもここ最近プラモ修行を積んだおかげでようやくニッパーを入れる覚悟ができました。
作りだしたらあとはもう粛々と・・・。
説明書の「4個作ります」ラッシュには眩暈がしましたが。



IMG_2533
作ってみたはいいものの、とにかくデカイ!
ねんどろいどダヨさんをこっそりならべてみましたが大きさがおわかりいただけますでしょうか?
ブンドドするのもためらわれるし、ぶっちゃけ置き場所に困ります。



IMG_2540
IMG_2541
なんといっても肩から生えてる4枚の大型バインダーがすごいです。
アームの保持力は大したもので簡単にヘタれるようなことはありません。


続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

以前、素組みで作ったグフR35に仕上げっぽいことをやりました。
※当時の記事はこちら

もう組み立ててあるので、すぐにスミ入れとかに取り掛かれるのが嬉しいです。
最近スミ入れ作業が好きなので。

さて、結果にコミットすることができたでしょうか。
左がビフォー、右アフターです。
 ↓
guff35
元のキットはかっこいいはずなのに、イマイチ迫力に欠けていました。
なんていうか存在感が薄かったんです。
でも作業後は重厚感が出たんじゃないかと思います。
エナメルのフラットブラックのスミ入れを拭き取る綿棒で、全体をワシャーッと塗ったくりました。
全体に黒みがかって重みが増すし、ところどころムラがでて汚れた感じに。
どのくらいの加減がいいのか「うーん、うーん・・・」と唸りながらグフを十数分睨んでいる自分が面白かったです。

ご家庭に素組みで放置してあるキットがあったら、
今一度手を加えてみてはいかがでしょうか。
機体が強そうに生まれ変わるワクワク感と、
ビルドファイターズ感(?)が味わえます。

タミヤカラー エナメル XF-1 フラットブラック
タミヤカラー エナメル XF-1 フラットブラック
タミヤ
売り上げランキング : 4365


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



IMG_2508
背面はあまり見ないだろうということで適当。
ふくらはぎのところがかなり濃い目に。
でもこの加減を覚えておけばいつか戦闘機のモデルを作る時に役立ちそう。


IMG_2511
とりあえずツノは尖らせておけばOK!
もっと目つきを悪くしたいですね。頭の下側のパーツを削ればいいんだろうか。


IMG_2509
動力パイプのパーティングラインは目立ちます。
ちゃんと処理するべきということを覚えておこう。
今はネットでやり方をすぐに調べられるのでほんとありがたいです。


IMG_2510
以上、グフR35でした。
ビルドファイターズトライ最終話で登場したドムR35もキット化して欲しいですね。


HGBF 1/144 グフR35 (ガンダムビルドファイターズ)
HGBF 1/144 グフR35 (ガンダムビルドファイターズ)
バンダイ 2014-06-07
売り上げランキング : 1707


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


このエントリーをはてなブックマークに追加

ギラズール

HGUC 1/144 AMS-129 ギラ・ズール できました。
部分塗装とスミ入れ+少し汚しという中途半端な作り具合です。
これ以上なんかやってやろうとするとエアブラシが必要になるし、そうなると「工房」がないといけませんし。
出来る範囲で楽しく、適当な向上心を持ちつつやりましょう。

キットはウェブでのレビュー通りすごくよくできています。
アニメではやられメカ筆頭でしたが、ガンプラとして手にとって見るとデザインの良さがわかります。
程よい武器のゴテゴテ感も好き。

ザクっぽい何か、トルコのアンカラに立つ…「エイプリルフールは終わってます」と評判はいまいち
日本のアニメのメカデザインは他国の追従を許さないほど独自に進化してるっぽい。
なによりいちいち精密。
当たり前すぎてそんなの忘れちゃってるんですが、作る方も見る方もどこを目指しているんだというハイレベル。
ああ、日本に生まれてよかった。


さて、
IMG_2498
今回はなんといってもレッドショルダー!
・・・ありがちです、ごめんなさい。
でも肩のアーマーを接着してヤスリかけたら変な色になっちゃったから塗るしかなかったんです。
んで、赤で塗ってたら筆ムラがすごいことになったり、カーペットの上に落っことしたりで大変なことに。
でも塗りムラが使い古した感じに見えるからいいんじゃあないかな。

レッドショルダーということで作りながら妄想が捗ったのですが・・・


【機動戦士ガンダム・ユニコーン エースパイロット列伝 AMS-129 ギラ・ズール <マリーダ・ストーカー>】
ネオ・ジオン残党『袖付き』のアグレッサーとして恐れられていた赤い肩のギラ・ズール。
ある日模擬戦でマリーダ・クルスにコテンパンにやられてしまう。
それ以来、マリーダの熱烈なファンとなった彼はマリーダ親衛隊(自称)として戦場を駆けるのだった。
IMG_2500
ギラ・ズール 「マリーダさん!突破口はギラ・ズールが開きます!」

マリーダ 「邪魔するな!どっかいってろ!」

※画像はとてもアナログな手法で製作されています。



マリーダさんと叫ぶ
ぜんぜんダメです、こいつ。

以下ギラ・ズール写真集。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

※本記事のHGUCガンダムは「2001年発売版」のものです。

IMG_2444
すごく昔に作りかけでほったらかしにしてた
「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム」をなんとかしてやろうと思い立ちました。
接着したところとかはみ出した接着剤が黄色くなっててヒドイ。
目のシールとかはがれかけててかわいそう。
これガンダムビルドファイターズだったら
「君のガンプラ、泣いてるね」
とか言われるパティーン。

なので、今現在の製作技術をぶつけるつもりで適当に仕上げちゃおうと決意。
ツノ尖らせて、顔塗って、ゲート跡や合わせ目は棒ヤスリでガリガリ削って
スミ入れとか。
はい、出来た。
 ↓
RX-78
エナメル塗料の黒でゴシゴシ汚すのが楽しくてやりすぎてしまいました。
でもこの存在感、嫌いじゃない。
初めてのガンプラは
「おもちゃ屋に朝一で並んでガンプラ争奪戦に参加した挙句マゼラアタックしか買えなかった」
という自分としては
今こうやってガンダムを作れることはとても嬉しいです。
やっぱりRX-78は特別です。


今回のキットは2001年に発売されたものですが、
2015年7月には最新技術で生まれ変わる 「HGUC 1/144 RX-78-2 ガンダム」が発売。
ふだんあまりプラモを作らない方もガンプラ最新技術に触れるチャンス。
驚きと感動をあなたの手でぜひ。
1/144スケール「ガンダム」が最新仕様で新生!「HGUC RX-78-2 ガンダム」7月発売決定!



IMG_2451
エナメル塗料を付けすぎたら腰の黄色いところ割れました。
割れたの初めてなんだけど、割れるんですねぇ。

続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ