ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

タグ:パシフィック・リム

衝撃の1作目から5年。
しかしKAIJUとの戦いは終わってはいなかった!

というわけでシリーズ2作目となる『パシフィック・リム:アップライジング』公開二日目に見てきました。
IMG_20180414_105511

今回は日本語吹き替えで見たのですが字幕を読まなくてすむぶんアクションを見逃すことなく楽しめました。
吹き替えのキャストもとてもよかったです。
特にほぼ出ずっぱりの主人公ジェイクの声を中村悠一が。
これがめっぽうかっこよかったです。
ジェイクを演じるジョン・ボイエガに至ってはスターウォーズよりもじっくり長時間拝見できてしまいます。
主人公の気持ち(戦う覚悟)の移り変わりの演技が見事でした。

製作の背景だとかそういうことは置いておいて、シンプルに楽しむことが肝要。
巨大なロボットとKAIJU、そして闘う人たちがいる。
それを観客は思い思いに楽しみ、何かを感じる。
怪獣映画の魅力ってそういうところにあるのかもしれません。

米英仏3カ国がシリア攻撃を開始 首都では爆発の情報 - ライブドアニュース
映画を見る直前に世界を駆け巡ったシリア攻撃のニュース。
人間同士の争いはいつまで続くのだろうか。
それはもはや生存や進化のための戦いではないのでは?
もしもKAIJUが襲来したら人類は一致団結して戦うのだろうか?
・・・とかいろいろ考えてしまいました。


予告編の後はネタバレにご注意を!
っていうかこの予告も「見えすぎ」なので今すぐ映画館に直行したほうがよろしいです。
1作目を見ておくという予習は必要です。







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

◇『パシフィック・リム』続編、2017年公開決定!
http://www.cinematoday.jp/page/N0064148

約3年後!
我々に3年も待てというのか!?
待ちきれるかコンチクショウゥゥゥゥ!!!
(ヒヨサン、スコシオサエテ)

しかし待ちきれないせっかちなパシリムファンのためにアニメシリーズの製作も決定だとか。
ますます楽しみですね(つ∀-)

メインテーマはいつ聞いてもアガル!!


ファンメイド予告








このエントリーをはてなブックマークに追加



昨年は映画「パシフィック・リム」でKAIJUすげえ!ギレルモ・デル・トロ監督ありがとう!
・・・と嬉しい大騒ぎでしたが、今年の夏はGODZILLA、だ!
G-DAYの7月25日が楽しみです。

現在CSの日本映画専門チャンネルで今までのゴジラシリーズを放送中。
実際ゴジラは見ていない作品のほうが多かったので嬉しいところです。
精巧な街のセットが壊れるのをみてると
「ああっ!なんかもったいないけど、やっぱりすごい!」なんて思っちゃいます。
今はCGでいろんな表現ができる時代だけど、特撮もいいよねというスタンスでいきたいと思います(つ∀-)

◇日本映画専門チャンネル ゴジラ特集
http://www.nihon-eiga.com/osusume/godzilla/
7月25日にはGODZILLA公開を記念してゴジラ全30作品を55時間一挙放送とか
まったくもうどうかしてらっしゃる!(褒め

◇7月25日日本公開!「GODZILLA」 公式サイト
http://www.godzilla-movie.jp/
前売り券好評発売中!

◇初代「ゴジラ」デジタルリマスターで劇場公開!
http://godzilla1954.jp/
6月7日公開って今日からじゃん!
実は初代ってちゃんと通して全部見たこと無いし、これを逃したらもう映画館で見る機会はないと思う。
こちらは軒並み6月20日までの上映なので気になっている方はご注意を。







このエントリーをはてなブックマークに追加

10月4日でどこもかしこも上映が終わってしまうパシフィック・リム観てきました。
 ※10月12日からの再上映情報を文末に追記しました。
お客さんはけっこう入っていて嬉しかったです。
鑑賞後は「もう一度観たいねー!」と口にする方がけっこういて、それは私も同感ですよ!と思いながら劇場を後にしました。
でもこれが映画館の大画面で観られなくなるのは残念。
今後はイベント上映とかでしばしば再映してほしいです。
ゴジラとかと同時上映でどうですか?ぜひ。
また日本も等身大ヒーローの特撮だけではなく怪獣映画をこのへんで一発どうですか!?

1回目の感想はこちら
http://hiyoko.livedoor.biz/archives/52141932.html

1回めは吹替だったので今回は字幕(2D)で観ました。
ファンの間では10回、20回、あるいは30回みるのが当たり前のようですが、2回しかみられなくてごめんなさい!
ギレルモ・デル・トロ監督、ごめん!!

予告


字幕だと画だけみていられないから困る場面もありますが、時々まじる微妙な日本語が楽しめてこれはこれでいい!

1回目のときはジプシーデンジャーの巨大感に圧倒されてばかりでしたが、2回めは細かいディティールをいろいろ見ることができて満足!
頭部(コクピット)と胴体の間にちゃんとサスペンションがあるのとか、腕を振り下ろすときにヒジ関節がちゃんとロックされるのとか、メカとしてちゃんと「設計」されている様子に感心です。
そういう細かいところが大画面のスクリーンで映えるんです。

あとはもう「エルボーロケット!(ゴギャ!)イエー!!」のところで大興奮!!
今回もイェーガーに3人めのパイロットとして搭乗している気分が味わえました!

年末にはBD・DVDが発売でこちらも楽しみです。
自分はちゃっかりAmazon限定スチールブック仕様をポチってますので準備OK。
(即日完売だったようですがTwitterで話題になり始めた時に確保できました)

パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
パシフィック・リム ブルーレイ&DVDセット (3枚組)(初回限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11
売り上げランキング : 2


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]
パシフィック・リム 3D & 2D ブルーレイセット (3枚組)(初回数量限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11
売り上げランキング : 4


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(5,000BOX限定生産) [Blu-ray]
パシフィック・リム イェーガー プレミアムBOX 3D付き (4枚組)(5,000BOX限定生産) [Blu-ray]
ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-12-11
売り上げランキング : 56


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


パシフィック・リム、2013年10月4日までは映画館でみることができるので一度はぜひ映画館で!(つ∀-)


上映館検索などはこちらから。

 映画ドットコム パシフィック・リムのページ
 http://eiga.com/movie/57692/


【追記】
10月12日より109シネマズにて再上映があるようです!

緊急決定!『パシフィック・リム』[IMAX 3D 吹替版]再上映決定!
http://www.109cinemas.net/news/305.html

皆さまからの熱いご要望にお応えして、10/12(土)より『パシフィック・リム』[IMAX 3D吹替版]の上映を行います。
“人型巨大兵器vs KAIJU”
空前絶後の巨大対決を、再び臨場感溢れるIMAXデジタルシアターでお楽しみ頂けるチャンスです。是非この機会をお見逃しなく!

【上映劇場】
木場・グランベリーモール・川崎・湘南・菖蒲・名古屋・箕面
このエントリーをはてなブックマークに追加

2013年夏注目の超弩級怪獣映画、パシフィック・リムみました。
夏休みとはいえ平日の昼間なのでけっこう空いていました。
独りで見に来ている人が多かったです。
小学生の子供なんかも来ていて夏休みらしくていいなあと思いました。
が、上映開始までの場内の雰囲気はみんなワクワクした感じ!
さあみんな、準備はいいか?
3Dメガネをかけて!はじまるよ!

予告編の後はネタバレありご注意


いやあ、おもしろかったです。
圧倒的な巨大スケール感!
マシンのギアギアした感じ!
大KAIJUとの壮絶バトル!
ひさしぶりに「男の子」マインドをくすぐる作品なんじゃないでしょうか。

3Dはなかなかいい迫力があって、巨大なロボットとかとは相性がよかったですね。
後半は眼がなれちゃって3D感は薄く感じましたが。
あと吹替声優キャストがほんとうに豪華だったので安心して見ることが出来ました。
バトルシーンはロボットや怪獣のアクションから目が離せないので吹替でみることができてよかったです。
BGMはメインテーマのフレーズがことあるごとに場面に合わせたアレンジで流れてました。
反逆の一撃!っていうところで「テレテー!♪」と最大に力強い音で画面に合わせて鳴ってきたときは「ああ、わかってますね!これですよこれ!」と拳を握りしめるのでした。
そう、なにかとわかってらっしゃる、この映画。


IMG_1728
劇場プログラムは各イエーガーの大迫力ビジュアルやデータ、怪獣の説明など盛りだくさん。
小島秀夫へのインタビューも掲載で大満足な内容。
買って損はないですよ。
監督のギレルモ・デル・トロって僕の大好きな「ヘルボーイゴールデン・アーミー」とか作った人だった。

IMG_1729
個人的にはロシアのイエーガー、チェルノが大好き。
頭部の形とかシルエットが好き。
ちょっと活躍シーンが少なかったのが残念。


現在地球上の人類には目に見える天敵らしい敵がいません。
(ウィルスとか病原菌にはやられたりするけど)
外を出歩いてもいきなり捕食されることもないし、なにかに怯えることもない。
これだけでも自然の摂理から外れているのですが、人間というのはそれほど特別なものなのでしょうか。
この映画には怪獣に対向するために巨大ロボットまで作って対抗しますが、敵と戦うためにはなんでも作り出してしまう、そんな人類の力強さと恐ろしさを感じました。
戦いこそが人類の進化の糧なのもまた真実なのです(つ∀-)

   
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ