ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

タグ:リズと青い鳥

PICNIC_20200711_171223902


時に西暦2020年。
世界は新型コロナウィルスの脅威に瀕していた。

というわけで映画館は新作公開もままならずリバイバルでやりくりしているのですがこれはこれでラインナップが熱かったりします。
そんな中TOHOシネマズ池袋では京都アニメーション特集をやってくれました。
ならば観に行かなくては!と行ってきました。
自分は『リズと青い鳥』と『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』の二本立てです。

この組み合わせは2019年9月に新宿で観た以来。
映画感想『リズと青い鳥』+『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』(EJアニメシアター新宿にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
なので今回でリズは8回目、誓い〜は6回目となります(共に10ヶ月ぶり)。

いやもう何度目なんだっていう話なのですが、この作品はやはり特別。
儀式っていうか巡礼っていうかそんな感じなのです。

そしてTOHOシネマズ池袋ですが新しくできた映画館だけあってスクリーンも大きくて音も素晴らしかったです。
今回はスクリーン6でしたがリズ鑑賞では「まだこんな聴いたことのない音が!」っていう発見と包まれるようなサラウンドが感動でした。
音そのものが作品でもあるリズ+誓いにおいて極上の鑑賞体験でした。
“極上のサウンドシアター” TOHOシネマズ 池袋 2020年7月3日(金)グランドオープン! || TOHOシネマズ


京都アニメーションの作品は高校生を描いたものが多い。
・涼宮ハルヒの憂鬱
・けいおん!
・境界の彼方
・たまこまーけっと
・中二病でも恋がしたい
などなど。
それはなぜかというと大人になる直前の刹那さの時間をフィルムに定着させることの意義だと思う。
迫られる進路の選択、急に早く進み始める時間、だんだん守ってもらえなくなる突き放される感覚。
十数年生きてきて目指すものも成長度合いもバラつきのある人間が共に過ごさなければならない不安と不安定さ。
友人や恋人との出会い。
そしてそれを大人になってから振り返るとあまりにも一瞬であったことを思い知らされる。
いいこともそうじゃないことも確かに自分のものではあったのだけど記憶の中では断片でしかない。
でも京アニのアニメを観ていると自分は高校生という時間を生きていたことを確認できる。
それは緻密に描かれた校舎だったり、クラスメイトとの何気ない挨拶の風景だったりが感覚として思い出させてくれる。

響け!ユーフォニアムシリーズでは吹奏楽部という大人数大所帯での人間関係を描くことに挑戦した。
これをアニメーションとして作り上げるのはとても大変な作業だ。
個々の部員を描き分けること、複雑な人間関係を話に織り込むこと。
楽器の描写、演奏シーンの構築、それを限られた製作スケジュールでどこまでやるのか?

『誓いのフィナーレ』でのクライマックスの合奏シーン。
劇中の登場人物たちが全てをかけて挑むシーンなのだが、ほんとうに見事にやりきってくれた。
そしてそれは京都アニメーションを始めとする制作スタッフの「アニメーションでの合奏」でもあった。
「ここまでやる?」を「やる!」という行為そのものが観るものへのメッセージとなる。


熱い拳を胸の奥に叩き込まれた感覚を噛み締めながら劇場を後にした。


2020年7月
響け!ユーフォニアム アニメ続編への期待をこめて









予告編のあとはネタバレもありでちょっとだけ。
過去の感想と重複もあるだろうけど気にしない。








続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_1161


EJアニメシアター新宿で2019年8月23〜29日まで限定リバイバル上映されていた『リズと青い鳥』と『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』を観ました。

京都アニメーション放火事件についていろいろと思うところがありますが、気持ちを整理するためにというのと、ファンとしてできることは作品を観ることしかないと思ったから意を決して観に行きました。

そしてなんといっても『リズと青い鳥』と『誓いのフィナーレ』を映画館で連続で観る機会はそうそうないからです。
結果として密接な関係にあるこの2つの作品を映画館でどっぷり観たことはかけがえのない体験でした。
なおふたつの作品は同じスクリーンでの上映ではあるけどそれぞれ入れ替え制。
今回は連続鑑賞性を高めるために2作品とも同じ座席を選択しました。
同じ席、同じ角度、同じスピーカーからの距離を保つことである種の臨場感を得ることができました。
連続で観ていろいろとえもいところはありましたが、なんといってもとびっきりだったのは傘木希美。
リズでは泣いてた彼女が誓いではなんとまあ立派に堂々とフルートを吹いてらっしゃる。
なんかもう抱きしめてあげたくなりますね。
そんな一連の感情が真実でした。

ちなみに今回で『リズと青い鳥』の鑑賞は7回目、『誓いのフィナーレ』は5回目でした。
何度みてもリズの静かな雰囲気は心に染み入るし、誓いのフィナーレの演奏シーンの情熱は心を打ちます。
EJアニメシアター新宿の音響は結構いい感じなのか未だに新しい音があることに気が付きました。
(リズでの演奏時の息遣い、誓いでの放課後の練習音などが鮮明に)


DSC_1187

誓いのフィナーレ鑑賞特典がもらえたのですが「続編制作決定」のミニコースター。
困難な道程だとは想いますが、続編、待っています。
あとこのイラストを描かれた池田晶子さんはもうこの世にはいない。

各作品のエンドロールでスタッフのお名前を眺めながら「この中に亡くなった方がいらっしゃるんだ…」と悲しくなってしまうのは避けられないところでした。
(鑑賞日の翌日に犠牲者の実名報道がされることとなった)

朝の連ドラ『なつぞら』がアニメーターの話ということもあり観ているとアニメを作っている人たちのことを考えてしまう。
やりたいと思う意思をチカラに変えて生きる世界。
京都アニメーションで仕事をしていた人たちは己の人生を作品に刻んでいたのではないだろうか。
『リズと青い鳥』では進路に悩む高校生にかつての自分を。
『誓いのフィナーレ』では「うまくなりたい!」と願う吹奏楽部員たちに絵を作る今の自分を。
「がんばるってなんですか?」に自分の人生を。
そしてそういうきらめいた思いがボクの中にも澱(おり)のようにあることに気付いてまだ希望があるように思える。
命を燃やして生きるということ。

暑さまっさかりの新宿でそんなふうに思った2019年の8月でした。

ありがとうEJアニメシアター新宿。
ありがとう、京都アニメーション。


『リズと青い鳥』『誓いのフィナーレ』関連の過去の感想はこちら


リズと青い鳥[Blu-ray]
リズと青い鳥[Blu-ray]
posted with amazlet at 19.09.06
ポニーキャニオン (2018-12-05)
売り上げランキング: 279




劇場版 響け! ユーフォニアム ~届けたいメロディ~ [Blu-ray]
ポニーキャニオン (2018-03-07)
売り上げランキング: 1,397



このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0833


気がついたら4回観ていました。
『劇場版 響け!ユーフォニアム 〜誓いのフィナーレ〜』
観るたびに理解度が高まり上昇するえもさの深度。
4回目なんか感動のあまり身体が打ち震えて涙を流していました。

これぞ漫画映画のひとつの到達点。
もはや欠点というものが見当たらない。
描かれた絵だとは思えないキャラクターの実在感。
自分の中でかなりの高評価です。べた褒め。

じゃあなぜこんなにもこの『響け!ユーフォニアム』という作品世界に惹かれるのか。
可愛い女の子がたくさん登場するっていうのももちろん魅力だけど、なにより何かに純粋に打ち込むこと、そういうひたむきさにいい大人としてはグッときます。
大人になっちゃうと打算的にとか失敗はしないようにとか加減しちゃったりとかうまくやっちゃうじゃないですか。
そういう割り切りなしにフルスロットルで物事に向き合う。
いや、そんなのもう怖くてできないんですけどっていうね。
それができるのがギリ高校生までなんだろうと思います。
(自分にはそれができていたのだろうかという悔恨も含む)


1回目の時の感想はこちら(2回目と3回目の感想は書いていません)
映画感想『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?


リズの感想はこちらです。
映画感想『リズと青い鳥』(劇場にて) : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?



【鑑賞特典自慢大会】
上映期間中週替りで鑑賞特典が配布されていたのでどんなだったかご報告。

3週目 ミニコースター
yufo03

先輩たちのマーチング姿かわいい。


4週目 フィルム
film03

葉月が後輩に向ける笑みってかなり尊いんですよね。


5週目 フィルム
DSC_0834

オーディションの結果は・・・。


近所の映画館は5週目で上映終了となってしまったのがさみしい。
やってたらまだまだ観に行ってました。
友人に「お前はなんで同じ映画を何度も観るのかわからない」とよく言われます。


予告編の後はネタバレにご注意を。
2〜4回観て改めて感じたことをちょっとだけ書きます。





続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

DSC_0651


がんばるって、なんですか?

『劇場版 響け!ユーフォニアム〜誓いのフィナーレ〜』みてきました。

上映時間100分、ほぼ全編目から涙が出ていました。
いやもう開幕からブワッですよ。

というのも映画鑑賞日当日にTVアニメの『響け!ユーフォニアム2』全13話を初見でフルコンプ→ウォーミングアップ完了で最高に高まった状態で映画館に突入、だったので。
田中あすか先輩卒業からの間髪入れずに新学期さあどうなる!?です。
我ながら完璧な調整でした。

さらに『誓いのフィナーレ』に強烈に食い込んでくる『リズと青い鳥』。
何度もみた『リズと青い鳥』がミックスされて脳内で物語が再構成されていくと同時に登場人物のそれぞれの想いや感情が流入してきて頭の中が大変なことに。
今現在もそれらのピースがとっちらかっている状態です。

高校生という時間の流れの残酷さ、その中にある輝き、努力と挫折、人と向き合うこと、思いやりとやさしさ、がんばること、受け継がれていくこと。
そして、次の曲が始まるのです。


とまあうまく言葉にできないのですが最高でした。
アニメーションに関してはさすがの京都アニメーション。
もはや今更いうことはありません。
その技術や技巧はこの物語を最高に描くために駆使されています。
吹奏楽の演奏シーンは圧巻。
ぜひ映画館で御覧ください。
自分はもう一回観たい。

10分でわかる 『響け!ユーフォニアム』
これを観て映画館にGO!




さて、予告編の後はネタバレにご注意を。
とりとめのない内容になると思いますが。

おっとその前に。
2週目入場者プレゼント オリジナルコースターはクミカナのハッピーアイスクリームでした。
嬉しくて眺めながら泣いてます。
DSC_0652

DSC_0654 (1)







続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

TVアニメ『響け!ユーフォニアム』からポンと出てきた劇場アニメ『リズと青い鳥』。
自分でもびっくりするのめり込み作品となってしまいました。
気がつけば映画館で鑑賞すること6回。
観ようと思っていた他の作品がそっちのけでした。

女子高生ふたりの気持ちの機微を単焦点に繊細に描いたこの作品。
テーマはいくつかあるけれど重要なのは観客それぞれが鑑賞中に感じたことだと思います。
それは言葉にするまでもなかったり言葉にできないような気持ちだったり。
なんだかよくわからないけれど何度も観ちゃったという方も多いかと思います。
観るたびに新しい発見があったし映画として相当な強度を持ってることを思い知らされました。
あとまあ登場するカワイイ女の子たちが何を見て何を想っているのかを考えるのが気持ちいいんですよね。
そこは存分に萌えていいポイントだと思います。
夏服がいいのです☆カワイイ。

いうなれば山田尚子監督の千本ノック!
響く人にはとことん響いてしまう『リズと青い鳥』。
とても素晴らしく尊い作品です。

TVアニメの『響け!ユーフォニアム』がいちおう前提だけど見ていなくても大丈夫。
もしピンと来てまだご近所で上映してたらぜひ劇場で。


【私とユーフォニアムシリーズ】
・原作ノベルは未読。
・TVシリーズ1期はリアルタイムで夢中で見た。
・2期はタイミングがあわず見ていない。
・『聲の形』は見ていない。

(2018年)
4/21 『リズと青い鳥』劇場公開。
4/26 1回目の鑑賞
4/30 『アベンジャーズ・インフィニティウォー』鑑賞(サノス強え)
5/28 2回目の鑑賞
5/31 3回目の鑑賞
6/1 『デッド・プール2』公開(それどこじゃない)
6/4 4回目の鑑賞
6/9 5回目の鑑賞
6/28 6回目の鑑賞(新宿ピカデリー舞台挨拶付き上映)

実は2回で見納めにしようと思ってたのですが他の観客のお菓子の袋をワシャワシャする音がうるさくて憤激。
「このままでは終われん!」と見納めを重ねた結果6回も見てしまったという。
(今となっては2回目での騒音に感謝している。)
フィルムなどの鑑賞特典があったのにも釣られましたね。
5月〜6月はずーっとリズと青い鳥のことばっかり考えてて他に何も手が付かない状態に。
そんな半ノイローゼが続いていましたが6回目は舞台挨拶付き上映で最高の見納めとなりました。


6月28日の舞台挨拶は希美役 東山奈央、みぞれ役 種崎敦美、梨々花役 杉浦しおりのお三方がご登壇。
作品やキャラクターへの想いを聞くことができたのはもちろん、味ついてて美味しいゆでたまごも飛び出してとても楽しかったです。

ブルーレイを買ったつもりで映画館に何度も見に行ったけど、このあとブルーレイが発売されたらやっぱり買ってしまいそう。
あとあまりにも夢中になりすぎてしまったために2018年の映画ライフが半年で燃え尽きた感じになってしまったのが想定外でした。
気持ちを切り替えて今年後半も映画に向き合っていこうと思います。
(こうして感想を吐き出しておかないと踏ん切りがつかなくて・・・)


このあとは『リズと青い鳥』を観ていて感じたことをネタバレありでちょっとだけ書きます。




続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ