ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?

映画・マンガ・アニメ・ゲームの感想がメインです☆ 楽しさを求めて生きていく!

タグ:007

テレビ東京 午後のロードショーといえば比類なきラインナップでお昼下がりのアンニュイな雰囲気を景気よく吹き飛ばすゴキゲンな映画番組ですが、なんと007シリーズを数ヶ月に渡り大放送するというビッグプロジェクトが発動中。
これを観ていけば 2020年4月10日公開の新作『007/ノー・タイム・トゥ・ダイ』に最高にホットな状態で臨めるというご褒美。

自分はダニエル・クレイグからのシリーズは観てるのですがそれ以前の007はほとんどみたことがないので今回のこの企画はとても嬉しい。
現在10作品まで放送されたのでざっくりと感想を残しておきたいと思います。
ちなみにこれまでは10作品すべてでリアルタイム視聴を達成。
寝て起きて007観てまた寝て起きて仕事っていうスケジュールなんだけど我ながら頑張ってると思うし充実の日々。

【前半戦10作品】
007 ドクター・ノオ
007 ロシアより愛をこめて
007 ゴールドフィンガー
007 サンダーボール作戦
007は二度死ぬ
女王陛下の007
007 ダイヤモンドは永遠に
007 死ぬのは奴らだ
007 黄金銃を持つ男
007 私を愛したスパイ

ここまででジェームズ・ボンドを演じたのは3人、どれもかっこよかったです。
・ショーン・コネリー
・ジョージ・レーゼンビー
・ロジャー・ムーア
特にショーン・コネリーは近年の歳を重ねた姿に馴染んでいるのでボンドを演じる若い姿に「お若い!!」と驚き。あの口の端がぐにゃりと曲がった感じがちょっといやらしかっこいいですね。

そして007シリーズでおなじみのオープニングがこれまたどれもかっこいい。
1作目のドクター・ノオからしていきなりかっこいいすごい。
以降のシリーズはそれまでのに負けないように作ってみせるっていう気概を感じますね。


で、ダニエル・クレイグ版だとボンドってけっこうシリアス路線なんだけど昔のってけっこうトンデモ展開。
まあ現在とは映画の作り方も違うんだけど、おおらかなイマジネーションとチャレンジに溢れています。
誰も観たことがないアクションシーン、驚くような展開、007というシリーズにかける意気込み。
個々の作品の良し悪しを問うよりも脈々と積み重ねられて影響を与えあってきたことに注目したい。
まさに007の醸造。
そしてそれらが他のスパイ映画、エージェント映画に多大なる影響を与えていることを痛感。
素晴らしいですね。

あと思ってたよりも任務そっちのけで女とイチャイチャするのが、なるほどこれは魅力的。
自分の中の007観が更新されました。

あとジェームズ・ボンドってしばしば後ろからひっぱたかれて気絶する。
話の都合でほどよくピンチになってもらわないとってのもあるけど、エージェントの割にはスキが多すぎるようにも思う。
でもそこは敵もプロフェッショナル。
プロ同士の闘いでは高度な読み合いによりうっかりにも見えるようなやりとりが発生するのかもしれない。
・・・なんてことを考えたり。

あとこれも話の都合ではあるのだけど敵がボンドをすぐに殺さない。だから悪巧みは失敗するんだけど。
ボンドに苦痛や屈辱を存分に与えてから始末してやれっていう悪の美学ってやつですかね。
そのへんの様式美も奥ゆかしいです。

『私を愛したスパイ』からは強敵としてジョーズが参戦。
昔日曜洋画劇場とかで観た時にあのキャラだけは強烈に覚えていたんだけど今見ても強烈でした。


というわけで残りの10作品も見届けたいと思います。
『007 ノー・タイム・トゥ・ダイ』は2020年4月10日(金)ロードショー!!



テレビ東京 CINEMA STREET 午後のロードショー:テレビ東京










このエントリーをはてなブックマークに追加

レンタル開始となった映画『007 スペクター』

劇場公開当時映画館で一度みてあまりおもしろいとは思わなかったのですが、なぜか気になって借りてきてしまいました。

映画 『007 スペクター』(劇場にて)感想 : ひよこクレストのご注文お決まりでしょうか?
まあこの時は体調悪くて半分寝ながら見てた自分が悪い。

予告編のあとはネタバレにご注意。



で、今回日本語吹き替えで見なおしてみたら評価が一変。
すばらしく痛快な007映画、しかもグッドエンド・・・いやむしろジェームズ・ボンドのトゥルーエンドといってもいい満足感でした。
それはなぜか。
話のからくりがわかっている2回目だったので序盤から余裕をもって細かい描写を拾うことが出来たのと、見る側のスカイフォールからの気負い(過度な期待)ってのを一度忘れて素直に見ることができたからです。
2回目がおもしろい映画っていうのもあるということかな。


見返してみれば各シーケンスの乗り物を使ったアクションは「無茶しやがるwww」ってスカッと笑い飛ばして楽しんじゃったし、ラストでボンドが橋の上でMの方に行くかそれともマドレーヌの方にいくのかってところの絵は心臓を撃ち抜かれたようなズギューン感がありました。
あとギミック満載のASTON MARTINは一台ほしい。
あと砂漠の敵施設が過剰に大爆発しちゃって「あ・・・」って感じで呆然と眺めてるボンドとマドレーヌの絵には大笑い。しかもそのあとのセリフがボンド「まだ(上映時間は)終わりじゃない」だし。
あとボンドがことあるごとに魅せる必殺必中の射撃スキル!これね!!


また「ジェームズ・ボンドいやがらせ大作戦」を行う敵のスペクターさんとその一味がなかなかにもうなんだかカワイイ。
あれ、部下が・・・

「次はドリルとかいいんじゃないっすか?専用椅子作りましょうか!?自分工作とか得意なんで!」

「ボス!MI6本部に顔写真ペタペタ貼っときましたよ!やつが嫌な顔するのが目に浮かびますね!」

「やつが来たところで撃たれるけど防弾ガラスで一泡吹かせてやりましょう!ガラス?なぁに、試してないけど大丈夫ですよ!HAHAHA!!」

・・・とか会議しながらやってるのかな?とか。
その結束力と律儀な行動力に敬意を払いたいところです。
もしかしたら一連の騒動はスペクターさん本人よりもむしろ部下が暴走していたのかもしれない・・・なんて。
そんな過剰な妄想も膨らんでしまうけど最初の方の「会議」のとこなんかはガチな雰囲気あって大好きですね。
※最後のとこ、マドレーヌ救出後の脱出ルートまでご丁寧にこさえてくれてたのかしら?


というわけでダニエル・クレイグ ボンド4部作の中で急遽ナンバーワンに浮上した『スペクター』。
本当にそうなのか、この辺でまた『カジノ・ロワイヤル』から見なおして検証してみたいところです。


007 スペクター 2枚組ブルーレイ&DVD(初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2016-04-06)
売り上げランキング: 14


007/ダニエル・クレイグ ブルーレイコレクション(3枚組) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン (2015-10-07)
売り上げランキング: 384


このエントリーをはてなブックマークに追加

2015年最後の日、12月31日に『スターウォーズ フォースの覚醒』と2本立てで見てきました。
007とSW観ないと一年を終われないと思ったから。
両方みることができたので2016年は早速次の新しい作品を求めていいスタートダッシュを決めることができそうです。

年末で自分の予定もあやふや(寝たら起きられるのか?等)だったのでチケットの予約をしないで行ってしまいました。
そうしたら見ようと思っていた007の回がまさかの完売。
スケジュールを再調整したら4時間ぐらい空き時間ができてしまったので年末の人混みに紛れて年末感を堪能してました。
あと映画の妖怪ウォッチが人気で親子連れが多かったですね。

さて、ダニエル・クレイグのジェームズ・ボンドは好きなので期待していった今回の『スペクター』。
はたしてどうだったのか。

※予告編の後はネタバレにご注意を。



続きを読む
このエントリーをはてなブックマークに追加




「007」が国連の地雷対策特使に

安さと使いやすさで広く使われている地雷ですが、
戦争が終わっても埋まりっぱなしなのが厄介です。
除去するのもこれまた厄介。

この問題を解決しようという国連の姿勢は評価しますが、
わざわざダニエル・クレイグを「顔」に使うということの意味とは?
言うことを聞かないところにはダブルオーナンバーのエージェントを送って
ぶっ潰すぞ、というメッセージなのでしょうか。

さて、そんなダニエル・クレイグの次回007映画『スペクター』は2015年12月4日公開予定。
現在特報映像が公開されています。
こちら↓

ボンドにつきまとう死の匂い。
そしてスカイフォールから掘り起こされた秘密とは?
これは劇場で確かめたいですね。

007/ダニエル・クレイグ・ブルーレイ・トリプル・コレクション (初回生産限定) [Blu-ray]
007/ダニエル・クレイグ・ブルーレイ・トリプル・コレクション (初回生産限定) [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-04-03
売り上げランキング : 3758


Amazonで詳しく見る
by G-Tools


007 ジェームズ・ボンド ブルーレイ・コレクション<23枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]
007 ジェームズ・ボンド ブルーレイ・コレクション<23枚組> (初回生産限定) [Blu-ray]イアン・フレミング

20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-12-20
売り上げランキング : 21868


Amazonで詳しく見る
by G-Tools





このエントリーをはてなブックマークに追加

007シリーズをちゃんとみたのはダニエル・クレイグの3作品(カジノ・ロワイヤル/慰めの報酬/スカイフォール)からだったので、スカイフォールにおける過去作品からのオマージュみたいなのがいまいちわからなかった。
というわけで007シリーズ観ようプロジェクトがここに発動。
今回は「007ゴールデンアイ」

まずは予告編から



劇場公開は1995年。
冷戦が終わって新たな道を進み始めたロシアが舞台になったり、インターネットが普及し始めたころでストーリーの装置として組み込まれていたりします。
電子兵器(ECM)ゴールデンアイで悪巧みするのをボンドが阻止するのですが、ECMであんな派手に機器が爆発するのか?・・・と少々疑問に思いましたが、画的に派手でキマってたのでよしとしましょう!
(ほんとにあんな兵器を使ったら実際どうなるのかは気になりますし、恐ろしいことです)

アクションは次にどうなっちゃうのか手に汗握って楽しめました。
「そんなバカな〜!www」という予想外の展開もあってひとり大笑いする場面も。
中でもロシアの街中でボンドが戦車を乗り回して敵を追跡するシーンは圧巻!
建物を突き崩し、車を轢き潰しながら爆走するボンド的戦車道には大満足です。

このゴールデンアイからボンドの上司「M」が女性(ダニエル・クレイグ版でもおなじみのあの人)になったようですが、ボンドとのやりとりがいきなり完成されてて素晴らしかったです。
あと「Q」も登場で「装備は無傷で返してくれよ」な感じが007的テンプレかとなるほどでした。

ピアース・ブロスナンのジェームズ・ボンドはカッコイイですね。
吹き替えで見たけどボンドは神谷明!
声もかっこよかったです。
007シリーズやっぱり面白いので次は何をみようか考えるのが楽しみです(つ∀-)

ゴールデンアイ [Blu-ray]
ゴールデンアイ [Blu-ray]
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン 2013-04-03
売り上げランキング : 3042


Amazonで詳しく見る
by G-Tools



このエントリーをはてなブックマークに追加

↑このページのトップヘ