ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

タグ:幼女戦記

其れは、幼女の皮をかぶった化物・・・

というわけでアニメTVシリーズから大出世の劇場版となった幼女戦記です。
自分は原作は未読。

映画館で観ましたが感想は実に簡素。

それはあまりにもTVシリーズの続きであったし、あたりまえに幼女戦記であったし、そしてまぎれもなく「戦争」であった。

歴代の戦争映画に引けを取らないくらい戦争が描かれていたし、この『幼女戦記』という世界観でしか描けない戦争の見え方というのがありました。
なので鑑賞後は感心しつつ劇場を後にしたのですが、脳内に強烈に鮮烈にこびりつくのはターニャ・フォン・デグレチャフのあの顔と声。
凄まじい存在感です、ターニャ・フォン・デグレチャフ。

映画館の大スクリーンでは独特の空中戦のダイナミックな動きが映えるし、銃撃や爆発の音が身体に刺さって臨場感大。
そしてこの映画のあとにTVシリーズを見返してみるとこれまたけっこうよくできてたんだと再認識。
ここまでくるとさらに続きが描かれることを期待しちゃいます。



さて諸君、予告編の後はネタバレにご注意を!






続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加

放送開始前は「幼女が空を飛ぶなんてねえ〜」といった感じで冷ややかだったのですが、回を追うごとにのめり込んでいきました。
『幼女戦記』TVシリーズが先日最終回を迎えました。



ままならぬ運命、戦争の狂気なんかを主人公の幼女ターニャ・デグレチャフが時に愉快痛快に、時に残酷に駆け抜けたのがみどころでした。
人間の歴史はなぜこんなに戦いに血塗られているのだろうか、神というものがいるのならどうしてこんなことを?・・・とかいろいろ考えちゃいました。
強力な魔法があったって戦局が変わるわけでも戦争が終わるわけでもない。

もちろん2期をやってほしいのですが現実のほうが現在進行形で「戦記」しちゃってるのがなんとも皮肉というか・・・
おのれ!存在X!!

シリア アサド政権の軍事施設に 米軍が巡航ミサイルで攻撃 | NHKニュース


幼女戦記 1 [Blu-ray]
幼女戦記 1 [Blu-ray]
posted with amazlet at 17.04.07
KADOKAWA メディアファクトリー (2017-04-26)
売り上げランキング: 197


幼女戦記 オモテウラバー Wターニャ
グルーヴガレージ (2017-05-25)
売り上げランキング: 20,749

このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ